한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2009/12/27

行年や 土手にかくれて淀の町 菅原秋思   村のあちこち村おこし

● 行年や 土手にかくれて淀の町 菅原秋思

 これも『煤逃げ』の類いでしょうか?テレビには成田空港から海外に向かう人びとが映し出されて、『ああもう正月休みに入るんだな』と気づきました。

 明日はいよいよ仕事収めですから…集金は遅々として

 『土手にかくれて』は『土手に逃れて』の感じもあります。年末の大掃除を逃れて土手に座ったり寝転んだりして時間潰しをしている、フーテンの寅さんの冒頭シーンが浮かびます。

 『かくれて』は、土手の丸みがありありと甦ります。冬でも日当たりがよい土手はポヤポヤ草が生えた土も軟らかく、川面から反射してくる日射しがキラキラと光ってダブるため案外と暖かいものです。

 宮崎市に住んでいた時、大淀川の土手を自転車で走ったことを思い出しました。

0

2009/12/27

トライアル発注で中小・ベンチャー企業を元気に 佐賀県の古川康知事  村のあちこち村おこし

 『ガバナンス』という雑誌をパラパラめくって拾い読みしていたところ、【トライアル発注】という言葉に出会いました。

 【お試し発注】という意味合いでしょうか? 初めて耳にしましたが、佐賀県知事の古川康氏が言い出した言葉で、地域経済を元気にするための知恵のようです。

 『すぐれた技術』であるにもかかわらず、採用された実績がないために受注されずに苦しんでいるベンチャー企業や中小企業から、まずは県が積極的に採用して実績を作ってやろうというものです。

 熊本県知事だった潮谷義子さんも佐賀のご出身で、『ユニバーサルデザイン』という言葉を残していかれましたが、『トライアル発注』も地域経済を元気にすることでどこか共通性が感じられるのですが、佐賀の【葉隠れ精神】が遠い影響を及ぼしているのでしょうか?

 熊本県でも良いことはドンドン学んだらよいと思います。 具体的にはどのような例があるか知りたいものです。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ