한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2010/4/29

【組曲虐殺】=小林多喜二の生涯をNHKが放送  村のあちこち村おこし

 井上ひさしさんがなくなって、【組曲虐殺】という作品名をよく耳にしていたのですが…それがどんなものだったか知りませんでした。

 ところが今朝の新聞・赤旗のテレビ解説を読んだら、何と小林多喜二を描いた『井上ひさし』氏の作品でした。

 【蟹工船】などで有名なプロレタリア文学の第一人者・小林多喜二の短い生涯を、井上ひさし氏が音楽評伝劇という形にしたものだったんですね。

 NHKも井上ひさしさんを追悼番組を放送するのです。

 5月1日の午後10時45分から、その【組曲虐殺】を衛星ハイビジョンで、ついで9日(深夜0時40分)からは衛星第2で放送して下さいます。

 NHKが小林多喜二の生涯を紹介する(?)

ひと昔前なら信じられないようなことで、時代の変化は確実に起きていると感じることができます。
1

2010/4/25

語学市場は遼君方式・NHK・スカイプ等【賢く楽しく】へ移行中か  村のあちこち村おこし

 いわゆる駅前式の【語学学校】そのものに限界があるということですね。

 私自身がそんな所に行く必要を全く感じておらず、NHKのラジオテキストを買って来て、道を歩きながら運転しながら、ひたすら暗唱する方法をとってきました。

 またこれで十分にやれるという実感があります。

 NHK語学テキストの購入者が急増しているとの話ですから、日本の将来に悲観は不要で、学習の費用対効果が上がってきたことになるなら、むしろ楽観すべきことかもしれません。

 ゴルフのスーパースター・石川遼君が宣伝に努めている耳から聞きっぱなしの方法もあれば、スカイプで遠い外国に友人を持ち実践的に『レッスン』するなら全く無料です。

 私などは、携帯で外国の友人とメール交換をして、ケータイ英語入力も兼ねて練習していますが、これまた全く無料です。

 結論は、去年度の韓国語講座を担当されていたイ・ユニ先生の口癖ではないけれど、語学を(賢く楽しく学びましょう)ということでしょうね。
0

2010/4/23

NHKTV・19時30分から、熊本の『楠クリニック』の板井八重子医師の地域医療活動が紹介されます。  村のあちこち村おこし

 まさにゴールデンタイムが夜7時半です。

 『くまもとの風』ということですから、ローカル番組ではあるのでしょうが、それにしてもゴールデンタイムです。

 実は、楠クリニックでは、治療費が払えずに来なくなった患者さんを、チームを組んでひとり1人訪ねてアドバイスをしているのだそうです。

 板井八重子先生は、水俣病の医学的解明にも現地を訪問医療をして尽力して来られた人です。

 西原村の誇りとも言える女性医師です。あと5分後に始まりますので、お忘れなく…


http://orange.ap.teacup.com/tajima/

落つるなり天に向つて揚雲雀 漱石
0

2010/4/22

語学市場が縮んでいる…ジオス破綻が意味するものは?  村のあちこち村おこし

 西原村で去年9月頃から始まった、韓国語教室に通ううちに、熊本学園大学の講師・田中節子先生の教え上手もあり、長いこと独学をやってきた私も少しずつ力がついてきつつあるように感じています。

 ……………………
 非常に小さな国であるシンガポールが、一人当たりの生産量が日本よりも高い理由のひとつが、高い英語力を国民レベルで身につけていることだと言われています。

 経済成長著しいインドでも、高いステータス(?)セレブ(?)にのしあがっていくためには、徹底的に英語力を身につけていくことが鍵だという認識が、国民レベルに浸透していて、実際相関関係は全くそうなっていると聞いています。

 ところが日本ではどうでしょうか?逆に語学熱が冷えてきたのではないかという気配が感じられてきました。

 07年のNOVAの破綻で始まった感のある語学学校の受講生数の縮小が、ジオスの破綻によっていよいよ目立ってきましたね。

 経済産業省の調べによると、外国語会話学校の受講生数が、5年前の半分になっているそうで、急激な減少の度がすぎます。

 その代わり独学をする人が増えているとでもいうのでしょうか?

 西原村では、新年度開講の生涯学習講座の中に、関係各位の熱意と協力のお陰をもちまして、『ハングル講座』が含まれることになりましたが、日本全体に語学熱一般が急激に冷めてきていることは、国際化や東アジア統合に向けて進まなくてはならなくなる時に、由々しき事態ではないでしょうか?


 ところで話は変わりますが、在留外国人の日本語学習熱には影響はないのでしょうか?
0

2010/4/22

小林多喜二と西原村との関係がつながりはすまいか? 国民新聞に初期の作品『スキー』  村のあちこち村おこし

 何でもかんでも、こじつけようがどうしようが、何とか我が西原村との結びつきがあるのかどうかを考えてみる癖のある私のことです。

 【連想ゲーム】みたいですけれど、格好の題材が見つかりました。

 それが『小林多喜二の最初期の小説発見』というニュースです。

 虐殺によりわずか30年の生涯を絶たれた、日本を代表するプロレタリア作家・小林多喜二のことです。

 死後やがて80年近くも経過しようかという時になって、急に大ベストセラーになった『蟹工船』は、ワーキング・プアーや派遣労働や使い捨て雇用の今日的な課題を考えさせる役割を果たしつつあります。

 その小林多喜二の全集未収録作品が、岡山大学の大学院生によって偶然発見され、小樽文学館が調査確認し21日に発表したのです。

 その大学院生は『政治思想史』を専攻されている方のようです。文学と政治。一見距離がかなり離れた感じがするために、今まで未発見だったのでしょう。

 何と西原村の私が住んでいる所からほんの3キロ(?)ぐらいしか離れていない所で産声を上げた徳富蘇峰が発行していた、【国民新聞】に投稿されていたとはですね。

 短編小説の名前は【スキー】。

 日露戦争で負傷した高齢の体操教師「T先生」が、授業のために生徒に笑われながらも懸命にスキーを学ぶ姿を描いているというのです。

 【国民新聞】をWikipediaを見たら、有名な文学者の作品を掲載したりもしていたことを知ることができました。

 西原村のすぐ近くで生まれた徳富蘇峰も、きっと草葉の蔭で喜んでいるに違いないでしょう。

http://orange.ap.teacup.com/tajima/

落つるなり天に向つて揚雲雀 漱石
0

2010/4/22

官房機密費をなぜいまだに公開しないのか?  村のあちこち村おこし

横殴りの雨です。

 今朝の赤旗新聞によると、野中広務元官房長官がTBSニュース番組に登場して、重大な暴露をしたそうです。

 小渕内閣の時ですが、1000万円を首相に、衆参国対委員長に500万円ずつ、また評論家にも何らかのつけ届けを行っていたそうです。

 歴代官房長官から『引き継ぎ帳』に書いて引き継がれてきたというのです。

 この記事を読んで、現在の民主党を中心とする政権も、野党時代の言葉とは裏腹に官房機密費を公表することを拒否している点に、『大丈夫かな』という視線を投げざるを得ない気持ちが次第に大きく膨らんでくるのです。

 日本共産党の国会追及で、日本共産党を除く与野党の政治家の多くがこの官房機密費の恩恵に浴していたことを明らかにしたことを紹介しています。
0

2010/4/16

派遣切りしたトヨタは今・・・因果はめぐる  村のあちこち村おこし

 確かに労働者を情け無用に路上に放り出したTOYOTAが、世界中から散々に叩かれていますね。

 因果応報のサイクルが非常に速くなってきたのは、事実のようです。インターネットによって瞬時にニュースが伝わっていく情報化社会が因果応報のサイクルを短くさせる作用をしているのではないでしょうか?

 そのインターネット自身も、絶えず成長発達しているのです。つまり、ホームページの時代よりブログの時代、ブログよりもツイッターの時代…とスピードは一層進化していますし、単なる文章だけから写真や図表が添付できる水準、さらには動画。そしてその動画もYouTubeみたいな投稿サイトの登場です。

 そのうち3Dになっていくのかもしれません。

 この流れはまた、大きな機械から小さな持ち運び便利な機械へという流れ、重いものから軽いものへという流れでもあります。

 それに加えて、わがケータイ入力速打法(楽打法)を普及することができるようになれば、さらにさらに弱きもの・辛い立場の人には発言の機会が与えられることになってくるのではないかと思います。

 そうなれば、労働者を物扱いしてきた企業には、てきめんに報いを受けることになってくるようです。

 路上生活をしている人、孤独なお年寄りも、実はかなりな知恵と教訓・知識を身につけていながら埋もれさせているのでしょうね。

 例え死の床からでも、世に向かって発言をし続けるためのツールがあってもよいのではないでしょうか。
2

2010/4/15

楽打法を広めたい。  村のあちこち村おこし

 ケータイ入力速打法を『楽打法(らくだほう)』に切り替えようかなと思い始めました。

 なぜなら世の中に広めるためには、コマーシャルにうまく乗せやすい名前である方が断然有利ではなかろうかと思い当たったからです。

 それに、速打法と言えば、何か頭にねじりハチマキをしてかなりな訓練を重ねていかなくてはいけない早稲田速記みたいな特殊技能のイメージになって、世間一般の人は敬遠してしまうことでしょう。

 でも、実際はいかに親指を少なく動かすのかに工夫をしたものですから、見ていただければむしろ入力が『楽だ』なあ!と感嘆していただけるだろうと思います。省打法と言っても過言ではありません。

 【楽打法】とすれば、シルクロードの月の砂漠をゆっくりとゆく、ラクダの隊列を連想させて、コマーシャルが打ちやすくなりそうです。

 さて、そのコマーシャルですが…まともにテレビに出すと莫大な広告費が必要になってしまって、それも非現実的です。

 その点で、ある人からヒントをいただいたのですが、インターネットのYouTubeやニコニコ動画などのような動画投稿サイトを利用してはどうかというのです。

 なるほどです。これはいよいよ私も動画投稿のために、デジタルビデオカメラを手に入れなければなるまいと思わされました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ