한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2014/5/31

台湾の高雄空港から、西原村隣接の空港に臨時便が飛来するならば、ホームページも繁体字対応にしては…  村のあちこち村おこし

 全国の自治体のホームページをあちこち閲覧してみますと、かなりの割合が英語・韓国語・中国語の3言語対応になっています。


 スペイン語・ポルトガル語対応などは珍しい。


 対応の内容もホームページまるごと自動翻訳サービスによって、読めるようにしたものだとか、一部観光情報だけを翻訳してアップしたものだとか様々です。

 自動翻訳だと、この私のブログのように、全文読むことが可能です。


 行政の場合は、公式ですから、無料サービスを利用するというような訳にはいきません。やはりきちんと契約を結ぶ必要があります。


 お金はかかっても、その自治体ホームページからリンクした、商工会だとか観光推進協議会などの二次的なサイトも、リンクをたどって読み取りが可能なんではないかと思うのです。


 それは確認しなければなりませんが…


 もしそういうことなら、阿蘇郡市の6市町村が連携して、英韓中以外の言語である、スペイン語・ポルトガル語・ロシア語・フランス語・ドイツ語・ベトナム語・インドネシア語・ヒンズー語・タイ語・アラビア語…など、ひとつの自治体ごとにひとつの言語を分業担当して、自動翻訳サービスを契約するようにしたら、例えば阿蘇全体の情報が、多くの言語から読めるようになるのではないかと思うのです。


 例えば、南小国町は数十年ほども相互ホームステイに取り組むなど、伝統的に【ヒゴタイ交流】を続けています。


 これはヒゴタイという希少な薄紫の花を咲かせる植物にちなんで始まったのかもしれませんけれど…


 タイの人が、阿蘇のことを知るには、南小国町のホームページがタイ語対応は任しておけと、アイコンをクリックするようにすれば…


 とか、西原村は、隣接の空港に台湾からの来訪者が増えるのを見越して、西原村のホームページは繁体文字の翻訳サービスとの利用契約をして、台湾の人との対応は任しておけという入り口にする…というような分担です。


 この方式がうまくいくなら、天草だとか、人吉・球磨地方でも挑戦してよいのではないかと思うのです。
0

2014/5/31

ノーベル平和委員会が受理した日本国憲法9条  村のあちこち村おこし

 ノーベル平和委員会が日本国憲法9条を受理したんですね。


 【ノーベル平和賞】と言えば、誰でも敬意を表するものですし、世界の人々が認識します。


 自国に攻撃を受けた訳でもないのに、他国に出かけて行って、殺し殺される立場に日本の若者を立たせるという、戦争知らずの安倍総理らの姿勢のおかしさを、くっきりと描き出すことになりそうです。


 これは、運動にうまく使う工夫をすれば、効果的かもしれません。


 私はセブンの交差点などでの肉声宣伝で、ノーベル平和委員会が受理したことをこれから言っていこうと思います。


 なかなか肉声だと騒音にかき消されてしまうのですが、【ノーベル平和賞】という言葉の断片が耳に入った瞬間に、ハッとして耳に達するかもしれません。


 土曜日曜は、中学生が部活に参加するために、通って行きますから、私はいつも声をかけています。


 私は宮崎大学で、詩吟部に所属していた時のことを思い出しながら、肉声宣伝をしているのですが、腹筋が鍛えられているような気がするのです。


 羽田空港の売店で雑踏にも関わらず、はっきりと聞き取れる売り子さんの声に近づけたいと思います。


 腹筋が痛くなってきたらそこでやめるようにしています。

 毎日一回から二回、街頭宣伝を習慣化して以来、すでに3ヶ月ほどになりました。選挙が終わるとすぐに止めてしまった以前と違って、苦もなくというよりむしろ楽しく継続できているのは一体何故なのか、考えてみました。


 すると、いつもワンパターンのトークではなくて、楽しい脳トレと位置づけているからだと思い当たるのです。


 例えばノーベル平和賞に関したことだとか、6月定例議会に一般質問の通告をしたことだとか、立野ダムが湛水により、布田川活断層を刺激して、大地震を誘発する可能性があるだとか、昨日やおととい勉強したばかりの知識や、考えたことを訥々とでも話してみると、知識が定着するようです。


 いわばインプットしたことをアウトプットしてみることによって、もう一度記憶を整理しなおすことができるというのです。


 脳トレする一環なんだと位置づけてやっていると、クイズを考えるみたいな楽しさがあります。


 これだと、誰も聞いてなくてもちっとも苦になりません。

 いざ何十人、何百人という聴衆を前に話す機会があった場合の、いわばリハーサルとしての位置づけも可能ですから。
0

2014/5/31

五大疾病とは…【鑑真の東征】で覚えることにしました。  村のあちこち村おこし

 精神性疾患というものは、誰でもなりうる身近な疾病だとして、国際的な保健機構WHOが、【五大疾病】のひとつに格上げしたのは、2年ほど前のことでした。


 【癌・心筋梗塞・脳梗塞・糖尿病・精神性疾患】


 この5つで、頭の音をくっつけて、【鑑真の東征】になります。


 鑑真和尚は、仏教の戒律を伝えるために、日本へ命懸けで渡航した人であって、別に東征した訳ではありませんが、神武東征のイメージとくっつけてしまいました。


 真ん中の3つは糖尿病から派生したもの血管がボロボロになる病気で、ひとまとめにできますので、そうなると私に言わせると三大疾病のひとつが精神性疾患だということになります。


 社会全体の問題として取り組まざるを得ない訳です。
0

2014/5/31

精神科病床大幅削減と…厚労省が方針固めたは昨日29日のこと。家族会総会シーズンに合わせたよう  村のあちこち村おこし

 朝夕の、交差点での宣伝活動は、強い日射と紫外線にさらされながら行わなければならない季節になってきました。


 つい1ヶ月前までは寒さを堪えていたのに…アイスクリームを買って暑さをしのがなければならないとは、体がついていっていない感じがあります。


 真夏日です。


 夜のニュースで、5月としてに中国で気温40℃という驚異的な最高記録だったと言っていました。


 まさに中国がインド並みになりました。ならば当然この日本でも…


 以前より海面上昇の危機が、あまり言われなくなってきた感がありましたが、激変というのは堰を切ったようにある日急にくるものだと私は思っています。


 グリーンランドと南極大陸の氷床が、音を立てて崩れ落ちる日が目の前に来ているような気がしているのです。


 先日の赤旗の小さな記事の中で、南極大陸の氷床が、大きな塊となって流れ出したら、南極大陸周囲の、時計回りの海流に乗ってグルグルと回るが、一番狭くなっている、南米大陸との間の海域にその痕跡を残していることがわかったと紹介していました。


 意外と頻繁に巨大な氷床が流れ出していたらしい。


 それはまた、ひまわり薬局の待合室で読む、科学雑誌・『ニュートン』あたりで詳しい記事が読めるに違いありません。


 以上余談でしたが、麦わら帽子だけでは、帰宅後ぐったりする感じから判断するに、これまで女がするものだと思っていた《日焼け止めクリーム》を、認識をあらためて塗るようにしなくては、到底対抗できないと思いました。


 さて、今朝の熊日に出ていたのですが、全国各地の家族会の総会が行われているシーズンのまさにその時に、厚労省が精神科行政の転換方針を固めたと発表されていました。


 厚労省が、精神科病床を大幅削減していく方針を固めたということです。


 これは、【みんなネット】を中心にして、全国の家族会が運動してきたことの反映だとの側面があるのですが、入院生活が長くなればなるほど、社会に戻れない傾向になってしまうのです。


 そこで、病床を削減してその分、社会復帰をめざすスペースに変換するように、医療機関に迫っていくのではないかと、私は文面から推察するのです。


 先進国の中で、他の国々では一時期病床が多かったのを、方針転換により、どんどん減らしていって、精神を病む人を社会の中に受け入れていく方向に進んできたのが、この30年ほどの変化です。

 なのに、日本だけが突出して病床数が多い状態を継続してきたのです。


 そうとなれば、イギリスのメリデン方式を本気で学んで、社会のシステムの中に採り入れていかなくてはなりません。

 29日の菊陽病院家族会の総会で、
『イギリスのことを詳しく紹介した資料はありませんか?』

と問われて、月刊【みんなネット】の購読者がひとり増えましたが、安い割りに内容がすぐれている【みんなネット】を、もっともっと熟読して購読者を増やしていかなくてはならないなと、改めて思いました。


 この厚労省の方針転換を受けて、今度の6月定例議会に向けて、国に対する意見書が採択できるように準備をしなければなりません。


 家族会の全国組織の《みんなネット》が、全国の議会で意見書が採択されるようにと、はたらきかける運動を呼びかけているのです。
0

2014/5/30

菊陽町のホームページは、自動翻訳サービスを利用して英語・韓国語・中国語で読めるようになっている  村のあちこち村おこし

 昨日は、菊陽町原水5587にある菊陽病院の家族会(のぞみ会)の総会でした。


 菊陽病院は、竹迫踏切際交差点からまっすぐに北に約1キロばかり行った、道の左側の、遠くからでもよく目立つ4階建てです。


 今年からは従来の場所ではなくて、別館の3階が会場になりました。


 どうにか終わりホッとしましたが、今日は阿蘇の地域家族会の総会です。毎日毎日総会続きで疲れます。


 ちょうど今時分は、いろいろな組織の総会シーズンに当たっています。あちこち股をかけて入っている私は、時には欠席の返事を出さなければならないほどです。


 菊陽町役場からも、保健担当の方と議員の小林久美子さんが来賓出席して下さいました。


 会報のぞみの6月号に、総会の報告を書かないといけませんので、時系列どおりではありませんが、思いつくままにあれこれとブログに書いていって、その中からピックアップする形で、だんだんに『報告書』に整えていこうと思います。


 準備の過程で菊陽町のホームページを閲覧したところびっくり仰天。


 なんと英語・韓国語・中国語の3言語対応になっているではなりませんか。


 私のブログも外国語はこの3言語対応にしていまして、県知事や西原村には、自動翻訳サービスを利用して、外国語対応にしてはどうかと提案したことはありましたが、菊陽町が始めていたとは驚きです。


 自動翻訳サービスサイトと連携をもって、クリックひとつにより英語などに全文変換できるのです。


 菊陽町は、加藤清正が白川の洪水対策で改修した際に作ったという、『鼻ぐり井手』というよそには見られない、水路に土砂などが沈殿しない仕掛けがあったり、『さんさん公園』ぐらいしか観光に結びつくものはないかのようにしか見えないのですが、最近商業的な集積ぶりは目を見張るものがあり、県下の熊本市に対抗する副都心化しています。


 外国語対応によって、ホームページから情報を得て、外国人が買い物に来ることもあるにちがいないと思いました。


 わが西原村では、近く台湾の高雄市から臨時便が隣接の【あそ熊本空港】に飛んでくるようになってきた訳だからと、観光推進協議会の総会があった折りに、私は外国語対応を提起してみました。


 すると、まずは西原村のホームページからやってもらうように議員として説得をするのが先ではなかろうか、という話でした。


 どうも最近の中国との領土・航空識別圏問題に端を発して、中国へのイメージがかなり悪化してきた反映ではないかと感じられました。


 それならそうと、中国語に関しては、台湾などで使われている繁体字で対応してもよいではありませんか?


 西原村の観光と言えば、世界にアピールするものは阿蘇のカルデラの中のすばらしさの陰になって、あまり自信がないのかもしれませんで、積極的な答えが戻って来ません。しかし、北海道の雪景色というような、日本人にとってはわざわざ見に行くようなものではないと思っていても、外国人からすれば、意外な着眼から魅力に思われるかもわかりません。

 自然でなくても、政策それ自体も【政策観光】にできるのですから、最初から自分で可能性に蓋をしないことでしょうかね。
0

2014/5/29

人の顔の覚え方→似顔絵→最大のデフォルメ・何か動物に似ていないか→俳句・短歌・川柳の効用  村のあちこち村おこし

 人の顔は、千差万別。しかし目・口・鼻・額・頬・顎・頭の格好など、ほんの小さな長さの比率の違いのバリエーションを、頭の中にインプットしなければならないために、たった今出会った人の顔でさえ、ぼやけています。


 ですから1か月…1年…と経過していけば、ますますぼやけてしまうのは当然です。


 でも似顔絵が描ける人はどうでしょう?あるいは漫画家は?


 そこまでいかなくても、漫画をさらさらと描ける少年少女は…手という運動野を使って顔を解釈するため、より特徴を捉えて記憶できるかもしれません。


 政治家を風刺する漫画家は、思いっきりデフォルメすることでその人らしさを捉える才能があるようです。


 朝ドラの【花子とアン】の中で、未来の夫と思われる山岡さんが、主人公のハナに対して、南米の珍獣ナマケモノに似ていると言って喧嘩になる場面がありました。


 私は、その人が何か動物の顔に似ていないかなと考えてみることにしました。


 私が小学生の頃は、時間が非常にゆっくりと流れていたような気がしていました。総理大臣といえば佐藤栄作時代が永遠に続くのではないかと、飽き飽きした思いで新聞を見ていました。


 しかし今となっては、はるか50年も前のことになってしまったことでしょうか、それから何人総理の顔が替わったでしょうか。


 でも小学生の頃に、草むらをキチキチと跳び跳ねるバッタを捕まえて、じっくり顔を観察した場所を、強い日射とセットで思い出すことができます。


 バラバラの記憶をいくつかまとめて、セットにして頭の中に整理しなおして収納するのは、俳句・短歌・川柳に親しんでいる人が得意とするところではないでしょうか。


 私は最近、新聞に出ている川柳であっても、一流の選者が選んだものですから鑑賞にたえる水準で、少しずつでも読んで味わってみないと損かもしれないなと思いました。


 自分自身の頭の中に蓄えてある記憶をいくつか引き出して、ひとまとめにくくって引き出しやすく整理する効果があるようなのです。


 その引き出しも、錆び付いてガタガタと力を入れて引っ張らないといけなかったのを、ワックスを塗ってスルスルと簡単に取り出せるようになる機能が、俳句・短歌・川柳にあるんだと分かれば、小学生のうちから親しんでおいて一生の財産にした方がはるかによいことかもしれません。
0

2014/5/28

アジアの信頼醸成会議のCICAは、種なし西瓜(CUICA−U)で覚えましょう。  村のあちこち村おこし

 朝ぼらけ 有明の月とみるまでに 吉野の里に ふれる白雪
 坂上是則


 吉野の里というのは、一面の雪に覆われて、想像清らかな気持ちになります。

 この日本列島は確かに地震・火山・津波・台風・豪雨・竜巻・雷など、実にたくさんの災害に見舞われます。しかし同時に日本人の心象風景に、清らかな風をもたらしてくれるものもあるのですね。


ーー・ー・ ・ー・ー・ … ・ー ーー・ー・ ・・ ーー ・・ー ・ーーー・ ・ー


 西の空の、有明の月の下あたりに、中国の上海があるのでしょうか?


 その中国の探査機が、有明の月面をはい回っている時代になっているというのが、かつての貧しくてどうしようもない中国を知っているだけに、夢か現(うつつ)かまだ、私は頬っぺたをつねってみたくなります。


 でも、公海上を飛ぶYS11型のプロペラ機に、ミサイル搭載の戦闘機を後ろからぶつけそうになるほど接近させて威嚇したり、ベトナムの漁船に体当たりしたりという行動は、中国人自身への信頼醸成どころではなく、正反対です。


 アジアの信頼醸成会議を、上海でロシアのプーチンと習近平らが加わって、上海宣言を出したそうです。


 その会議のことをCICAというそうです。


 私は、子どもの頃に、黄色い西瓜にありついたら、大変幸せな気持ちになりました。


 仮に赤い西瓜をSUICAと書いて、黄色い西瓜をCUICAと書くとします。


 アジア全体は黄色いイメージですから、CUICAです。種なし西瓜ならば、Uを引いて、CICAになります。


 信頼醸成には、肝心な【真心】が足りないようです。
0

2014/5/28

NHKプレミアムで日本画の天才絵師に親しもうと…曽我蕭白など  村のあちこち村おこし

 安倍晋三政権が、再稼働の第1号として狙う川内原発がある、鹿児島県薩摩川内市は、その形が姶良カルデラの方に首を上げながら、駱駝がうずくまってしまった格好に見えます。


 火山の大爆発が起きて火山灰が降り積もった場合、道路は使えず車で避難はもちろんできませんが、駱駝がいれば駱駝の背中、馬や牛ががいればノロノロと避難は可能かもしれませんが、駱駝でさえ土砂のような火山灰が降り積もってきては、ついにへたり込んでしまったという格好です。


 そんな火山の近くには、そもそも原子力発電所は置いてはならないということになります。


 原子力規制委員会のメンバー2名を辞めさせて、推進側と思われる委員が2名送り込まれたというニュースは、安倍政権の強引なやり方が、裏から後押ししているのではないでしょうか?


ーーー・ ・ー・・ ・・


 頭の中に、映像をいくつもいくつも仕入れて、さらなる記憶力を鍛えようと決意したならば、【日曜美術館】や【プレミアム】などの美術的な番組にも、できるだけ接して…


 【曽我蕭白】という名前は今まで全く知りませず。


 それもそのはず、江戸時代は異端視されて、明治以降も埋もれていて、やっと最近発見されたものらしいのです。


 曽我と言えば、曽我兄弟が浮かぶ人はかなりな歴史と文学通です。私は山西小学校時代の曽我みまこさん(童謡歌手)のステージ姿が浮かびました。


 万徳の種場所のどこかに、真っ白い花をランブが灯ったかのように咲かせるハナミズキがありました。


 空想の中で、その場所のハナミズキの木に、【蕭白】のプラカードをぶら下げたら、はたして覚えていられるでしょうか?


 認知症予防の取り組みは、若い頃からやっていけば、それははからずも記憶力を鍛えることになりますね。


 私は、新聞や雑誌などに掲載されてくる、俳句・短歌・川柳について、素人が作ったものだから読んでも仕方がないと思っていましたが、なかなかどうして、覚えるつもりでイメージしながら読んでみれば、頭の中にそのイメージがすんなり入るという効用が発見できました。


 素人作でも選句されたものなら、やっぱりいいもんだなと思った次第。


 ギターの練習など、指を動かしながら、今日1日学んだこと出会った人などを思い出すようにしたら、想起の訓練になって、海馬にある短期記憶を、脳内の各場所に長期記憶に変換して蓄えていけるのではないでしょうかね?


 私は、ブログに書いているうちに、知っているのになかなか出てこない単語があったりすることがあり、例えば今回は【川柳】という言葉が知っているのに出てきませんでした。

 ならば、具体的に熊本市内のパルコ前の電車の曲がり角から、NHK熊本放送局がある千葉城の川沿いにある柳が風にそよいでいるところに、蛙が飛びつこうとしている場面をイメージして覚え直すことにしました。


 赤い鳥居がありそうな神社から美術館の方に流れていく車もあって、この変則交差点は待ち時間が長い印象があります。


 近くの川沿いの公園には、横井小楠など肥後の幕末に活躍した先進的な群像が、銅像になっています。


 熊本市役所の横幅の大きな建物が正面に見えて、熊本城の長塀が白く、濠の役割を果たす川が静かに流れています。


 【川柳】の単語から、ここまでのイメージがワンセットで頭に入れば、熊本城の楠から流れてくる酸素の多い風が肺の中に入ってくるようで、深呼吸までしたくなりましたね。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ