한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2009/12/25

突然議場に鳴り響いた傍聴席のケータイ  村のあちこち村おこし

 初めて議会の傍聴に来た方がおられました。

 (議会とは一体どんなところだろう…?)おっかなびっくり傍聴席に入ってこられました。

 議員の質問が佳境に入ってきた時、突然議場にけたたましく鳴り響いた携帯電話の音楽。

 議場入口に『携帯電話は持ち込み禁止』と注意が書いてあったとは言うものの、右も左も議会とはどんなものか初めての方には、そんな注意書きに気づかなかったとしても無理はありません。

 それなのに、議長でもないある議員が振り向きざま
『退場!』
と大声を張り上げてその携帯の持ち主と見えた人に向かって指を差して怒鳴ったのです。

 ところが携帯の持ち主はゴソゴソと頭を下げてバッグの中を探しておられたために、議場と傍聴席とを隔てている仕切りに頭が隠れてしまいましたのでトバッチリを受けたのはその隣の人でした。

 『私ではないのに!』
と憤慨したその方は、議長でもないものにとやかく指図される言われはない!
と、毅然として退場しませんでした。

 そして午後になってから、傍聴するはずだったその議員の一般質問を、【退場】してしまいました。

 本来、議場整理や傍聴者に対する注意は、議長が行うべきで、議長以外の議員の大声は議事の進行や発言の妨害になりえます。

 ところでそもそも一体、なぜこのような【事件】が起こりえたのか、考えてみました。そして【携帯を持ってくるな】という規則は、21世紀のこの現代には全くそぐわないことに気づきました。

 (ケータイを誰も持ってきていない)という前提で議長がいるならば、【注意】をしようということは思いもつきませんが、一方傍聴席にはほとんど誰でも携帯を持ってきているんだという前提に立てば、『電源を切って下さい』だとか『マナーモードにして下さい』などの一言注意をしようということになるんだと思います。

0

2009/12/25

傍聴席のケータイ持ち込みについて  村のあちこち村おこし

 携帯電話を、西原村議会では持ち込み禁止としています。

 しかしほとんどすべての人がケータイを首に掛けたりポケットやバッグに忍ばせている今時、持ち込み禁止とは時代にそぐわないと感じています。

 県立劇場や市民会館などで演劇やコンサートを聴くような時にも、ケータイを持ってくるな!とは言われません。

 注意されているのは、『マナーモードにするか電源を切って下さい』という言葉です。

 つまり端迷惑となる音や光さえ出さなければよいのです。
 そこでよその議会の傍聴規定はどうなっているのかとGoogle検索をかけて調べてみましたところ、下松市議会では【電源・マナーモード】の規定となっていました。

 これも次の議会運営委員会の検討課題になりますね。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ