한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2013/12/15

阿蘇消防高度化は、携帯メールにも対応しているか  村のあちこち村おこし

 阿蘇の消防高度化で、携帯メールでの119通報は位置情報がつかめるのかどうか?と。


 ろうあ者向けの消防安全対策になりますので…確認してみたいと思います。
0

2013/12/12

今日は議場傍聴席にNHKのカメラも入ってこちらを狙っています。  村のあちこち村おこし

 阿蘇市議会でもアースハート関連の一般質問があるそうですが、日取りはいつでしょうかね?


 今日は西原村議会の一般質問の日で、私の番は3人目でもう午前中に終わりました。


 山下一義・中西義信・田島敬一・宮田勝則の順番でした。


 NHKのテレビカメラも傍聴席と前からと据えられて、こちらを狙っていました。


 河原灰床の山林・原野における開俊久氏による広大な土地買い占めについて、村民の不安を元に質問を、4人の議員が代わる代わるいろんな角度から行いました。


 宮田勝則議員の一般質問が4人の締めくくりの格好になりました。


 当の泉田洋一議員も出席していました。


 マスコミの注目も徐々に集まりつつあります。


 NPO法人の残高証明だと言って、開俊久氏一個人の銀行口座の20億円の残高証明を村長に間接的に持ってきたことは、【NPO法人自然を守る会】と新興宗教団体の【宝珠宗宝珠会の本源(教祖)たる開俊久氏】との同一性を、自ら暴露したものです。


 その時はまだNPO法人は去年の12月3日に設立されたばかりで、パレアで調べたら所持金0の状態でした。


 もちろんNPO法人と個人とは厳密に言えば性格が違いますが、『語るに落ちた』とはこのことです。


 私は、先日議員一同と村長・副村長役場及び担当の職員らと一緒に、佐賀の富士支所と金立町の本部を視察研修しましたが、そこの売店から『神様の集団』と題する文庫本を買って来ていました。


 議場で皆さんによく見えるようにその本をかざして、
『これがその本です。神様の集団・開俊久とここにちゃんと書いてあります。これこそまさしく、西原村の河原灰床地区の広大な森林・原野を買い集めている開俊久氏が新興宗教団体の教祖・神様であることを証明するものです』
と言いました。


 裁判になったら、物的証拠になる本です。


 ハンドパワーで何キロも先の空に浮かんだ雲が消えるだとか、病気が治るだとか、耳目を疑うようなことがまことしやかに書かれています。


 こんな非科学に騙される方も騙される方ではありますがね…


 私は、役場として課横断的に横の連絡と情報の共有を効果的に行えるような体制を作り上げて臨まなければならないのではないかと尋ねました。


 というのは、泉田洋一氏から開俊久氏への広大な土地の所有権が移転していたのは、すでに平成23年と24年という早い段階だったにも関わらず、村が違法伐採を知ったのは今年の8月だとか、土地の一部に印刷工場や倉庫建築を申請したのは6月だとか、事態を把握するのが非常に遅く、これでは後手後手になってしまうからです。


 各課の横の情報は一体どうなっているのでしょうか?


 固定資産税を管轄する税務課は把握するのが早かったとは思うのですが、その情報を個人情報保護との兼ね合いがあっても条例で定めて村の開発担当者がいち早くキャッチできるような定めは可能でしょうか?


 【西原村開発行為等の基準及び手続きに関する条例】が、せっかくあるにも関わらず、それに則った対応が村によって行われてはいないのではないかと述べました。


 上位法が上位法がと言われますが、村独自の条例があることを村の職員自体が軽んじたりしているのは、実に情けないことです。


 この点は、私の次に質問に立った宮田勝則議員が、周辺住民との協議の義務化と報告の義務化、有識者に協力をもらった第3者委員会の設置と罰則を設けることで、さらに強力なものにすることを主張して、畳み掛けた格好になりました。

 現在の条例は、本来は宅地開発規制を目的としたもので、今回の山林原野の乱開発という非常事態に対処できるように、さらなる改正強化が必要ですね。


 とかく西原村は開発の無法地帯になっていますから、この際改めることは大いに改める絶好の機会です。



 宮田勝則議員がかねてから議員一同に対して提案していた、宝珠宗宝珠会の進出反対の立て看板を、村内要所要所に立てるということは、泉田洋一議員も含めた全員の賛同で了承されました。


 八本程度を議員ひとり割り勘で1万円ほどずつ出し合わせて立てるのです。



 さていよいよ明日は、宝珠宗宝珠会の開俊久氏と山崎三男氏を議会に呼んである日です。


 どのような尋問をすればよいか、議員たちとの打ち合わせが必要です。皆さんも何か、よきアドバイスありましたらお願いします。
0

2013/12/12

南アフリカのツワネとは、行政首都・プレトリアを含む地名でした。  村のあちこち村おこし

 最近、特定秘密保護法が自公政権によって、強行採決されましたが、その際新聞記事によく出て来るようになったのが南アフリカのツワネ原則というものでした。


 ツワネなんて地名が南アフリカのどこにあるのか、私が持っている世界地図帳で調べてみましたが、見つからず。


 よほど小さな田舎町なのかなと思っていたのですが、ネット検索してみてそうだったかとやっとわかりました。


 行政首都・プレトリアを含む新しい地名だというのです。

 もともとプレトリアとは、アフリカの現地語ではなくてヨーロッパ系の匂いのする地名だとは思っていました。


 南アフリカをうっすらとした意識で見つめていると、ツバメの巣に似ていそうだなと思いました。


 巣ワジランドにツワネ(燕)。


 大きな丸い卵が2つ。


 南アフリカ共和国は、北東のナミビアとの境界が経度を使っているために南北に尖っています。


 ツバメの巣もアチコチから尖ったものを持ってきて作ります。


 遠目で南アフリカを見ると、黒人少年が暗闇の中で円い目を光らせて茂みのかかる塀の上から外を覗いている図になりました。


 アパルトヘイトは、デクラーク大統領とネルソン・マンデラ大統領とによって制度としてはなくなったとは言っても、まだまだ黒人と白人との貧富の差は大きく、塀を取り除く課題は残されていそうです。マラソンみたいな苦しい闘いは今後も長く続くに違いありません。


 さて、『ザ・プロファイラー』では、山本五十六をやっていました。


 半藤さんが言うように、私も山本五十六は昭和の軍人の中で、戦争に反対した海軍三羽烏のひとりですから、もっとよく知りたいと思える人ですね。


 録画して何度も寝ながら番組を聴いていたためか、夢の中でいつの間にか私の隣に歳をとった山本五十六おじいさんその人が寝ていました。


 夢の中の話ですが、実は1日中山本五十六おじいさんに同行してアチコチ思い出の地を訪問していたのです。長岡でしょうか?


 アメリカらしい港町も訪問しました。疲れて旅先の旅館に投宿したところでした。


 長い机を挟んで座る、日米交渉の場面に私も同席しているのでしたが、そこはどこかは思い出せませんが、私がよく知っている見覚えのある、ある部屋でした。


 夢の中の山本五十六おじいさんも『ザ・プロファイラー』の自分の番組を、一緒に懐かしく(?)見ていました。自分のことなのに、どこか他人事みたいで客観的に見ている感じでした。


 撃墜死。享年59歳は、私の今の年齢とほとんど同じだということですね。


 ハーバード大学にも留学していたとは驚きです。勝負に勝つ3原則は、面白かったですね。まるでギャンブル奨励みたいな話になりそうですが、第1の原則が私利私欲を捨てることとあるのは、熱くなってギャンブル依存症になるのではなく、冷静さを失わないということなんでしょうね。


 第2には、科学的数学的根拠に基づく判断をすること。


 第3には、勝機を待つ粘り・根気を持つこと。


 冷静に準備することというのは、どこか孫子の兵法にも通じる精神修養が根っこにあるみたいです。


 外交交渉にもトランプを用いたとは面白いエピソードですね。
0

2013/12/11

違憲立法の秘密保護法は、効力がない〜日本国憲法の98条は覚えておかなければなりません。  村のあちこち村おこし

 朝日新聞の海外特派員を長くされている伊藤千尋さんの講演を聴いたのですが、南米ベネズエラでは、スラム街で憲法を売っていたそうです。


 憲法なんて難しいものを一体誰が買うんだろうかと、しばらく待っていたところ、普通のおばちゃんが買っていったそうです。


 追いかけて、
『一体憲法を買って何に使うんですか?』
と尋ねたところ、そんなこともわからないのと怪訝な顔をされて、役所に行っていろんな手続きをしたりする時に、はかばかしく進まない場合に憲法の一節を大声で読み上げるんだという答え。


 昔、蜷川京都革新府知事の時によく言っていた
『憲法を暮らしに生かそう』
とはこのことですね。


 特定秘密保護法が自公政権による強行採決により成立しました。今後の活動に不安を抱く人もいるかもしれません。


 しかし、大局的な安心をしてもらいたいのは、秘密保護法とは、そもそも日本国憲法に違反した法律だということです。


 その根拠は、ひとつには国民の『知る権利』を侵害し、2つ目には『言論・表現の自由』などの国民の基本的権利を破壊している点、そして3つ目には、国家安全保障会議(日本版NSC)の設立と一体で『戦争への道』を進めるという点で、平和主義に反しているということです。


 政府が勝手に『特定秘密』を指定するということは、【国民主権】の原則に反します。


 どうしても秘密を知りたいと『秘密』に近づこうとすれば、情報漏洩の共犯共謀教唆として厳罰を加えるとは、憲法無視も甚だしい。


 水戸の黄門さまではないけれど、
『この印籠が目に入らぬか!』
と目の前にかざすような気持ちで、日本人もベネズエラのおばちゃんに倣って日本国憲法を持ち歩く必要がありますね。

 実は私は、日本国憲法を持ち歩いています。


 【赤旗手帳】です。日本国憲法の条文を折に触れて確かめることができます。

 98条には、確かに違憲の法律は『効力を有しない』と、書いてあります。


 すなわち、
『この憲法は、国の最高法規であって、その条項に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。』

 と書いてあります。


 98条は【吸盤】と覚えましょう。戦争に駆り出す赤紙が来ても、足に【吸盤】をつけて一歩たりともたじろがずに戦争に行かない決意をする時になりました。
1

2013/12/11

団塊世代の大量退職時代〜どう地域で活かすか?  村のあちこち村おこし

 http://orange.ap.teacup.com/tajima/


 最近とかく熊日の新聞種になる西原村議会です。私のこのブログは議会報告のスピード版でもあります。


 さて、熊日によれば、徳富蘇峰関連の資料展示が、来年の2月2日まで、世安町の熊日社内に設けられている<新聞博物館>で行われているそうです。


 <新聞博物館>は、全国でも数少ないものです。


 ひょっとして、熊日の社内にあるということから、なんとなく熊日社内だけの自己満足的な展示がなされているのだろうかという世間の思い込みがあるかもしれませんが、実は私も一度行ってみたことがありますが、日本の新聞ジャーナリズムとはいかなる歴史と伝統があるのかという、広い意義がこの新聞博物館にはあるなとその時に感じました。


 それは、この熊本こそは徳富蘇峰を先頭にジャーナリズム界に人材を輩出していったことで、日本の民主主義の骨組みを作っていった点で、薩長土肥にまさるとも劣らない貢献をした地なのですから。


 私たちが、この熊本に根づいている言論で立つという伝統を、今日に生かすためにはどうしたらよいのかをじっくりと考えてみる機会が、NHK大河ドラマ【八重の桜】をきっかけにして、生まれたことは歓迎しなければなりません。


 今日ただいまの瞬間は、言論の自由を脅かす特定秘密保護法を、安倍晋三自公政権が強行採決に次ぐ強行採決で正面突破したばかりです。

 今回の展示には、神奈川県にある徳富蘇峰記念館の協力も得ているそうです。

 言論表現の自由を守れの声を、この熊本の地から高らかに巻き起こそうではありませんか!


 よくも悪くも徳富蘇峰は、明治・大正・昭和の日本の歴史そのものであるかのような巨人であることは間違いありません。


 言論表現の自由を守るためにも一度時間を見つけて訪問しなければと思います。


 祝祭日・日曜と年末年始は休館です。問い合わせは096−361−3071語呂合わせで(寒い見れない)です。


・・・……・……・

 医療費の削減。


 早期発見早期治療がそのための鉄則です。


 特定検診を受けない人の理由として、病院に治療で通っているからという理由が多いとのことです。


 実はかく言う私自身が、くわみず病院に通院していて、血液検査などは毎月1回必ずしてもらっているからと、村が実施している特定検診を受けないできました。


 ですから、特定検診を受けたがらない人々の心理は身をもって知っています。


 病院の検診項目の一覧表に、自治体が行う特定検診項目をあらかじめ太字表記などしてあれば、病院での検査の際に何をつけ加えて検査を受けたらよいかとわかって、受けやすくなるのではないでしょうかね?


 機会があれば病院に提案してみようかと思います。


……・……・……・

 団塊シニアを活用しよう…という昨日の<クローズアップ現代>を見ました。


 65歳定年から60歳定年と様々ある現代です。


 2013年−1945年=68年。戦後に生まれた団塊の世代がすでに大量退職して次々と会社生活から脱け出している時代に突入していますね。


 働けるうちはいつまでも働きたい〜生き甲斐を見つけたいというのが、一般的な気持ちであろうと思います。


 私もいつの間にか60歳。


 ボランティアと言えば、週に一度の小学校を訪問しての【絵本の読み聞かせ】。


 これは広く呼びかけたら、本当はもっと人が見つかるかもしれません。


 もうひとつ、菊陽病院のぞみ会の部屋で月に一度ほどのゆっくりしたペースで、パソコン入力入門教室をやっています。


 もっと工夫して人材を求めていけば、これも必ず退職して暇をもて余している誰かが協力者として現れてくれるかもしれません。


 ボランティアも人探しが必要です。ブログを利用して人探しをしようにも、見てくれている人は、おそらくご近所さんは極めて少なく、なかなか難しいかもしれません。


 フェイスブックやツイッターなどのSNSが強いでしょうね。


 私にはハガキ書きという、ネット時代には原始的とも思われそうな、他の人にはない特技、いわば十八番(おはこ)があります。


 たまたませっせと年賀状を書かなければならない時期でもあり、心当たりのあるシニアネット参加の知人にハガキで協力を呼びかけてみましょう。
0

2013/12/10

泉田洋一議員に対する辞職勧告決議案  村議会

 今日、定例議会の初日の12月9日、先月に引き続きまたまた同じ人物に対して辞職勧告決議が全員賛成で上がりました。


 このところ、議会欠席が続いていた泉田洋一議員が、久しぶりに出席しました。


 最初の方で議員辞職を坂梨公介議長に申し出たと言っていましたが、坂梨公介議長への不信任決議案が採択されたのを見て、辞職を撤回しました。

 先月の議会で採択された議員辞職勧告決議を、坂梨公介議長は欠席していた泉田洋一議員に対して、決議文を郵送するのを議会事務局が準備したのに決済印を捺さなかったために送れず、1ヶ月も本人に届いていなかったことが明らかになりました。


 まことに怠慢なことですが、泉田洋一議員との友情から口頭で伝えたのでいいだろうと思ったなどという坂梨公介議長の話にはあきれました。


 決議文の一字一句をじっくりと読んでもらわなくては、議会がどのような主旨で辞職勧告決議を採択するに至ったのかがわからないことになります。


 甚だしい職務怠慢と言わなければなりません。


 そこで宮田勝則議員提出、上野正博議員・西口義充議員・中西義信議員・山下一義議員が賛成議員になっての、坂梨公介議長に対する議長不信任決議案が提出されました。


 結果は、村上貞廣議員と泉田洋一議員の2名が反対、その他の7名が賛成の賛成多数で採択されました。

・……・……・……・……・……・……


<泉田洋一議員に対する議員辞職勧告決議は、以下に示す通り>

・……・……・……・


 泉田議員に対する辞職勧告決議については、去る11月11日開催の臨時会において、決議案が全員の賛成により可決されたところである。


 しかしながら、泉田議員は、この決議を無視するとともに、公器である新聞社の取材に対して、「辞職せず(議会や村と)戦う」との発言をするなど、村民を愚弄した態度を示し、また、自らのこれまでの所業を省みることなく、辞職せずに今日に至っていることは、誠に遺憾に思うところである。

 同僚議員として、至極残念で、悲しくもあり、村民に対して申し訳ない気持ちで一杯である。


 また、対外的にも西原村議会が軽んじられることでもあり、大変恥ずかしい思いをしているところである。


 このような態度は、村民の負託を受けて村政に携わっている議員として、あるまじきことであり、許し難く、先般の辞職勧告決議においても指摘されたように、議員リコール(解職請求)に値するものと言わざるを得ない。


 更には、こうした振る舞いに対しては、議員としての資質が問われる以前の問題として、大きな疑問を持つところでもある。


 泉田議員が、このまま議会にとどまることは、議会の混乱が一層深まり、村政の停滞を招き、村の発展を阻害する大きな要因になることが危惧され、村にとって不幸な事態である。


 したがって、村議会としては、泉田議員が自らの良識に基づき、再考のうえ、直ちに議員を辞職されることを再度勧告する。


 以上決議する。


 平成25年12月10日
 熊本県阿蘇郡西原村議会


・……・……・……・


 上記議員辞職勧告決議は、提出者…西口義充議員・賛成者…宮田勝則議員・林田直行議員・山下一義議員で提出されました。


 11月の議員辞職勧告決議は、再度泉田洋一議員に向けて議場で読み上げた上で、郵便で発送することになりました。
0

2013/12/10

オードリーの最晩年の地・スイスは、お母さんのおっぱいに吸い付く赤ちゃんの安心した顔に見える…平和の国  村のあちこち村おこし

 最晩年のオードリー・ヘップバーンは、永世中立の国・スイスにありました。


 改めてスイスの国を、レマン湖のあたりを頭にして見つめていたら、なんと飢餓に苦しむソマリアの赤ちゃんの横顔に見えてきました。


 オランダの方を安心した顔で見上げながら、お母さんのおっぱいに吸い付いている赤ちゃんです。


 4歳から16歳まで、オランダでの少女時代、隠れ家で飢餓に苦しみながら暮らしたオードリー。戦争を憎んでいました。ユニセフに助けられた記憶。


 ドッティ氏と2度目の結婚をして暮らしていたイタリアが、急に治安が悪くなってきたのを機に、スイスに移住しました。スイスは安心の国だったようです。


 スイスの全体をイタリアの方から目を薄めて見ていると、乳を吸われながら目を細める山羊に見えてきました。


 次に、フランスに近いジュネーブやレマン湖のあたりだけを区切ってみたら、ちょび髭を生やした鼻のアインシュタインの横顔になったではありませんか。


 驚きました。実際に若き日のアインシュタインが特許局に就職していたのが、スイスでしたからあまりにもうまくできすぎです。


 享年63歳で大腸ガンで亡くなる直前まで、ユニセフ親善大使としてアフリカのソマリアの飢餓に苦しむ子どもたちのために働いていた優しさ。


 松下奈緒さんが伝えてくれた1993年までのオードリーの生涯でした。


 いつの間にか20年にもなるのにいまだに世界中の人々から愛されています。

 私が記憶するのは、テレビで見た『ローマの休日』です。名演技だったあれがオードリーが世に出た初演だったとは知りませんでした。


 背景にハリウッドの映画界に赤狩り旋風が吹き荒れていたとは、後でおぼろに知りました。
0

2013/12/9

明日から定例議会です。  村のあちこち村おこし

 中国が尖閣諸島上空に防空識別圏を設けたことに関連して、中国人民解放軍を管轄する中国共産党対して、日本共産党の幹部が直接中国に乗り込んでいってものを言うべきだと思います。


 さて、明日からいよいよ定例議会で、16日には一般質問の番です。


 菊陽病院のぞみ会会報の新年号にも、挨拶文を投稿しなくてはなりません。


 拙文が掲載されるという機会が与えられること自体はありがたく名誉なことではありますが、不器用な私にはなかなか右から左へとはいかず、頭を叩いています。


 年賀状を書いていって、筆に勢いをつけてから挨拶文にはかかろうかなと思っています。


 阿蘇広域事務組合議会の一般質問もファックスと郵便で、阿蘇市跡が瀬の事務所に届けなければなりません。


 今回は、

● 老人施設での介護職員へのいじめや暴力などはあってはならず、予防措置としてどのような対策を考えているか? 
● 成年後見制度についての学習会研修会などを開いて、制度についての認知度をいかに高めていくのか。


 身寄りが少ないお年寄りが、財産やさまざまな法的な問題に直面して不利にならないようにしていくにはどうするかについても問いたいと思います。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ