한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2013/8/11

伊藤千尋さんとゲバラの夢  村のあちこち村おこし

 昨日の日本共産党大演説会はネットを通じての分散会場方式で、初めての経験でした。


 東京から当選した吉良よし子さんは躍動感溢れて、実にチャーミングでしたね。


 多分ネット検索で出てくるかもしれません。

 さて話は変わりますが、Tシャツにゲバラ写真をプリントしたのを着た人を久しぶりに見ました。


 ゲバラTシャツを見たのは、私としては実に40年ぶりのことで懐かしくなりました。


 学生時代に友人の下宿や寮などを訪問すると、そこによくゲバラの拡大写真が掲げてあったのです。


 理想を求めて戦い続けたチェに、求道的な雰囲気を感じて青年の気分に合致していたからでしょうか?


 ひげ面を真似する青年もいたかもしれません。


 もちろん日本共産党は議会制民主主義を通じて、一歩一歩国民の支持を広げながら国政を革新していこうという立場で、フィデル・カストロやチェ・ゲバラとはだいぶ距離があります。

 しかし、アメリカの横暴に苦しめられ続けてきた中南米が、アメリカにとことん苛められ続けた歴史があるがゆえに、紆余曲折・前進後退の末に、今日ではアメリカに対抗して固く団結してきました。


 この中南米の平和を作り出す団結力が、日本国憲法の9条の精神に通じるということで、今大変注目されているのです。


 余談になりますが、平和の力という点ではもうひとつ、アメリカや中国の横暴にこなされ続けてきた東南アジアから発した、TACもまた注目されています。


 軍事的介入を許さず平和的に進み始めている中南米の今日の姿を見れば、チェの夢は、かなり実現してきたんではないかと言うことも可能です。


 伊藤千尋さんの『ゲバラの夢 熱き中南米』には、今でもチェは中南米では絶大な人気があり、イエス・キリストにイメージをダブらせているのではないかと書いてありました。


 風貌と自ら死地に向かって行ったことを見たら、そんな共通感もあります。

 しかし、アルゼンチンにはアルゼンチンの、ボリビアにはボリビアの社会発展過程があり、キューバのようにはいかなかったようです。


 なんとゲバラはアルゼンチンの出身で、ブエノスアイレス大学の卒業だそうです。


 スペイン語は私も旅番組感覚で、NHKの語学講座を覗いていましたが、この40年ほどの中南米の反米前進を知れば、もっと身を入れて勉強したくなりましたね。


 たまたまオリバー・ストーン監督の【もうひとつのアメリカ史】を録画していますので、何度も見直すことができます。


 戦後史の理解には、アメリカ大統領とその行動と年号を座標軸に選んで覚えていけば、キューバ革命やグアテマラ・ボリビア・チリ・ニカラグアなど中南米各国の歴史を大きな流れの中で頭に入れていけるのではないでしょうか。


 幸いオリバー・ストーン監督は、象徴的な映像をつけてくれているので、記憶しやすい教材になっています。


 【誰がために鐘は鳴る】の舞台となったスペイン人民戦線政府の1936年以来の出来事は、ナチスの武力介入によって潰されましたが、カストロ一家はもともとスペイン北部の出身だというし、その頃の歴史的経験が中南米の現代史に遠い影響を与えているような気がするのです。

 まさに歴史は因縁因果の連続ですね。


 【前衛】に不破哲三さんが、スターリンが変質して独裁になっていく過程とスペイン内戦への支援とを重ね合わせて解明してくれています。


 昨夜の朝まで生討論の番組を録画視聴したのですが、結局結論として日本人の現代史に対していかに無知なのかが、問題の根底にあるという共通認識に達したようです。

 私も、面倒でも英単語をひとつひとつ増やしていくように、近現代史の年号暗記をして座標軸を作っていこうと、あらためて思いました。


 歴史好きな私も、少しはスペイン語もかじってみるかなと、動機ができつつあります。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ