한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2009/12/19

ワードではがき印刷…はがきはA7  村のあちこち村おこし

 毎週水曜日までには西原民報を完成しなくては…
 一週間の経つのが速いこと。赤旗日曜版に折り込むことを恒例にしようと思いますし、日刊紙にも随時折り込みたいと思っていますが、慣れない作業です。

 その日、朝から作り始めた西原民報535号は、ワード編集から印刷まで夜中になってしまいました。細かな修正や印字濃度など微調整することが多く、これから少しずつ熟練して流れをスムーズにしていかねばなりません。

 今回ひとつ開いた突破口とは…手書きで『はがき道』をひたすら続けていけば…その蓄積がついには民報づくりに役立つという連続性の発見でした。

 私は右脳なのか左脳なのかどっちかわかりませんが、どうしても手書きでないと頭が働かないような気がしている人間です。

 『手書き民報』は字が下手だからよした方がよいということであれば、回り道になりますがまずはボールペンと手首を動かしてせっせと誰彼にはがきを手書きすることから始めなければなりません。

 そうでないと文章がどうにも練れていかないのです。もうひとつメールの親指入力も手書きに準ずるようではありますが…

 そうしてやっと練れてきた文章をワードで編集してはがき大の2枚にまとめます。それを輪転機の原稿として横に並べてみると、ちょうどA5の大きさになっていることがわかったのです。

 A5をさらに1・41倍の拡大率で印刷すれば、A4版の大きさの西原民報のできあがり(!)でした。つまりは(はがき)はA7の大きさだったのです。

 でも作業に丸1日かかってしまうようではいけません。この流れで作業を続けていき、習熟によってスピードアップを図っていきたいと思います。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ