한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2014/5/7

軍の直接関与をしめす『野戦酒保規程』は、京都大学の永井和先生が発見されたものだとか  隣国との友好と平和

 NHKのBSでナイジェリアのボコハラムが、女子高校生200人以上を拉致して、犯行声明では奴隷として売り飛ばすぞ…と報道していたと書いたのは、私の勘違いでした…録画を見直したら、それは早朝の日テレニュースの報道でした。


 NHKがこの事件を報じたことは、私としてはやっと今朝確認できました。


 NHKがナイジェリアでの女性拉致事件をどのように報道したか、するのか心配でした。

 NHK会長の籾井勝人氏が、従軍慰安婦はどこの国でもやっていたと発言していただけに、ボコハラムを今後ともどのように報道できるのか、大変関心があります。


 ちなみに、【ボコハラム】の【ボコ】とは、欧米式の女性教育をすることを意味し、【ハラム】とは【禁止】の意味だとか…


・ーー ・ーーー・ ・ー・ー・


 さて、従軍慰安婦について、河野談話以降も新しい資料が次々に発見されています。


 永井和先生が発見された文書には、


 『第一条 野戦酒保ハ戦地又ハ事変地ニ於テ軍人軍属其他特ニ従軍ヲ許サレタル者二必要ナル日用品飲食物等ヲ正確且廉価ニ販売スルヲ目的トス

 野戦酒保ニ於テ前項ノ外必要ナル慰安施設ヲナスコトヲ得』

 このように【慰安施設】とはっきり出ています。


 陸軍経理で教育を受けた鹿内信隆氏(元産経新聞社主)は、
「そのときに調弁する女の耐久度とか消耗度、どこの女がいいとか悪いとか、それからムシロをくぐってから出て来るまでの持ち時間が、将校は何分、下士官は何分…」
などと定めて管理していたことを対談の中で回想しているとのことです。


 それにしても、【酒保】の中で規程していることは、いかにも女性を酒並みの物扱いしているように思えます。


 しかも耐久度とか消耗度とかも計算しながらの管理をしていたことなんでしょう。


Guangzhou police said on its micro-blog service that after verbal warnings proved ineffective officer


 【いつでも元気】は、アフリカの紹介を連載で出しているところが、ほかの雑誌とは違った特色で、興味深く読ませていただいています。

 5月号では、ナミビアの砂漠に牧畜をしながら暮らしている、ヘレロとオバ・ヒンバの二つの民族が紹介されています。


 世界最古のナミブ砂漠と言いますが、一体どうして最古だとわかるのでしょうか?


 カラハリ砂漠は、いかにもカラリと晴れた空が浮かぶ名前ですね。


 実は、ヘレロとオバ・ヒンバの2つの民族は、アンゴラから南下してきた同じひとつの民族で、言語も民族衣装も同じだったとか。


 ナミビアはドイツの植民地だったようです。


 ヘレロの人々は、独立のために蜂起して、なんと8割もが殺されて、土地と家畜が奪われてしまいました。


 ドイツのように強くなるために、洋風の民族衣装に変えたといいます。


 オバ・ヒンバの方は、本来の民族衣装を守り抜いたといいます。


 ナミビア北部の【カオコランド】はお顔もカカオ。【オカハンジャ】は、(お母はんジャ)で覚えましょうか?


 日焼け止めのオチゼを塗って、全身赤銅色になってたくましい、オカアチャンたちがいます。
0

2014/5/7

日本軍慰安婦は、軍の関与が明らかになってきた…『前衛』論文…1937年9月に出された野戦酒保規定で  隣国との友好と平和

 【前衛】6月号の、従軍慰安婦についての、関東学院大学教授・林博史氏の、『次々発見が続く河野談話を裏づける新資料』という論文は、大変参考になりました。


 特に、1937年9月に改正された【野戦酒保規程】は、業者が勝手におこなっていたわけではなく、軍の施設として慰安所をつくっていたことの決定的な証拠だというのです。

 私は、かねてからテンキー入力を利用して、空間的表現で年号暗記をしてきたのですが、【野戦酒保規程】が改正されて、従軍慰安婦の施設とその運用が規程された【1937年9月】は、全く拉致や甘言で連れ込んだ女性たちを、箱のような中にがんじがらめに拘束した様子が、彷彿と浮かんでくるようです。


 軍の関与は確認できないなどと言って、事態を軽く見せようと試みてきた、安倍首相やNHK会長の言に対抗して提示することができます。


 これはますます教育の中で従軍慰安婦の悲惨な現実を、子どもたちに伝えていくべきだとなります。


 ナイジェリアのボルノ州で、女子高校生ら200人以上が、拉致されて、犯行声明を行った【ボコハラム】が、この女の子たちを奴隷として売り飛ばすぞと脅しています。


 NHKは、BSでやっと報道してくれました。


 女性の教育を受ける権利を唱えてきたマララさんや、次期大統領選挙に意欲(?)を燃やしている、クリントンさんも心配しているとのメッセージをネットで発しておられます。

 NHKは、もっともっと詳しく取材して、ナイジェリアのボルノ州での事件を報道して欲しいと思います。


 どうも籾井勝人NHK会長の、慰安婦はどこの国にもあったとの発言もあり、NHKは取材と報道に力が入ってないような気がするのは私だけでしょうか?


Guangzhow police said on its micro-blog service that after verbal warnings proved ineffective, officers opened fire, hitting one suspect and subdued him.
0

2014/5/7

『スターリン秘史』は不破さんによってさらに明らかに〜独ソ戦を契機に民族強制移住など強権が始まる  日本共産党

 【前衛】6月号の不破さんによる『スターリン秘史』は、いよいよ独ソ戦段階に入りました。


 1943年の【クルスク戦車戦】は、なんと双方3000台の戦車が入り乱れて激突する、空前絶後の戦闘であって、宇宙から第三者が見たとしら壮絶なスペクタクルになっていたかもしれません。

 それもソ連側の完勝となった訳ですから、スターリングラード攻防戦とミッドウェーと並ぶ、戦争の大きな転換点と言ってよいかもしれません。


 クルスクとは、現在のウクライナ情勢に関連して、国境に近いロシア側の地名で、最近ニュースなどで耳にするようになりました。


 しかし、【クルスク戦車戦】という戦史に残る有名な地名だったとは…


 【クルスク】の音感は、確かに戦車群がキュルキュルときしむような機械音が響いてくるようです。


 ついでに近いところに【ボロネジ】という地名がありますから、きっと戦車のキャタピラーが整備不足で(ぼろネジ)が使われていたと連想すれば、キュルキュル音の原因として暗記しやすくなりました。


 ナポレオン戦争に出てくるのは、ボロジノですから、調子よく
【ボロジノ・ボロネジ・クルスク】


 最近、ウクライナ情勢でよく出てくるドネツク州のクラマトルスクとスラビャンスクがあります。

 【クラマトルスク・スラビャンスク(鞍馬天狗よ通りゃんせ)】

 紛争を仲裁する、鞍馬天狗みたいな人が、必要ではないでしょうか?

Defectors are treated the same as foreign migrants.


 【前衛】6月号の不破さん論文で、私が勉強になった新知識は、独ソ戦をきっかけにして、スターリンが、少数民族を集団移住を強制したり、特殊部隊のNKVDが作られて、捕虜に一旦なったりドイツ占領地から命がけで脱出したような人を特別収容所に入れたりするような、新たなテロの手法が始まったというのです。


 となると【NKVD】は、覚えにくくても頭に入れておくべき歴史単語になります。


 【NKVD(ニコニコバンダル)】でどうでしょう?


 ドイツ占領地からやっと命がけで脱出できてニコニコしていた人が、vandalな収容所行きを告げられた時の落胆ぶりを想像してみました。自国民に対しても遠慮会釈なしの残虐行為という点で、ナチスのゲシュタポより残酷なソ連の内務人民委員部です。

It's difficult to get used to life here because of the trauma we carry.
This man recalled the horrifying moments.


 ともかく、前衛今回の6月号の不破さん論文は、第二次世界大戦全体を概括するに都合のよいものとなりました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ