한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2013/12/19

新年は馬の年。12月の国際障害者権利条約が批准されて、いよいよ跳馬の年です。  村のあちこち村おこし

 障害者権利条約がついに国会で批准されたのは、去年12月のことでした。蛇年ののたうちのように粘り強い執念のような運動の結果、ついに実ったのです。

 明けて今年は午(ウマ)年。馬の跳躍または跳馬のイメージでいきましょう。オーストリアのウィーンでは馬の調教を屋内で見学できる施設があるようです。


 近頃の精神保健福祉の分野にお世話になっている私たち家族というのは、医療の分野は入院期を短く終えて、地域での福祉の分野に早めに移行することを良しとする時代に移行中です。


 となると、病院家族会でありながら、障害者の権利にも目覚めなければならないと思います。


 つまりそうなると家族も医療だけでなく、福祉の勉強もしなければならないことになります。


 例えば、親なき後にこの子はどうなるのか→そこに、成年後見人制度の出番があります。これを勉強しましょう。


 当事者も確かに精神の病を得てはいても、すべてを悲観的になるのではなく、身体の健康を保つ習慣も持たなければなりませんね。


 統合失調症の回復期の人が、フットサルをやっているという話もあります。


 精神の治療を受けている段階から精神障害者の段階と、違いはあるかもしれませんが、人間として前を向いて歩いていきながら成長発達する可能性を伸ばしていける社会こそが、精神の障害者の権利確保の目標ではないかと思うのです。


 皆さん!跳躍の午(ウマ)年にしていきましょう。
0

2013/12/19

グナワ音楽の力→民医連雑誌・【いつでも元気】でモロッコの音楽療法を紹介しています。  村のあちこち村おこし

 音楽療法といえば、いかにも現代風に聞こえますが、実は昔からモロッコでは普通に行われていた伝統療法だったんですね。


 オキシトシンという名の、西アフリカ沖合いの理想郷・カナリア諸島を連想させそうな女性ホルモンの一種があるらしい。


 今朝のNHKで聞いたばかりの受け売りです。


 これは、母乳を与える女性の血液中に分泌されるホルモンらしいのですが、うつ病治療としては、世界で初めての投薬なんだとか。


 オキシトシンは、たった効果実績はたった7%だったとは言っても、人とのコミュニケーション能力を助けてくれる初めての薬なんだそうです。


 モロッコの話は、サハラの南から戦利品として連れて来られた黒人が、伝統的な楽器を使って、人々をトランス状態にして、病をからだから追い出すと信じられています。


 オキシトシンは人とのコミュニケーションを促す作用がうつ病に治療効果があるのと同様に、ある種の反復や陶酔がやはり、ある種のホルモンを血中に分泌されていないかどうか、調べてみるのもよいかもしれませんね。


 それにしても、サハラの北側にあたるモロッコという地には、最初から黒人がいた訳ではなくて、イスラム教徒たちが戦争をやって負かされた方のサハラ以南の黒人を奴隷として連れてきたという歴史があったとは、初めて知ることでしたね。


 アフリカは九州にも似て、ひとつではなくて、実はアフリカというのはひとつひとつなんですね。
0

2013/12/19

ネット活用と消防局  村議会

 阿蘇消防メールは、asosyoubou119@aso.ne.jpとなっていることを、阿蘇広域行政事務組合消防本部のホームページを開いて知りました。


 今回、阿蘇の消防体制が高度情報化するにあたり、ネットやデジカメを用いたスピード感のある情報の集約態勢に飛躍することが求められるだろうと思います。


 まずもって感じたことは、asosyoubou119@aso.ne.jpなどとメルアドが長たらしいことです。119@aso.ne.jpなどと、誰でも簡単に覚えられるアドレスに変えるのが望ましいのではないかなと思いました。


 欲を言えば、全国的にシステムを共通化して、例えば119@などと誰でも覚えなくてもよいアドレスを打てば、全国どこへ行ってもデジカメ写真で災害状況などを送信できるようにできないか、技術的にはどのような困難があるかわかりませんが、よそはどうしてるのかを見てみようと思います。


 デジカメ写真を送信したら即座にGPS機能と連動して、位置情報のプロット化も可能なようにするのはどうかなと、素人考えですが…。


 東京消防庁のホームページを見たら、そこにツイッターとフェイスブックのアイコンがあり、またQRコードも表示してあります。


 最近はスマホで災害情報を受信したり、防災呼び掛けを視聴する人も増えていくものと思われます。



 ケータイの位置情報が把握されること自体は、プライバシー保護の観点から慎重であるべきかもしれませんが、緊急な災害・火事・事故・病気の場合の119送信は例外的な適用とするのは可能かと思うのです。


 消防のサイトは字が小さすぎますが、これは改善できないものでしょうかね。


 熊本市の消防局のホームページを見たら、字の大きさは普通でした。


 東京消防庁のサイトは【緊急メール通報】を扱っています。


 これは誰でも送信できるというものではなく、あらかじめ登録を要します。


 聴覚障害者など、音声を使っての119通報が困難な人に対する補助手段で、消防車や救急車の要請ができるというものです。


 確かに不特定多数がメールできるとなると、いたずらもあり得るだろうし、数がこなせない心配もありますからね。


………・・……・・……・・……・・…

 菊陽町のある病院は、ネット利用の予約システムを導入していることを知りました。


 これは、民医連関連の病院ではありません。


 まだ全国ではそれほど普及はしていないようです。


 便利なもののようですから今後研究してみる価値はあるかもしれません。


…・・……・・……・・……・

 今朝のNHKの九州沖縄の話題で、佐賀県武雄市と大分県の豊後竹田市・豊後大野にかけての奥豊後で行われている、韓国済州島から始まった、田舎のウォーキング運動です。


 九州では、佐賀県の武雄市と上天草市の維和島が有名ですが…大分県の豊後竹田市と豊後大野市にかけてが、連係してオルレに取り組んでいる状況を映していました。


 それを見て、西原村の鳥子から南阿蘇村の立野峡谷までの道を散策するオルレは考えられないかなと思いました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ