한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2013/12/31

ボルゴグラードは元スターリングラード。自爆テロは何のためでしょうか?  村のあちこち村おこし

 大晦日の今日で2013年も終わります。皆さんは今日はどんな年越しの予定ですか?


 私は、NHKプレミアムで【風とともに去りぬ】を録画しました。


 大変有名な大作ですが、全部見るには忍耐が必要です。でも1939年の作だったとは驚きです。日中戦争の泥沼の最中だったんですね。


 さて話は変わり、自爆テロが起きたというボルゴグラードとは、昔のスターリングラードですね。

 ソチオリンピックは大丈夫かと心配になります。


 昔習った世界地理の感覚では、ボルゴグラードはロシアの大地のど真ん中にあると感じていたのですが、現代のソ連崩壊後の地図を見たら、ロシアとしてはウクライナとカザフスタンに挟まれた、隘路みたいな地域の真ん中になりましたね。


 冬季オリンピック会場となっていて、浅田真央さんのフィギュアなどが期待されている、保養地のソチは、今やグルジアとの国境に近い町になっていて、時代の変遷を感じさせられます。


 ちなみにチェルノブイリはどこかと探してみたら、ベラルーシとの国境に近いあたりに見つかりました。


 ウクライナの国土を蛙に見立てたら、その背中のあたりで、ドニエプル川を遡ってキエフ湖の上流でした。


 原発は通常海岸沿いに作られることが多いのですが、チェルノブイリはどうして内陸部にあるのでしょう?


 恐らくはキエフ湖の水を冷却に使うことにしていたのでしょう。


 ドニエプル川から黒海に注ぎ、地中海へと放射性汚染水は流れていくはずですが…


 さて、2014年はどんな年になるかを、私はテンキー占いをしてみました。


 と言っても科学的根拠は全くありませんが…


 ケータイのテンキーで【2014】と入力した時に、何かを暗示した絵が出てきていないかと…こじつけ的な占いです。


 まずまん中を垂直に下り、次に左側に少し雨垂れ。そんな【2014】の動きを、私は漢字のニスイまたは『ひょう』と見なしました。


 つまり氷です。ちなみにサンズイは【水】の意味です。


 【寒】【冬】などの点々の部分が、氷を意味しているそうです。


 ニスイがある漢字は、【凍】【冷】などがあります。


 したがって、【2014】から暗示されるイメージは、地球温暖化ではなく、寒冷な気候で冷夏です。農産物不作による飢饉になりはしないかと心配になります。


 TPPなどもってのほかだということが、骨身に沁みる年になるのではないかと予想するのです。
0

2013/12/31

カナダのユーコン準州にはホワイトホースがある。ターンクワチャン。宇都宮健児さんもターンしたら先頭に  村のあちこち村おこし

 東京都の宇都宮健児さんが書いた本が、【大丈夫、人生はやり直せる】です。急遽書評が出てきましたね。


 元日弁連会長です。現在の経済生活の中でどん底を味わっている人も、大丈夫、もう一度やり直せると励ましてくれているように【反貧困】をテーマでやってきた人生を書いているそうですから、読んでみたいですね。

 実は、宇都宮健児さんは熊高健児だったとは、熊日で知りました。


 東京と熊本を結ぶ人生を描いているのですから、東京都の熊本出身者は人生を考えていく上での必読文献になりそうですね。


 図書館にも備えて、絶望している青年に読んでもらいたいものです。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ユーコン川は全長3000キロもあるんですね。カナディアンロッキーの麓から始まって…はるかアラスカのベーリング海まで流れているとは…日本列島の長さに達しようかという相当遠い距離ですね。


 ホワイトホースは…日本語で言えば白馬。きっと山の雪が、雪融けの時期には白馬の形になるんではないでしょうかね。


 でも、アラスカ全体を馬の頭に見立てたら、ホワイトホースは、口輪から手綱をつなぐあたりになります。


 ユーコン準州とは、馬が食事をする時の三角巾みたいに見えますが、首ったまに取りつく手綱と見ることもできます。


 馬の手綱を引きながら見回すあたりの雪原と氷河の、真っ白い風景は、勇渾(ユーコン)そのものに違いないでしょう。


 ユーコン川の長い距離をさかのぼる魚は、川の流れのような魚の人生を経て、丸々と太って重くなります。


 最上流域に、ターンクワチャンという地名が見えますが、魚の人生もターンを迎えます。


 人生もいつも2番手に甘んじていても、決して腐らずに頑張り続けていれば、一斉にターンをする場面に来たらどうでしょう。


 先頭が2番手になり、2番手が先頭にクワチャンと躍り出るのです。


 人生には冬季オリンピックのショートトラック競技のように、くるくると順位が入れ替わることがありうることを、【ターンクワチャン】は教えてくれています。


 これで【ターンクワチャン】という地名がしっかり頭に入りましたね。


 熊日連載の『世界の川物語』から空想を拡げました。この連載は、いろいろと連想しながら読めば、行ったことがないところに連れていってくれますね。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ