한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2013/12/21

カレンダー付きの世界地図は持ち歩こう  村のあちこち村おこし

 ちょうどよかった。


 世界地図を見るのが大好きな私に、カレンダー付きの世界地図を、家族会のある方が下さいました。


 北極海や南極大陸、アフリカ大陸などあまり日頃見かけない地方の地図を、よくよく見つめて頭に入れようと思います。


 便利なことには、世界遺産に登録されている地名や、都市の名前、山脈や河川の名前、それに国旗も表示されていることです。


 これは石油系・アルコール系と、いろんな種類の工業用洗浄機の会社が作成したもので、回り回って私の許にきた訳です。


 コンゴ民主共和国は長い鼻を大西洋に伸ばした巨像の頭に似ていますね。


 この巨象は、ザンビアを前足に、モザンビークを後ろ足にして、ウガンダ・ルワンダを耳に見立てるのです。

 すると巨象が後ろ足でたちあがって怒っている姿になりました。


 なぜなら、象の牙を採ろうとして密猟が行われているため、絶滅の危機にあるためです。


 ここにも中国の影が及んでいます。


 ところで《石油系》で思い出しました。


 先日熊本市内の東光石油だったと思いますが、燃料給油スタンドの会社が、軽油に廃食油から精製したバイオディーゼルを5%だけ混ぜて売ることになったと、熊日がその社長の顔写真入りで報じていました。


 これは、地域で熱心に廃食油の回収運動をやってきたボランティア運動にとっては朗報ではなかろうかと思います。


 二酸化炭素排出を少しでも少なくしようという運動を促進することになりますね。
0

2013/12/21

災害情報をいかに収集・発信するか…阿蘇市が全国初の取り組み  村のあちこち村おこし

 私は、災害時などに、消防車や救急車を動員する役割を担っている、阿蘇消防局を管轄する『阿蘇広域事務議会』の23人の議員のひとりです。


 25日にその議会に出て行って一般質問をすることになっています。


 たまたま今回の質問の中に、消防局の職員の中に救命救急士の養成に力を入れて、救命率を少しでも高めるようにしてはどうかというのを入れていました。


 災害対策に、東京消防庁がやっているように、ツイッターやフェイスブックなどのネット活用を検討してはどうかという質問は、次回のためにとっておこうかと考えていたのですが、20日付けの熊日県北版に、
【災害情報 ツイッター活用】と題して、阿蘇市で全国初のツイッターとスマホを活用した災害情報の収集・提供システムの運用実験を実施したとのニュースが出ていて、質問の先をいかれたと感じました。


 でもよく読んでみると、これはあくまでも阿蘇市の取り組みであって、1市3町2村を対象とした阿蘇広域事務組合の消防局としての話とは違います。


 阿蘇市が実用化実験をされましたが、どのような関連と共同体制を構築するかという問題は依然として残りますから、やはり次回の質問項目としては、ありうることだなと思い直しました。


 ・・……・・……・・……・・……・・

 以下は参考のために、熊日報道からの引用をさせて頂きました。


・・……・・……・・……・・

 災害情報 ツイッター活用

 国が全国初の収集・提供システム

 阿蘇市で運用実験

 土砂災害対策などを研究する国の国土技術政策総合研究所(茨城県つくば市)は18日夜、阿蘇市役所で短文投稿サイトのツイッターとスマートフォン(多機能携帯電話)を活用した災害情報の収集・提供システムの運用実験を実施した。

 同システムは全国初の取り組み。各地の雨量や土砂災害危険度情報と、ツイッターでつぶやかれた災害発生状況などを地図上に一元表示、住民の安全な避難に役立ててもらう。


 実験には昨夏の豪雨災害を経験した市職員や消防団員など約30人がモニターで参加。参会者は「ツイッターの投稿内容が事実かどうかの判別が難しい」「道路情報を追加してほしい」などの意見を出していた。


 同研究所砂防研究室の蒲原潤一室長(45)は「災害対応に当たった人の意見を参考に、情報の種類や見せ方を精査し、早期の実用化を目指したい」と話した。

   (植木泰士)

…・……・・以上引用終わり……・・……・・…


 このシステムはまだ実用化には至ってはいないにしても、いずれ実用化はするでしょう。


 このシステムはツイッターなどでつぶやかれた内容を…民間レベルの対応でプロットするもののようです。


 119通報する前の段階の呟きをうまくキャッチしようとする試みのようです。


 それもいいかもしれませんが、私はやはり東京消防庁がやっているように、正規に119消防局にツイッターやフェイスブックの受け皿を設けておく方が本来の姿だと思うのですがね。


 いずれにしても、民間の災害表示もできるのであれば、消防局としてもそれを常時閲覧できるようにしておくなど、横の連絡をいかにスムーズにやっていけるようにしておくかがカギだろうと思いますね。
0

2013/12/21

スーパーアースの水準で考えれば、南米などは道半ば…近い方だという感覚になりますね。  村のあちこち村おこし

 白鳥座51番星は、木星型のガス惑星が公転周期たった4日で回っているという驚きの発見がありましたが、これがケプラー宇宙望遠鏡が白鳥座に目をつけた理由なんでしょうね。


 くじら座のタウ星は、地球の2倍から6倍の岩石惑星を5個も引き連れていて、そのうち2個がハビタブルゾーンにあるんだそうです。


 その水準で見ると、火星なんて原始惑星のままで…タウ星の5つのスーパーアースと比べたらずいぶん小さいなあと感じました。


 タウ星の、地球の2倍の惑星はハビタブルゾーンに入っているんでしょうか?

 まあ2倍ぐらいだと、小錦関を思い浮かべながら、陸上生物の骨格も重力になんとか耐えられて、海の生命が両生類となってノシノシと陸地に上がっていけるかもしれませんね。

 その水準なら、日本から見て地球の真裏で最果ての地の印象だったブラジル・アルゼンチン・チリなども、まだまだ道の途中に過ぎないと思えてきますから不思議なものです。


 でも重力が強ければ強いほど、大気の層も厚く空気抵抗も大きくなりますから、風力発電はたっぷりできるのはもちろん、もしかしたら人間も平泳ぎの格好して空を泳げるかもしれませんね。ピーターパンみたいに。


 天女の舞いのイメージは、案外タウ星に起源があったりしてね。


 物理の法則的にはどんなでしょうか?

 原始惑星が何回も何回も衝突したからこそスーパーアースがあるんでしょうから、自転の速さがと地軸がどんなになっているかですね。


 タウ星のスーパーアースが、地球の月みたいな、自転軸を安定させる衛星を従えていればよいのですけれどね。


 スーパーアースの衛星も意外と大きくて、水と大気が存在していたらそっちの方も生命が誕生しているかもしれませんね。


 こんなことがわかってきたのも、つい数年の間ですから天文学は今、コペルニクス的な大革命期にあるようで、来年が楽しみです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ