한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2014/6/16

マルマライ・プロジェクトとV4  村のあちこち村おこし

 政治的な用語や地名は、次々に仕入れて、片っ端から頭に入れていかねばならないと思っています。


 そして、それをできるだけ機会を作ってアウトプットすることにより、頭にしっかり定着させるのです。


 私は、毎朝のセブン交差点での肉声宣伝の際に、できるだけ昨日やおととい覚えたばかりのことを声に出して思い出すようにしています。


 といってもすぐに口から出てこなくて困ります。


 BOOK OFFで立ち読みしていたら、勉強法は皿回しの要領だとありました。


 覚えたと思っても、時に思い出してやらないと完全には脳内に定着しないので、皿回しの要領で回転が落ちた皿を回してやらないといけないというのです。


 なるほどイメージ的に勉強とは、確かに皿回しに似ています。


 ワールドカップサッカーで会場のひとつになった【レシフェ】は、ルシファーに似た響きがあります。雄しべ雌しべの【雌しべ】にも発音が似ています。


 【クリチバ(栗千葉)(九十九里浜の千葉)】は、ピーナッツ生産で有名な千葉県を思い出します。


 と同時にナイジェリアの【マイドゥグリ(Myドングリ)】も…


 マルマライ・プロジェクトJVは、トルコのボスポラス海峡横断地下鉄を通すプロジェクトで大成建設が中心に行った工事のことです。


 トルコへの安倍総理のトップセールスは、シノップ原発とともにマルマライ・プロジェクトJVの二本柱ですね。


 しかし、マルマライとは何に引っかけて覚えたらよいのやら〜


 私のうっすらとした記憶では、ボスポラス海峡とヘレスポント海峡とで、両手のひらを合わせて、ちり紙を丸めるような格好で囲んだ海域を、マルマラ海と呼んでいたような気がするので、後で世界地図で確認してみましょう。


 次にシノップ原発です。


 トルコの半島は、液体の中に浮かんだ脳のように見えないでもありません。


 シノップ原発は、その脳のテッペンに当たりますから、脳細胞同士をつないで電気信号を化学物質に変換したりして送る、シノプスを連想することにしましょう。


 安倍晋三総理は、V4への経済界の進出も後押ししようとしていると書いてありましたが、なんだかナチスが開発したミサイルロケットみたいな名前です。


 なんだろうと思ってよく読んだら、ドイツに隣接する、ポーランド・チェコ・スロバキア・ハンガリーの4か国のことでした。


 この4か国の協力の枠組みが、ハンガリー北部のビィシェグラードで形成されたからV4と呼ぶ
ようになったんだとか。


 社会政治的な用語の知識が、少しだけ増えました。



 皿回しは、ネットサーフィンのように脳内記憶の点検で、次々に連想していこうと思うのですが、ブログに書き込むのもアウトプットのひとつですね。
0

2014/6/16

マーク・ロシュコは真っ黒けな絵を描いた人ですね…赤旗日曜版に姜尚中さんが衝撃受けたと書いています。  村のあちこち村おこし

 先日の駿河湾を震源とする地震の際に、緊急地震速報が全く出なかったというのは本当でしたかね?


 震源の深さの距離があまりにあったために、予測できなかったんだと気象庁の人がテレビで言ってた気がするのですが…


 正確には聞き漏らしたようなので…


http://www.-o(^-^)o

 マーク・ロシュコという画家の作品は、微妙な色の組み合わせでできています。


 マーク・ロシュコの抽象画は、私には理解できないでいますが、とりあえず(真っ黒け)あるいは(真っ黒シコシコ)と名前を覚えることにしました。


 しかし感動したという人もおられることからすると、色の組み合わせには、どうも人の心の深い部分を刺激する何らかの力を、オキシトシンではないけれど、持っている可能性があるのではないかと思うのです。


 ということは、これまで人類が蓄積してきた美術の数々にも、脳に働きかける何らかの作用がありはしないかと広げて考えることもできはしないかと思えてきました。


 世界の遺産と言えましょう。


 となると、NHKの『美の壺』や『日曜美術館』は見ないと損だとさえ思えてきました。


 私はブログでずっと、語呂合わせやだじゃれ暗記をテーマにして書いてきました。


 動機のひとつは、日々刻々と変化する社会の情勢に、いかに機敏に反応できる把握能力を高めることができるかでした。


 視覚的イメージを描く時に、色彩を意識してみたらもっと生き生きと記憶力が働くかもしれません。


 例えば、頭の中にあるキュウリの映像からは緑色を絵の具のチューブから押し出して…リンゴは赤い・海は青いなどと様々な色彩を、ありありと浮かべる練習をするには、俳句鑑賞をして、かつすぐに取り出せるようにしておくことかもしれないですね。


 そうこうトライしているうちに、マーク・ロシュコの絵が理解できる感受性が私にも生まれ出てくるかもしれませんね。
0

2014/6/16

JESEAの地震予知ホームページに英語ページが開設された…ネットで拡散して広く知らせなければ…  村のあちこち村おこし

 メールで教えていただき、ありがとうございました。


 先日の駿河湾の地中深い震源で、突発的に関東地方一円を揺らした地震を、電子基準点の隆起と沈降を観測して分析し、一週間ほど前に発生を予想して当てた、村井俊治教授らのJESEAというサイトが注目されています。


 このJESEAと村井俊治教授の話は、先週の西原村議会の一般質問でも紹介させていただきました。


 さて、そのサイトの英語版が開設されたとのこと…さらに大変嬉しいニュースです。


 日本国内に在住または滞在されている外国人にとっては、これまで地震など災害関連の情報が不足していたとの指摘には、阿蘇火山や霧島や桜島など、大噴火を繰り返してきた火山群を有する九州では、特に必要ですね。


 須藤靖明・阿蘇火山博物館の顧問が、薩摩川内市・玄海町・愛媛県の伊方町に原発を立地させていることは、甚だ危険だと指摘されていたことは、熊日と赤旗の記事で知りました。


 とくにそんな九州に原発立地とはとんでもないと、須藤靖明教授は言われていました。


 阿蘇の大噴火による火山灰が、愛媛県から九州に向かって細長く突き出た半島にある伊方原発を故障させ、放射性物質が東風に乗って熊本県にも飛んでくるという、そんなシナリオも描いておられて、私はなるほどあり得る話だと感心させられました。


 そんな発言も、英語では多分全く発信されていなかったでしょうね。


 英語での災害危険情報の発信・提供状況を、再度点検してみなくてはならないと、思います。とくに私は阿蘇の広域行政議会の一員でもありますしね。



 JESEAの英語版に刺激されて、この私のブログも、英語版を併設しようかと思います。


 さて、日本での解釈改憲への動きや、戦前の暗い時代に戻るかのような秘密保護法の制定・教育の統制を狙っている安倍自民党の動きなど、緊迫した日本の情勢は、なかなか外国のメディアには言葉の壁があってすぐには伝わっていないのではないかと思うのです。


 赤旗や【前衛】の英語版が欲しいところです。


 【JAPAN PRESS WEEKLY】という、赤旗の英語版みたいなのがありますし、そのネット版もあるようではありますが、情報量は非常に少ないきらいがあります。


 先日のTEDスーパープレゼンテーションで称賛されていた、中国でのボランティア翻訳サイトの【訳言(イーヤン)】にヒントを得たのですが、全国の語学生が、英語力やフランス語力・スペイン語力などを駆使して、赤旗などに掲載された重要論文などを随時ボランティアで翻訳してサイトに登録するシステムが構築できるなら、そのボランティアの人々には赤旗や【前衛】などは無償で届けてもよいはずなんですけどね…
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ