한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2013/10/10

高齢者や亡くなった人の日記類は、ゴミに出されつつあり。貴重な歴史資料として残す共同作業をご検討を…  村のあちこち村おこし

 やすらぎ共同作業所が創立30周年になるそうです。おめでとうございます。


 この間、『やすらぎ共同作業所』が、ますます活気をもって活動をされるようになってきたことは、私たち菊陽病院の家族会のメンバーとしましても、入院・通院の別なく喜びとするところです。


 今後、共同作業の分野を広げつつ、できるだけ高い労賃が確保できていくように、更なるご努力を期待してやみません。


 そこで私の案です。


 最近の流行り言葉に、【断シャリ】【ゴミ屋敷】があります。


 死後、あるいは高齢者になった時に、その家族が、何十年も書き綴られた日記などを、一気にゴミに出してセイセイするということが起きているようです。断シャリブームです。


 でもその断シャリされた日記の中には、戦地で従軍慰安婦のお世話になったことを赤裸々に書いたりしたような、歴史の貴重な証言が含まれてはいなかったでしょうか?


 日本人は、過去のことを消しゴムで消してしまうように忘れてしまう傾向があるようです。


 亡くなった人の記憶も消しゴムで消し去ったら、忘却される人の側では、生きた証しがなくなり残念なことではないでしょうか?


 私は、日記類をパソコン入力したり縮小コピーして電子データに変換するサービスを、共同作業所が行うようにすれば、狭い住居環境の多い日本人の家族も、場所を取らずに歴史証言を後世に残していけるのではないかと思うのです。


 また、後に孫やひ孫が、先祖はどんな人生行路をたどったのかと、仏壇に焼香をあげながら知ることができますし、数多くの写真もCDに保存された画像や動画・肉声も聴くことができるという、21世紀型の追憶の習慣を創り出せるかもしれません。


 荒唐無稽に聞こえるかもしれませんが、夢を描いてみました。
0

2013/10/10

ランペドゥーズ島事件。こじつけ暗記  村のあちこち村おこし

 アッサラームアライクム
【朝だアライグマ】

 ワー・アライクムッサラーム。
【笑いグマさんだ〜】


 アラビア文字は、紋様や絵の形にアレンジできて、まるで日本のQRコードみたいに名刺に書いたり、商店のマークにもなりますね。


 最近のニュースで、チュニジア沖の島で、アフリカからEUに密航移民しようとした船が難破して、何十人も死んでしまった事故がありました。

 【ランペドゥーズ】島事件と呼ばれます。これはスペイン語かイタリア語の匂いがある単語ですね。


 私は勝手に【ランプ10個分】と覚えてみました。douzeは10のことだったんではなかったかと思いますので。


 アフリカのチュニジアと、スペースシャトルの形をしたシチリア島との間の海域は非常に狭いので、きっとランプを10個点して灯台のように照らさないと座礁しかねないという訳でしょうかね。


・・・・・・・・・・


 さて、人間や猿には、最近の研究によると、霊長類として共通した、顔貌認識能力があるそうです。


 アラビア文字のマークも、脳の顔貌認識機能に訴えて一目で把握できるのかもしれないですね。


 この能力は、【記憶術】としても利用しないともったいないですね。中学の頃、書店で読みふけった渡辺剛彰氏の【記憶術】のポイントは、五感をいかに活用するかでした。中でも視覚は重視されていました。


 先日、インドネシアのパリ島でのTPP交渉で、重要5品目の例外扱いにも切り込んで検討していくと述べた【西川公也】氏の名前を覚えるとしましょう。


 私は自分が知っている西川さんの顔を拝借して、【公也】の文字をダブらせ日本史の教科書に見るようなお公家さんの座り方で映像化しました。

 これは頭の中でイメージを加工しなければなりませんが、簡単ではありません。


 普段から人の顔を想起する練習をしていたらもっとよかったでしょう。


 アイウエオと唱えながら、アは青木・浅井・荒木・…と順番に思い出していくのです。


 一生の間には、家族・学校・部活…社会に出たらまた、新しい顔ぶれと出会い…。


 仕事が営業ともなれば、顔と名前を覚える能力を鍛えれば鍛えるほど、成績アップが期待されます。


 議員はもちろん、原発からの撤退運動や、自然エネルギー導入運動など、あるいはブラック企業に考え方をあらためさせる運動、女性の権利拡張運動など、ありとあらゆる社会的運動に携わるならば、ますます地域・さまざまな団体の人の名前・顔・家の所在・考え方まで頭に入れていかねばなりません。


 ましてやリーダーになれば、武田信玄みたいに人と人の組み合わせも考えなければなりません。

 私には程遠い話ですが…顔はばったり街で出会えば、見たことのある人だとわかりますが、目をつぶってその人の顔をありありと浮かべるというのは、案外難しいですね。


 小・中・高の時のクラスメートの顔は思い出せますか?私は残念ながらおぼろです。


 当時は毎日授業前に、出欠を取る先生の声を聞かされて耳にタコができるほどでしたが、忘れました。


 歌謡曲も歌手の名前も、数多くラジオ・テレビから流れては消えていきました。


 水素・ヘリウム・リチウム・ベリリウム…などと、元素の周期律表のように【順番に】覚えてなかったので、【順番に】記憶のカオスの中から紐を引っ張るように引き出せないのです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ