한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2013/10/17

クリーム・ルビ・ストローのイタリア人、匂う盛りつけ 照る照れ老人、プラ銀 角 in 鈴  村のあちこち村おこし

 (あんたの照代 着せしむるバイ)


 【51アンチモン 52テルル 53ヨウ素 54キセノン 55セシウム 56バリウム】


 やっと元素番号56番目のバリウムまできました。バリウムは飲みたくはないですね。


 【あんたの照代】が出てきましたが、一体どこのどなたなんでしょうか?


 思い当たりません。

・※・☆・※・☆・※


 指の関節を、小指の根元から50まで順に押さえて数えるインド式を、私は輪転機を動かしながら練習してみました。


 50枚数えて束にしていたら、あとが都合がいい場合は仕事上多いのです。


 十分習熟したら口を動かして唱えなくても、誰かが話しかけたとしても数え続けることができる可能性があります。



 フクシマ原発事故でよく話題に出てくるセシウムまでは何とか到達し、バリウムまできました。

● クリーム・ルビ・ストローのイタリア人。


 『クリプトン・ルビジウム・ストロンチウム・イットリウム・ジルコニウム』


 スパゲッティみたいなのを料理して出してはくれましたが、


● 匂う盛りテク 照る照れ老人

 『ニオブ・モリブデン・テクネチウム・ルテニウム・ロジウム』


 残念ながら腐りかけてでもいたんでしょうか?テクニックの甲斐もなく少し匂いがします。


● プラ銀 角 in 鈴

 『プラジウム・銀・カドミ・インジウム・錫』

 仕方がないので、銀ブラならぬ【プラ銀】に出かけることにしました。日本の東京銀座に舞い戻ってきたのです。


 角によさそうな店あり、暖簾をくぐって入るとそれは『知恵泉』の暖簾でした。
0

2013/10/17

何かヘ〜ン! ラムカムヘーン大王が考案したタイ文字  村のあちこち村おこし

 カンボジアを中心にした、クメール王朝が12・13世紀に最盛期になり、アンコール遺跡を建造しましたが、1238年にはタイ族初のスコータイ王朝が誕生しました。


 1238という年号は、タイ国にとっては大事みたいですので、私も語呂合わせを考えてみました。【タイに都】数字の1をタイと読むのです。

 世界史において『大王』と名がつく人は、アレクサンダー大王や朝鮮の世宗大王など、ごくごく限られています。


 タイにラムカムヘーン大王がいます。武力による支配ではなく、仏教のやさしさに基づいた、国民から父親のように慕われる政治を行ったと言います。


 ラムネを飲む時に、炭酸が弾けますので、【何かへーン!】という顔をしたんではないかと思われます。仏像にも何かへーンな笑顔があります。


 世宗大王に似ている点は、タイ文字という固有の文字を創造したことです。


 クメール王朝もそうですが、タイ族にもルイ・クラトンや水かけ祭りなど、水や魚に関したお祭りが多いように思えるタイ族です。


 仏教を象徴する蓮の花のデザインが印象的なスコータイ遺跡です。世界遺産になっています。


 祭りの最後にはクラトンと呼ぶ灯籠を川に流しますが、川の代わりに空に熱気球方式で流すへーンな人もいるのが、タイの祭りの特徴ですタイ。
0

2013/10/17

パラセル諸島は海南島をパラソルに見立て、【S】スブラトリーはSouthの【S 】。 オッ【マジや!?】  村のあちこち村おこし

 クメール文明にはインドの影響があったと思われますが、クメール王国を強大にして、アンコールワットを建造したスールヤバルマン2世は、なぜシバ神に替わってビシュヌ神を祭ったのでしょうか?


 武力を信奉するスールヤバルマン2世は、【ビシッ】とした神を好んだのでしょうか?


 当時の戦闘には戦象がたくさん使われていましたが、スールヤバルマン2世は、象の背中に【スール】と乗りましたね。

 かつて、南ベトナムにあったチャンパが、メコン川を遡ってトンレサップ湖でクメール王国軍と激闘を展開したのは、『地球ドラマチック』によれば、中国からの交易船に偽装した軍船によって虚をついたことによると言います。


 韓国制作の歴史映画は勉強になりました。


 12世紀から13世紀にかけてのことで、日本では平安時代から鎌倉時代に移る時期に当たります。


 チャンパ軍を撃退したジャヤバルマン7世は、洪水対策も兼ねて、運河を四方に張り巡らせました。


 中国の交易船がインドシナ半島の内陸部まで入ってきていて、歓迎されていたらしいことを暗示しています。


 スールヤとジャヤの二人のバルマン王の名前は覚える必要があります。

 関係ないけどスラバヤとジャワを連想してしまいました


 文明には文字の有無が大きく左右すると思いますが、アンコール遺跡には文字は刻まれているでしょうか?


 後のタイ文字は、クルクルッとしていますが、どのような起源なのでしょうか?


 知りたいことはまだまだたくさんあります。


 さて南シナ海で、現代中国と各国とが領有を争っているパラセル諸島とスプラトリー諸島とが、どちらが西沙でどちらが南沙なのか紛らわしいため、私はじっくり地図を見つめて区別の仕方を考えてみました。


 結果、パラセル諸島はパラセーリングを空想して覚えることにしました。


 海南島をパラシュートに見立てて、モーターボートに引っ張らせているところを想像しました。


 【S】pratly諸島の方は、どうかと言えば、頭の【S】をSouthの【S】と考えたら、それが南沙諸島だということは間違えようがなくなりました。


 さて、今朝の赤旗に、インド中央部のマディヤプラデシュで、ヒンズー寺院で将棋倒しになって百数十人が亡くなったという悲劇が報じられていました。


 私は、【マジや?】と目を疑いました。というのが、インドでは同じような将棋倒しが、もう幾度となく繰り返されてきたのに、いまだに教訓化されてないからです。


 【ウタルプラデシュ】が男の顔の額だとしたら【マディヤプラデシュ】は、マジや?と驚いて見開いた目のあたりに位置していますね。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ