한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2013/7/22

技術立国の日本は、早く原発からの撤退を決意して自然エネルギー技術開発で、世界に乗り出さねば  村のあちこち村おこし

 元ミシガン州知事のジェニファー・グランホルムさんのスーパープレゼンテーションを見ました。

 初の女性州知事になった人だそうです。


 しかし、ミシガン州と言えば、先日クライスラーなどの世界的自動車産業の発祥の地として有名なデトロイト市が破産申請を出したように、大変な不況に見舞われています。


 ついでに言えば、発明王エジソンが活動していたのが、確かこのミシガン州ではなかったでしょうか?アメリカンドリームの中心だった地という訳です。


 大変ユーモアがあり、体全体を躍動させての説得力のある話しぶりが印象的なグランホルムさんでした。



 中国の台頭と関連したのか、最悪の不況のどん底からから脱出するには、喰うか喰われるか…At the table or on the table…の精神で…


 グランホルムさんは、全米的に教育対策を競わせることで効果を上げた方法論に学んで、Clean energy race to the top自然エネルギーを全米各地の特性に応じた産業育成の戦略的政策を競わせることにより、新たな産業を育成しようとの提案でした。


 育成のお金は、必ずしもコングレスを説得できなくても、いくつかの企業などが出資して、州知事を競わせることを案として出していました。雇用創出コンペとも訳されていましたが、ノーベル賞みたいなシステムを構想しているのでしょうか?


 そこは、大企業や富裕層が弱肉強食だけでなく、善意の存在を信じているアメリカの人らしい発想だとも思えますが、それが産業創出・雇用創出につながると本当に理解できたら、協力する大企業が現れるかもしれません。



 何しろフロンティアスピリットのアメリカ、アメリカンドリームのアメリカですからね。


 先日の【夢の扉】で、佐賀大学の海洋温度差発電の実用化を阻んでいたのも、多額の予算が必要なために、まだどこもやってないからという自治体や国のたじろぎをどう突破するかというハードルがありました。勇気をどうふり搾るのかの問題です。


 日本の場合は、予算が潤沢には取れないことが、安上がりで実現できるように努力することが特徴みたいで、経済性まど立証できてはじめて、実用化に乗り出すようです。


 だからこそ世界に通用する技術開発がでますから、一概に日本式も悪くはないとは思うのですが…


 技術開発には、成功にいたるまでの数々の失敗と失意のドラマを覚悟しなければなりません。


 竹が山にたくさん生えてからと言って、それをバイオマスエネルギー産業に育てるというのは、失敗と失意を乗り越えようとする並々ならぬ覚悟が必要です。

 西原村の白糸の滝は、年間通じて25℃。涼しくはありますが、泳ぐには冷たすぎます。


 どうしたら夏だけの観光スポットから脱却できるかを考えてみました。


 田んぼに溜めたら水は温もります。温度差発電に挑戦して、少し水温を上げて、眺めのよいところに溜めたら游ぐにちょうどいいくらいになって、観光スポットとしてもよいのですがね。


 自然エネルギーに挑戦すれば、観光的にも突破口が開くという副産物も期待できるかもしれません。


 今朝の赤旗日刊紙に出ていました。


 アメリカのウォールストリートジャーナルに、今回の日本の参議院選挙で日本共産党が躍進したことを、党のホームページにカクサン部と称する漫画キャラクターが登場したことなどとともに紹介しているそうです。ネット選挙に最大限に活かしたのが日本共産党だという訳です。


 新境地を開拓する精神を、これからももっともっと発揮していきましょう。


 天の川に見える無数の星ぼしの中に、地球と太陽の兄弟ぼしが必ずあるはずですが、そこでも涙ぐましい技術開発の努力が行われているに違いないと思うのです。


 パイオニアはどこの星でも数々の失敗にまみれていることでしょうね。
1

2013/7/22

夏祭りが菊陽病院であります。7/23 17:15〜20:00  村のあちこち村おこし

 暑い夏を涼しく乗り切るために、浴衣姿で夏まつりイン菊陽病院においで下さい。
0

2013/7/22

熊本はひょっとして漫画王国だけでなく、俳句王国でもあるのかも  村のあちこち村おこし

 東京都の選挙区で日本共産党から当選された吉良よし子さんは、テレビで見るとずいぶん華奢な身体にキラキラした表情の女性で、私もいっぺんに大ファンになりました。


 ところで、NHK俳句教室を日曜日にチラと見たら、なんと熊日紙上などでよく目にする熊本の岩岡中正さんが解説者(?)選者(?)をされているではありませんか。


 これはひょっとして熊本は俳句王国なのかもしれないと思い始めました。


 そう言えば正岡子規との友人関係にあった夏目漱石も、熊大の前身・五高で英語を教えながら、俳句を作っていましたからね。


 それよりも前に江戸中期に、連歌師俳諧師で松尾芭蕉にも大きな影響を与えた、談林派の西山宗因は肥後の八代の出身でした。


 西山宗因という名前をどうやって覚えたものか…考えてみたところ…西山という姓は実はこの西原村にもあります。


 日本文化の象徴的存在である俳句成立に果たした、西山宗因の功績を、西山さんの顔とくっつけて(こじつけて)、私は個人的に記憶したいと思いつきました。


 俳句を学べば、情景描写をいかに端的に行って、読む人の脳の中のスクリーンに描き出せるかの能力を磨くことが可能だと、私は信じています。


 漫画というアートは、時間芸術ですから、脚本家的才能が求められますが、俳句的な感覚を磨けば、一瞬一瞬のその場の空間の広がりや匂いや色彩を盛り込む力がついてくるかもしれませんね。


 徳冨盧花は、絵を描くことを学んで、小説の中の空間的なデッサン力がついてきたと言っていたと思います。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ