한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2013/4/28

パチンコ依存症はヒマつぶしから始まるのでしょうか?  パチンコ広告・CMの規制を

 パチンコに行きたい心理は、教会に行く心理と同じではないかと言った人がありましたが、興味深く聞かせていただきました。


 確かにキリスト教が盛んなヨーロッパにはパチンコはないし、カジノがある場所も、ごく限られた場所のようです。


 パチンコを約7年前に禁止した韓国も、キリスト教が盛んな国です。宗教儀式には、何らかの反復により、ドーパミンかセロトニンかわかりませんが、何らかの脳内物質が生じるのかもしれません。


 さて、イギリスの競馬というのは貴族のギャンブルなんでしょうか?
ゴルフも玉を穴に入れるスポーツであり、パチンコに近い感じがあり、運を天に任せるような感覚は同じではないでしょうか?


 娯楽としてはサッカーなどスポーツが盛んなヨーロッパなので、その分ギャンブルには向かわないのではないかなとは思うのですが。


 カードをやっていたのは、多分スペインだとかイギリスの航海時代だったのかもしれないと私は思ってきました…


 航海中はどうしても嵐の時以外はヒマでヒマでたまらない時間が、昼も夜も続きます。手持ちぶさたを一体何をしてしのいだらよいのかが問題になり、そこにカードや賭け事の文化が入るのかなと…


 古代エジプトは…ナイル川が氾濫する季節には、人々は農地が水没し農業ができなくなり…暇で暇で仕方がない状態になります。


 だから王はピラミッドづくりに動員して働かせたという説があります。 奴隷労働ではなく、暇をなくすための一種の公共事業という訳です。


 でも日本ではパチンコなどギャンブルで身を持ち崩す人が続出しています。


 最近、自民党や民主党や維新の会など、カジノ推進の議員らが増えていると聞きます。


 小選挙区制の弊害で、支持率4割台でも7割・8割もの国会議席を、やすやすと独占できます。国民の6割近い人々の意見は切り捨てられるのです。


 そんなおかしな選挙制度の中、政治家が劣化しています。


 たとえば、石原慎太郎氏を筆頭に、カジノ誘致などと、良識ある人々からはひんしゅくを買うのは間違いないことを平気で口にするようになるのです。


 パチンコだらけで借金漬け→人生を棒に振る人が多い、この日本の現状にまだ飽きたらないのでしょうか?


 パチンコ店が村内にできると、たばこ税の収入だけでも大したものになりそうだとの皮算用にて、歓迎すべきだなどという人もいます。


 ギャンブル依存症の被害がどれほど深刻か全然わかっていないのです。

 西原村民でパチンコに行く人は、菊陽町だろうと大津町だろうとどこまでも何とかして行くだろうし、逆に行かない人はたとえ西原村にパチンコ店ができたとしても行くことはないんだ…だから西原にできても構わないなどと言う人がいます。

 やはりそんなノーテンキな意見が出るところを見れば、被害者及びその家族が恥を忍んで声をあげていかなければ、ギャンブルに泣く人はこれからも決してなくならないのではないでしょうか。


 ちなみに国会議員の中で、パチンコ規制を叫び、カジノ反対を発言している人は、日本共産党の大門実紀史(だいもんみきし)さんです。


 私もせっかく韓国語を学んでいるなら、パチンコ禁止のその後の韓国の状況を調べることができるような能力まで達したいと思います。目標ができました。
0
タグ: 戒律 中毒 依存症

2013/4/28

宇宙太陽光発電に不可欠な長距離無線送電技術の研究開発に10億円  村のあちこち村おこし

 人工衛星に太陽光パネルを広げさせて、地上に送電するという夢の技術が、本当に実現するなら、地上の送電線もいずれ無くせるかもしれません。


 というのが、日本共産党発行の『議会と自治体』に、国家予算案の特集があり、宇宙空間に浮かぶ太陽光発電衛星から地上に送電する方式の調査研究があがっているのを見たからです。


 マイクロ波による送電でしょうか?あまり詳しくはないのですが、鋼線の中を流れるのでないからには、エネルギーロスが少なくてすむというのではないかと思うのですが。


 ただ、間に鳥などが通過して送電の邪魔をしたり、見方を変えたら飛行中の鳥に何らかの悪影響があるのかないか、それがネックになりはしないかと気がかりです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ