한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2009/10/28

ジオパークに西外輪の大峯山も  村のあちこち村おこし

 テレビでも阿蘇をジオパークに認定されるようにと運動が行われているそうですが、熊日においても、北外輪のマゼノ渓谷の地形がどのようにしてできたのかということを、ガイドできるようにと、現地に足を運んで学習会が行われていたことが紹介されています。

 北外輪がそうならば、西外輪の大峯山あたりもマゼノ渓谷並みのスボットになりはしないでしょうか?大いに期待が持てます。

………………

ケータイ入力速打法への提案

● 【行う】という述語が頻繁に出てきますので、入力を簡略化したいと思います。

 前に【86】を行くとしましたので、これを【行う】にも流用したいと思います。

 すなわち、
【869】=【行いました】。
【860】が【行いません】
【863】は【行いまして】
【861】は【行って】
【86111】は【行う】
【8695】は【行われ】
【86959】は【行われました】

● 【56】を【ます】とした関係で、【なります】は【なり56】ですが、

【になります】ということになると、【に6】と非常に簡略化できます。

【に0】は【になりません】
【に07】で【になりませんでした】

 同じように、【と6】で【となります】
【と07】で【となりませんでした】
などとずいぶん簡略化できます。

0

2009/10/28

志位さんからの弔電には感激しました。  日本共産党

 弔電を司会者が西原村→社会福祉協議会→…と重々しく読み上げていきました。

 何番目かに『日本共産党中央幹部会委員会委員長・志位和夫さま』とゆっくり紹介されると、急に感激で胸がつまりそうになりました。

 また電文も大変心のこもったものでした。思い起こせば、戦争にあけくれた時代をくぐり抜けて、セレベス島北端にあった海軍航空隊基地・メナドより9死に1生以上の生還を果たした父は、帰国できなかった戦友たちの無念に背中を押されるように懸命に、配管工として昼も夜もわき目もふらず日本の繁栄のために働き続けました。

       クリックすると元のサイズで表示します

 復員後一時、郵便配達をやっていたのですが、レッドパージで(とてもよか人)の上司が辞めさせられて、自転車を漕ぎながらの紙芝居屋になって頑張っていたことを語りながら、
『敬一、共産党にだけは入るなよ、あがんなるよ』
と小学生の私に言ってきかせていました。

 私の純情を見抜いていたのかもしれません。

 案の定というか、それでも宮崎大学で日本共産党に入党したと知らせた時はショックだったかもしれませんが、何回も手紙を書きました。
『日本共産党は、あの悲惨な戦争に反対して、獄につながれても拷問されても頑張り抜いた政党です。前途にどんな困難がたちはだかっていようとも、戦争のない世の中を作るために私は日本共産党に入党したのです』
と切々と訴えて・・・最後は息子を信頼して理解してくれたように思います。

 父が60台で定年退職後、長男の私は両親の老後を見よう見なければなるまい、また妹も精神を病んで入院しています。佐賀の日本共産党県委員会勤務だった私はそこを辞めて西合志の両親が建てた家に戻ってきました。

 今考えるとそれは正解でした。

 その後、西原村議選に移住立候補し当選したことに、父はことのほか喜んでくれ、それからというものは私と父と母の3人一緒になって、ビラ配りを開始することになりました。
 私が運転し細長く点在している集落の両端に両親をおろして、合流地点の真ん中あたりに車を置いて三方から攻めていくという配りかたを続けてきました。

 口下手な私の、西原民報発行頻度はハンパではありませんでした。
 ひたすら毎週一回のペースを守って全戸配布。

 戦争のない世の中を作ろう…と、赤旗号外と西原民報をセットにして全村くまなく配り続けました。

 ビラを受け取る村びとの中には、
『田島議員は年寄りをこき使ってケシカラン、親を楽にしてやらんかい、ビラを配るぐらい自分でやったらどうか…』
という人もいましたが、私は父の心の奥底に、海のもくずとなった亡き戦友たちへの無念を背負っていることを感じていました。

 赤紙一枚で戦争に駆り出されて、辛くも9死に1生を得ることができた父は、最後は亡き戦友たちの無念に応えるためにも…息子を応援しなければ…と、その一念で1992年には日本共産党員に入党。小林多喜二や宮本顕治のように戦争反対をとなえ続けた党の一員となって人生を終えたことに対して、志位さんが中央委員会を代表して深い敬意を払って下さったと受け止め、胸の中に熱いものがブルブル流れてきました。

………………

ケータイ入力速打法への提案

● 【ん】の簡略化

 【あ】と入力したら【あん】。【い】は【いん】。【う】で【うん】…

 こんなふうにいちいち【ん】と3打も叩かなくてよいように、【あき】で【暗記】。【うき】で【運気】【あてん】は暗転。【う*】=【ぅ】は運転。【ぐたい】で軍隊。【げし】は原子などと自分にとって頻度の高い言葉を登録しておけばよいでしょう。

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ