한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2014/6/1

集団的自衛権の行使とは、すなわち戦争である  村のあちこち村おこし

 5月30日の朝日新聞の署名論文についての話題が、ネット上を駆けめぐっているようです。


 内容は、
(安倍総理が決して言おうとしなかったこと→それは集団的自衛権の行使とはすなわち戦争ということだ)
ということらしい。

 まだ私はその論文を読んでいませんが…


 事柄を、言い方を変えることによってその重大さを人々が認識できないようにする、一種の詐術です。


 戦争中の大本営発表は嘘の最たるものですが、撤退を転戦と言い換えていたのも、詐術でしょう。

 あれほどの侵略戦争を、自存自衛の戦争と言い換えて、日本がまるで被害者であるかのようにあべこべに描いているのが靖国史観です。


 それらを見抜いて打ち破っていくのが、平和憲法を守り抜こうとする人々と、マスコミや言論人の、また、文学者や演劇人の役割です。


 ということは、いかに知力を磨いていくかが左右する、平和力の闘いだと思えます。


 闘いという言葉を嫌悪する人もいるかもしれませんが、鋭い激突の情勢であることは間違いありません。


 週刊誌を立ち読み速読してのことです。


 アメリカのスノーデンさんが電話やネット上を飛び交う会話やメールなどを盗聴してきたことを暴露したのは、どうも日本の三沢基地での業務で、つくづくアメリカがやっていることに嫌気がさしたことがきっかけではなかったかとの推理が行われています。


 アフガニスタンやイエメンなどで行っている無人機攻撃をする側から撮影した映像を閲覧するうちに、今まさに殺されようとする人々を目の当たりにして、考え込むようになったんだとか。


 これなんかも、人間の良心を基礎として、【戦争と平和】のものすごいつばぜり合いの一局面・一例ではないでしょうか。


 私が世界史と世界の地理の知識を、いかにして頭に入れていくかを、工夫してブログにアップしているのも、平和の力を養うためです。


 私は、地名や人名などを単語カードに書いて覚えることにしました。


 昨日の旅番組で、アマゾン最大の支流・マデイラ川にダムを建設されていることを知りましたが、カードに書いた【マデイラ】の文字を、翌日に見た時に、ハテ何だっけ?【まだら模様】?【まだいる】?【交ぜ飯】?


 ともう思い出せなくなっていることに気づくのは、全く残念なことです。


 またまた覚え直さなければなりません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ