한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2013/6/1

asahi weekly アウンサン・スーチーさんの名演説です  村のあちこち村おこし

 アサヒウィークリーの6月2日号に、アウンサン・スーチーさんのノーベル賞受賞スピーチが紹介されているそうです。


 道を歩きながら、ビラを配りながら暗唱していけば、外国に行った時にいざ、パーティーに招待されたりする時に、自分の見解を述べることができるかどうかという場面があると思うのです。


 パーティーで【沈黙は金】とばかり、ひたすら無言の行で、壁際にばかりいるというのが日本人のこれまでの悪い姿でした。


 これからは、与えられたスピーチのチャンスには、生涯にまたとない機会がきたとして、野球の9回裏の二死満塁、一打逆転の場面だと思って、一期一会の名演説をぶちかましてやろうと構えているぐらいでなければ、世界で日本人がのしあがっていくことはできないと思うのです。


 そのためには、アウンサン・スーチーさんの名演説を暗唱したり、Japan Press Weeklyの文章を丸暗記したりして、普段から口ならしをしておくことです。


 猪瀬東京都知事が、オリンピック誘致演説で、東京には現ナマがたっぷりありますというような、露骨な発言を英語でやっていました。


 外国の人々は、そんなにお金がたっぷりあるんだったら、フクシマ原発事故の被害解消に使うべきではないのかと疑問に思うのではないでしょうか。


 どうしてそんなことがわからないのでしょうか?


 先ほど、済済黌の卒業生名簿を取り出して見たのですが、現住所はほとんどが熊本市や県内であって、東京や関西など全国に雄飛している感じではありませんでした。


 定年退職して郷里に戻っているというのでしょうか?…熊本は、全国でも北陸地方についで幸福度が高い地域ではあります。それにしても内向きだなあと感じました。


 かつての熊本県人は、日本の対外膨張の国策に踊らされたかもしれませんが、大陸へ大陸へと雄飛しようとデッカイ夢を抱いた青年が多かったのではなかったでしょうか?


 今は地球的な視野を養って、外国にどんどん雄飛していてもいい時代です。


 日本だけしか視野になかった間に韓国の急成長企業は世界標準を目指していたというのです。


 今は火星への移住を予約している人が何万人にもなっているという時ですからね。


 韓国ではソウル大学の卒業生でさえ、就職率が半分という時代に、外国にどんどん目を向けていこうとランランと目を光らせていることだろうと思います。


 ハングリーであれば道は開けてきます。全国の外国語科の出身者は…外国に雄飛している人が多いのでしょうか?
1

2013/6/1

エジプト出身の大砂嵐関が関取になったそうで  村のあちこち村おこし

 大相撲がますます国際化の道を歩いているようで嬉しくなります。


 大砂嵐関はエジプト出身のイスラム教徒だとか。


 2020年のオリンピックの開催中を東京とマドリッドと争っているイスタンブールは、東ローマ帝国の首都・コンスタンチノープルでもあります。


 古代ギリシャ・ローマの文明とイスラム文明との交差点であるということは、未来に通じる平和の祭典の場としては、オリンピックに一番ふさわしい都市だとして、私は応援します。


 その点で大砂嵐関の入幕は、イスラム教を見直す機会にもなっていいのではないかと思います。


 断食月のラマダンはどうするのかとか、ちゃんこ鍋にイスラム教徒が食べてはならないものは入らないようになっているのか、そして日に何度もメッカに向けてお祈りをすることは可能でしょうか?

 先日、アフリカのセネガルで相撲によく似た格闘技が盛んだということを紹介していました。土俵は非常に広く取ってあります。


 55ヵ国に10億人→1ヶ国平均で2000万人が住んでいるこの、アフリカ各国から日本の相撲には、どんどん入ってきて欲しいものです。


 スペイン語講座をテレビで見ていますが、アンダルシア地方には建築物だけでなく、意外にもイスラムの文化がいろんな面で色濃く残っていたり、アラビア語起源の言葉がスペイン語に残されていることなどを知ることができて、目が開ける思いがしています。


 ということは、スペインもまた文明の交差点だということになります。中南米との深い交流もありますし。


 ならば、マドリッドが選ばれるということも悪くないなあ…と歓迎する気持ちが湧いてきました。


 それにしても、グラナダを根拠地にして1492年まで支配していたアンダルシア地方のイスラム教徒が、そのまま今日に至るまで暮らしていたとは思いもよらず。


 私はレコンキスタの完了を告げる最終局面ですから、てっきり壇之浦の合戦のように、イスラム教徒は、徹底的に滅ぼされたか、対岸のアフリカに追い出されたのではないかと思っていたのです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ