한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2009/10/31

環境先進自治体・水俣市で行われている【下さい。譲ります】…粗大ゴミを減らします。  村のあちこち村おこし

 水俣市庁舎に入ると、壁に薬の仕分けに使うようなポケット付きのビニールが下げてありました。

 要らなくなったものを粗大ゴミに出すよりも、【譲ります】と書いて、このビニールのポケットに連絡先を入れておけば、【欲しい】という人がもらってくれるのではないでしょうか?

 市役所は、市民がいろいろな用事を済ませるために集まる場所となっています。

 粗大ゴミをなくすためのアイデアとして、西原村でもこのやり方を学んではどうでしょうか?


クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/10/31

蛤をみなで分けて食べたちゃぶ台の向こうには  村のあちこち村おこし

 父が息を引き取る前々日、山西小学校に駆けつけて読み聞かせをしたのが、なぜか荒井万の【千の風になって】。ナバホの劇をした時の台詞が甦ってつい演劇口調になりました。

 彼女は亡くなる直前に彼が後を追わないようにと詩を残しました。その詩を読み上げる時、どっかで聞いたような文句ですね、と言って子どもたちの顔を見回しました。そして4・5節静かに歌って聞かせました。

 思えば偶然ではないような気がしてきました。

蛤のふたみにわかれ行秋ぞ 芭蕉

 二海が浦とかいう地名が、瀬戸内海あたりにどっかになかったでしょうか?
 二本木の家において、蛤を鍋に入れてグツグツ煮ていると、あれほど堅く閉ざしていた貝がふたつに開きました。
 蒸気が漂う中にちゃぶ台に向かう父の顔が浮かびます。

 家族は何人でしょうか?

 窓の向こうにはムカゴがついています。

『父ちゃん、行ってらっしゃい』

 『じゃ行ってくるけんね』

 自転車を漕いで出発する父。
 今日初七日。まだ父の魂は【千の風】にはなっておらず、別れの時を惜しんで部屋にいるような気がしています。

 そうだ仏壇に父ちゃんへの手紙を書いて供えよう。今なら読んでくれるかも…

蛤のふたみにわかれ行秋ぞ 芭蕉

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ