한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2010/6/2

山西小学校の子どもたちの朝の合唱は手話つきで…  村のあちこち村おこし

 毎週水曜日の朝8時15分から40分ぐらいまで、4年1組のクラスに行って読み聞かせボランティアをさせていただいていますが、私の秘かな楽しみは、子どもたちの合唱を聞くことです。

 しかも感心させられるのは、それが手話つきのコーラスなのです。

 また歌詞がすばらしくいいのです。

 ところどころ抜けていますが、私は教室の後ろに待ちながら歌詞を書き取りました。

 ……………………

1 世界がひとつになるまで ずっと手をつないでいよう

夢が本当になるから

初めて出会ったあの日あの場所から

いろんな未来が歩き始めた

なぜみよなこの地に生まれてきたの

2 世界がひとつになるまで
ずっと手をつないでいよう

思い出のまぶしさにまけない
とても 夢がある

3 世界がひとつになるまで
ずっと手をつないでいよう
ときめきはたからもの

夢があしたを守るから


 ……………………

 だいぶ抜けていますが、こんな歌詞の歌をご存じでしょうか?知らないのは私だけでしょうか?

 このコーラスを聞きながら、国際宇宙センターに長期間滞在していた野口聡一さんがロシアのソユーズ宇宙船に乗って、無事地球帰還を果たしたことと、つい20年前まで米ソ対決によって、いつ核戦争になるやもしれなかった恐怖を思い出して、隔世の感に打たれ目頭が熱くなりました。


 中国しかりです。40年前の文化大革命の時代には、日中間には友好交流がほとんどないに等しく敵対感情しかなかったことを生々しく覚えています。これまた北京五輪を経て上海万博を開催している今日の中国の姿がが、まるで夢を見ているように感じられます。


 では今度は北朝鮮はどうなるでしょう??と未来予測をしてみたくなります。

 頑なな軍事優先の国のようでいても、いつかはかつてのソ連・中国のように大きな雪解けを遂げる時がやってくるんではないか…と、この歌は励ましてくれているようです。

 手をつなごう!ではなくて、(ずっと手をつないでいよう)というリフレインは、すでに心の中では手をつなぎあっているんだと主張している意外性ある言葉が、グッと心の中に沁みてきます。
0

2010/6/2

ペットボトルのキャップ集めも歌をうたいながらだとアピール力が…  村のあちこち村おこし

 ペットボトルのキャップを集めることも、なかなか浸透しませんが、歌をうたってこの取り組みのアピールをしているグループがおられると聞きました。なるほど!それはよいアイデアです。音楽はすばらしい力がありますからね。


 私は毎週水曜日の朝は、山西小学校の4年1組の子どもたちに読み聞かせボランティアに行っていますが、そのたびに感心させられます。朝の自主朝礼時間に各教室ごとにテーマ曲を(手話つき)で歌ってるのです。これだから入学式や卒業式で涙が出るように感動的なコーラスが披露できるのですね。

 そんな心を育む音楽に親しむ教室の雰囲気ですから、先日は私も読み聞かせの前にハンドオカリナを少し披露しました。興味津々で受けましたがそのうち誰かが吹けるようになると嬉しいですけれど…

 ところで話は変わりますが、いつもは絵本を持って教室にはいくのですが、先週は持たずに韓国の昔話を語って聞かせることができました。

 というのも私は【韓国語ジャーナル】というムックを常に持ち歩いて、その中に紹介されている【四人の木綿商人と猫】という話を丸暗記しようとしているところだからです。

 韓国語はスラスラと出て来なくても、日本語でストーリーは言えるのですから。

 自分の言葉で子どもたちのギラギラした目を見ながらゆっくり反応を確かめながら語ることができますので、絵本を手に持ってとはまた違った感動でしたね。
0

2010/6/1

韓国語の生涯学習講座への昇格  村のあちこち村おこし

 いよいよ10日には生涯学習開講式を迎えますが、つくづく韓国語講座の採用にまで漕ぎ着くことができたことは、いろんな人との出会いがあり力をそれぞれうまく合わせることができたことが大きかったと思います。
 
● さて、今朝の熊日15ページの【町から村から】の部分に、小さな記事ですが、【ペットボトルキャップ贈呈式】というのを見つけました。

 引用しますと…
 ……………………

玉名市 ● ペットボトルキャップ贈呈式 28日、亀甲のイオン九州ジャスコ玉名店であった。社会福祉法人熊本厚生事業福祉会(野田駿理事長)が、運営する福祉施設の行事などで集め、一昨年から毎年贈っている。5キロでポリオワクチン1人分を買える。職員3人が訪問し1600キロ分を贈呈。同店マネジャーの高田まなみさん(48)が、宮本知佳さん(24)に感謝状を渡した。

 ……………………

 以上引用終わり

 我が家でも私がキャップを少しずつ貯めていたのですが、昨日のごみだしに出されてしまったようです。

 これをもっと早く田中節子先生に渡せばよかったなあ〜もっと家の中でみなが認識するようによく議論しておけばよかったなあ〜と後悔しています。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ