한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2013/3/29

36か国に広がった『小さな図書館』はアメリカのトッド・ボルさんから  環境・教育

 テレビを何気なく見ていたら、
『オッ!これはいい』
 膝を叩く話に出会って、慌てて録画に切り替えました。


 アメリカで始まった『小さな図書館(A LITTLE FREE LIBRARY)』の運動は、皆さんご存じでしょうか?


 発案者のトッド・ボルさんという人は、ウィスコンシン州のハドソンの人なんですね?もっとネット検索をして詳しく知りたくなりました。


 最初の本箱を一個、家の前に設置した時は、まさか世界各国に広がる運動になるとは思ってもいなかったことでしょう。しかし地元のマスコミが注目して熱心に紹介してくれたら、反響が大きかったらしい。


 誰でも勝手に持って行っていいし、また新しい一冊を入れ替えに提供してもらう…というようにしているうちに、いつも新鮮な本が置かれている…利用者から愛されたことが持続して広がっていったポイントだろうと思うのです。


 今では、ネットを利用して広がりを促進しているそうです。


 考えてみると誰でも、家の中に読んでしまって積み上げて処分に困っている本を持っているものですね。狭い家の中を何とかしたいと、断捨離を信奉する家人から睨まれている図はいたるところにありはしないでしょうか?


 若い時は本棚に溜め込んでいるのもよいでしょうが、この高齢化社会です。


 ある日ドッとばかりにゴミに出されている光景を、目にすると心が痛みます。古本屋に売る人はそれほど多くないかもしれません。


 でも誰でも本を巣とるよりも譲ったりシェアしたいと思うのが、本当のホントの本心ではないでしょうか?


 その、人々の本当の本心に触れたことが、大ヒットした要因だと私は思うのです。


 人との関係が希薄になっている地域では、この取り組みを通じて本箱の前に集うことになり、人とのつながりができる材料になりそうです。


 ひょっとしたら以前にもこの『小さな図書館(リトル・フリー・ライブラリー)』の話は噂として耳にしたことがあったような気がするのですが、テレビで実物を目の当たりにしたら、百聞は一見に如かず…Seeing is believing.


 ああ、これなら子どもたちとそのお母さんたちに愛されそうだということが、すぐにわかりました。


 道路ばたに置かれた本箱の姿が、何しろ小鳥の巣箱みたいにカワイイのです。

 話だけ聞いて日曜大工でトントンと作ったとしても、見栄えがよいものはできなかったことしょう。見栄えが大事な要素です。


 カンナなど大工道具を持っている人がきっちり作ってはどうかと、【読み語り】グループに提案してみたいと思います。


 制作にかかる経費は何千円でしょうか?工作が好きで器用な人は、私の知人にもいました。


 設置場所として日本で考えると、道に面して土に埋め込むとしても、日本はほとんどアスファルトになっています。


 ならば、施設の中に設置をお願いした方がよさそうですね。


 例えば、病院だとか老健施設の中だとか。


 【街角図書館】という言葉は聞いたことはありますけれど。それとは違うのか同じなのか?


 ブームを起こしたいものですね。

 日本語で≪小さな図書館≫として検索すると、ちょっと違うのが出てきます。やはり≪リトル・フリー・ライブラリー≫で検索するのが本当みたいです。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ