한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2014/5/20

日本の謝罪疲れ?  隣国との友好と平和

 精神保健福祉の施策に関しては、イギリスの【バーミンガム】の【メリデン】から始まったプログラムが、家族への支援を手厚くしたり、治療介入を素早く行うなど、最も進歩的だとして、『みんなねっと』や私たち家族会でも高く評価し、学習したり広めたりしているところです。


 ところが、人様に言おうと、【バーミンガム】という鍵となる地名が、思い出そうとして、なかなか喉から出てこないという現象に、私は健忘症なのかそれとも認知症の始まりなのかと困っています。


 マンチェスターとリバプールは、サッカーのライバル同士であり、すぐ思い出せるのですが…


 バーミンガムは、何かに引っかけて覚え直せないかと、脳ミソを絞って考えた結果、エンバーミングという死体を痛まないように処理することを意味する言葉を思い出しました。

 マリリン・モンローもエンバーミングをしたとかしなかったとか、ネットに出ていてさぞや美しい死体なんだろうと想像しました。


 バーミンガムは、マリリン・モンローの顔と姿態とを二重映しにして、インプットしなおしたら、思いだしやすくなったかもしれません。

・ー・ーー ・・ ーー・・ー …ー ・・ ・ー・ー・ ・ー ーー・ーー ・ー・ー・ ーー・・


 今、隣国との平和と友好の関係が問われています。


 戦争へ戦争へと突き進んでいった明治・大正・昭和初期の時代は、支配と非支配の関係が表にモロに出ていた時代でした。


 隣国との文化的交流の深め方・理解の仕方・経済的な相互依存関係も弱く、何よりも言語の理解も今よりずっと弱かった時代でした。


 現在は韓流ブーム以来、書店ではハングルテキストや写真集などが相変わらず溢れている光景ひとつとっても、戦前とははるかに違います。


 しかし、どこへ軍隊をPKOなどで派遣するにも独仏混成部隊を編成していくまでになっている独仏両国の親密さには及びません。


 幾多の戦争を繰り返してきた憎しみの歴史を乗り越えて、独仏は今やEUの団結の要となっています。


 従軍慰安婦問題の経過を見ると、日本では過去の戦争の傷がまだまだ深いことがわかります。


 現在の国際政治で友好関係を深めて、平和を構築するにはどうすればよいのか…考えに考えて、もっともっと日本人は世界と日本の地理と歴史と言語を学ばなければならないと思います。


 そして、戦争中の加害の歴史と向き合わなくてはなりません。


 安倍晋三総理を取り巻く靖国派は、戦争を肯定し、悪い記憶は消しゴムでゴシゴシやるように消し去りたいという態度でいるから、いつまでたっても国際的に孤立しがちです。


 先般は、戦争神社に参拝して、アメリカ政府からまで『失望した』と言われてしまいました。


 日本国憲法が誕生した1947年の6年後の憲法記念日に私は生まれました。

 学生時代以来一途に日本国憲法の前文と9条を胸に生きてきました。


 ドイツでは、アウシュビッツに連れて行かれて殺されたユダヤ人家族が住んでいた家の前には、名前が刻まれたブロックが埋め込まれているような徹底ぶりがあります。


 ナチス時代の悪行の数々を、決して忘れられないでいようという決意に学ばなければなりません。

 日本の政治家たちは、従軍慰安婦制度はどこの国にもあった…従軍慰安婦制度はなかった…従軍慰安婦は必要だった…従軍慰安婦についての番組が中止になった…教科書から記述が消えた…


 このような政治家たちの発言や流れが連続して出てくること自体に、深い危機意識を持たなければならないのは、この日本国に住む私たち自身です。


 戦争への反省が十分にできていないことが、周辺国との摩擦のもとになっています。


 従軍慰安婦も、その実態がセックススレーブ(性奴隷)であったことが、すでに河野談話以降も新たに見つかった資料の数々で、さらに証明されています。


 司法の分野でも従軍慰安婦の制度はどのようなものであったか、認定されてきました。


 そのことをどれだけ国民の共通理解にしていくかです。


 日本共産党の見解をまとめたパンフレット・一部200円をお読みください。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ