한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2013/12/27

マトベイ・ブロンスタインは宇宙の秘密に挑戦していた旧ソ連の天才でしたが…スターリン恐怖政治の犠牲者  村のあちこち村おこし

 安倍自民党総理が、昨日靖国神社に参拝したことに、強い抗議の意思をここに示します。


 靖国神社を参拝して何が悪いんだと思う人もあるかもしれませんが、靖国神社全体が、戦争肯定のテーマパークであり、特に先の大戦がアジアの植民地からの解放を目的であったとの主張をしている神社ですから、世界各国の人々から反発をされるのです。


 《靖国神社》を英語で言えば《ウォー・シュライン》となります。


 神社自体が先の大戦を肯定し、自存自衛の戦いだったとかアジアを植民地から解放する戦いだったとかと正当化した展示がなされています。


 つまり、戦争テーマパーク的です。


 A級戦犯も祀られていますが、その事実はたまたまのことではなくて、靖国神社の性格上それは必須・必然の行為だと私は受け止めています。


 アメリカでさえ失望を即日表明していることを重く受け止めるべきです。


 中国や韓国との外交関係を作り出したり、深める外交努力を最初から自分から投げ捨てた態度の表明だと受け止められる暴走です。


 安倍自民党政権の後ろに、戦争の影が見え隠れしています。


 ナチスが、国民がよく知らないうちにワイマール憲法をナチス憲法に変えたことに学んではどうかと、麻生太郎副総理が言っても、罷免もせずにいるのが安倍自民党なのです。



 安倍政権は、集団的自衛権行使の容認に向けて、内閣法制局長官の首をすげ替えました。


 世界の孤児になってもかまわない…とばかりに暴走する自民党にストップをかけなければなりません。


・・…………・・…………・・…………・・


 さて、現代物理学は、神の設計図を数式で求めて、ビッグバンやブラックホールに…はては他の宇宙の存在可能性にまで肉薄してきたとは…


 《超弦理論》とは、名前からして不気味ささえ覚えます。きっと難解なんだろうと…


 でもこれまで断片的にニュースで聞いていた内容が、パズルのピースを少しずつはめていくようにつながってきました。


 《神の数式》という4回シリーズは、録画しました。日本人が朝永振一郎や南部陽一郎など何度か登場していることは、湯川秀樹いやそれ以前から培われてきた、脈々と流れる日本の理論物理学の厚みには誇りを覚えると同時に力づけられもしています。


 イギリスのオックスフォードにも、ニュートン以来の知の伝統が連綿と牛(オックス)のように存在しているようで…


 イギリス人のことをジョンブルと言うらしいのですが、ブルもブルドックというぐらいなので、やはり《牛》みたいな人というイメージでしょうか?


 ロンドンのあたりは、東向きの《牛》に似ていないこともありませんね。


 いやいや巨大な羽を伸ばして飛んでいるトンボか蛾のようでもあります。


 そのオックスフォードのディラック以来、電磁気を表現するが数式に、対称性《美》があることを発見したことが発端になって、その後対称性《美》を求めて続けてきたのがその後百年の現代物理学の進歩の推進力だったことはよくわかりました。


 数式が長々と黒板に書かれているのを見たらこれからは、《なんとデラックスなんだろう》と思わなくてはなりませんね。


 現代物理学は、微分だとか積分の記号はたくさん出てはきますが、極端な話、机に座ったままひたすら紙と鉛筆とで計算し続けていても業績をあげることのできる、科学の中の唯一の分野かもしれませんね。


 それも宇宙の始まりだとか終わりの話はもとより、この宇宙がどのように設計されてできたのかというような《神》の領域にまで踏み込んでいく学問という点では、この上なく規模が大きく、なおかつ哲学的です。


 旧ソ連のマトベイ・ブロンスタインという、孤独だけれど優れた現代物理学者がスターリンの暴虐に、殺されてしまったという悲しい事実が告げられました。

 私はせめてマトベイ・ブロンスタインという名前をしっかりと覚えて追悼したいと思います。


 《窓辺のブロンズ像》


…・・…………・・…………・・…………


 アメリカの東海岸を見ていたら、ふと《二時だろうか》と思いました。


 というのが、ニューヨーク州の細長い島(ロングアイランド)が時計の短針に見えてきたのです。


 手を差し伸べているような形をしています。


 ちょうど2時だろうか?それとも3時だろうかというような微妙な傾きをしています。


 都合のよいことに《ニュージャージー州》(二時だろうか)になっています。


 対してメリーランドのあたりの半島は天使の翼のようで、長針だとすれば、ロングアイランドの短針と合わせて時刻は《2時半》になります。


 これでニュージャージー州の位置は《2時やろか》で、しっかりと頭に入りました。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ