한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2009/12/28

いつの間にか益城民報が514号になっていた  村のあちこち村おこし

 昨日の大会で、益城町の議員の中山清隆さんに会い最近の益城民報を手に入れました。熊本市との合併を撥ね付けたので意気軒昂でした。熊本市との合併反対の論戦を書いたパンフレットを600円で購入しましたが、なかなか運動の層が厚いなという印象です。

 私が1年ばかり、西原民報を手書きから慣れないパソコン入力へと移行するためにお休みしているうちに、いつの間にか【益城民報】は514号と、【西原民報】の536号の号数まであと22と、かなり肉薄してきたことに気づきました。

 たまたま今回の益城民報は、来春予定の益城町長選挙に、とても素晴らしい候補者が立候補を表明されたことが紹介されていましたので、西原村内の友人・知人にと思いまして少し増し刷りしてみました。

 以前県議補欠選挙に民主党から出て落選した方ですが、熊本市との合併に反対する運動の中から出るということで、広く支持を得たいとして、民主党は離党して臨まれるようです。現職との勝負ですね。

 その方に早速はがきを書いたのはもちろんです。

2

2009/12/28

今朝の深夜便『心の時代』は細川佳代子さんでしたね  村のあちこち村おこし

 『ああまた懐かしい声だ』。今朝、4時台のラジオ深夜便『心の時代』でインタビューを受けていたのは、ご夫君が熊本県知事をされていた時にリブルの会などをされていて熊本県内ではお馴染みの細川佳代子さんでしたが、皆さん聞かれきましたか?私は偶然でした。

 以前も深夜便でやっていたので、話はダブっている気がするのですが、再放送だったのでしょうか?

 しかし何べん耳にしても感動的な話ですからいいですね。国民の間にしっかりと知的障がい者のことや、スペシャルオリンピクスへの認知度が上がっていけばいい社会に一歩ずつ近づいてくるのではないかと私は歓迎しています。

 天のある星から地球を観察している宇宙人からすれば、正常人と思っている人間でも大なり小なり知的障がい者に見えているのではないかと私は思っています。ほらよく隣の人を見て下さい。まるで鬼のような人もいますし。そんなことを言えば『鬼』さんに失礼か(*^m^*)

 ルーツを探れば知的障害者は2%の割合で、神様が人類が優しい心になるようにと手配をして下さっているという細川佳代子さんの話でしたが、心の暖まる話ですね。上智大学ですか…カトリックに若い頃から親しんでおられた佳代子さんならではの話ですね。私が家族会の役員をさせていただいている立場から申しますならば、精神障碍者の方も0・7%は病むとされています。境界領域の方も実は入れたならやはり2%はいらっしゃるのではないでしょうか?両方合わせて4%。精神の方も例年パークドームでスポーツ大会が催されていますからこちらの方も盛んになって欲しいと思います。スポーツに親しめば鬱の原因であるセロトニン(だったかな?)の不足など、脳内物質が自然に整ってくるのではないかと思いますから精神を病んだ人もスポーツに親しめばいいのでは?まずは卓球など室内でできる種目あたりどうでしょうか?色々と細川佳代子さんがスペシャルオリンピクスで獲得されたノウハウに学ばせていただきたいと思いますからラジオ深夜便『心の時代』宛にハガキを書いて出そうかな…それともメルアドを入手しようかな。

1

2009/12/28

RKKの11チャンネルで宇宙人探索が特集されて  村のあちこち村おこし

 昨日夕方、11チャンネルRKKのドコモの夢番組で、宇宙人の探索が本気で科学的に、日本全国の天文台が協力して一斉に行われている様子が特集されていました。

 噂では聞いていたのですが、やはり本当でした。WOW信号という、とても不自然な電場が偶然見つかったのは30年(?)ほど前の話です。
 宇宙の中の特に怪しい一角に世界中の天文台が同時にパラボラを向けて、自然ではない電波が出てないか探るのですが、得られた電波を解析するのにもコンピューターを駆使してかなり分析をしなければならないようです。

 セチと呼ばれている探査計画ですが、このセチがらい世の中で、少年が宇宙に関心を持つきっかけにもなる、まことに夢のある計画です。

 もし宇宙文明が発見できたら、人類の世界観が変わります。

 東海大学のパラパラアンテナが出ていましたが、西原からすぐそこの天文台でも宇宙人探索に参加していたんですね。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ