한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2014/6/18

エドワード・スノーデンの名前の覚え方  村のあちこち村おこし

 アメリカの諜報機関・NSAが、この日本政府の動きを知るために盗聴していたというショッキングな事実が、エドワード・スノーデンが公表した文書で明らかになっています。


 もっともこれは、週刊文春に連載の【池上彰のそこからですか!?】からの受け売りではあります。


 日本政府と日本の国連代表部との通信が盗み見られていたとして、2010年春に、対イラン制裁決議に安保理の理事国がどのような投票をするつもりなのかを、事前に把握しようとした例が述べられています。


 スノーデンが公表した文書に、
『長期にわたる交渉の開始にあたり、NSAはフランス、ブラジル、日本、メキシコの情報収集活動を継続した』
『対イラン制裁決議に関する国連安保理の理事国の投票意図について、最新かつ正確な情報をアメリカ国連使節やほかの顧客に対して提供できるようになった』『国連安保理のほかの理事国が賛成・反対のどちらに投票するかについて、アメリカ国連使節は最新の情報を入手しつづけることができたが、これは信号諜報の力によるところが大である』


 このようなアメリカの諜報活動の存在を、生々しく暴露してくれたエドワード・スノーデンの名前はやはりフルネームで頭に入れておきたいものです。


 朝ドラの『花子とアン』の陰の主役とも言える【赤毛のアン】の舞台は、カナダ東部のプリンス・エドワード島です。

 冬ともなるときっとエドワード島では、スノーマン(雪だるま)を作ってスノーボールを投げつけて子どもらは遊ぶことでしょう。


 スノーマンもスノーボールを投げつけられて、デーンと尻餅をついたに違いありません。


 だからスノーマンは今でも尻餅をついた格好に作るようになったんだとさ…《つくり話》


 エドワード・スノーデンの名前はこれで覚えられたでしょうか?


 それにしても、甲子園で活躍した三沢高校で有名な三沢の白くて巨大なゴルフボールみたいなアンテナ群が、NSAの施設だということが裏付けられたとはね〜


 エドワード・スノーデンは、三沢基地で諜報活躍をするうちに、CIAが運用するアフガニスタンやパキスタンでの無人機攻撃の際の撮影映像を覗き見る機会があり、嫌悪感を抱くようになったんだとか。


 殺される運命にある人々の監視映像をリアルタイムで見たこともあるんだとか。


 操縦し攻撃している人というのは、アメリカ国内にいて、まるでテレビゲーム感覚あるいは、コンピューターゲーム感覚で、1日何時間のシューティングをしているんですからね。


 今まさに殺されようとしている住民の様子と、撃つ側の人間がどのような感覚で見ているのかさえ、生々しい映像を見れば伝わってきて、狂気を感じてゾッとしただろうと、私は想像します…


 エドワード・スノーデンから情報を得て報道した二人のジャーナリストが書いた本《暴露》《スノーデンファイル》が、相次いで出版されたそうで、池上彰さんはそれを踏まえて書かれたとのこと。


 私はというと、本屋さんに行って立ち読みすることにします。
0

2014/6/18

週刊文春の『池上彰のそこからですか!?』で、【ファイブ・アイズ】を語る  村のあちこち村おこし

 『ファイヴ・アイズ』という語は『24の瞳』でなく『クールファイブ』でもなく、うねうねと体をくねらすヤマタノ大蛇の『5つの目』のようですね。



 スノーデン氏の暴露によると、NSAが収集していた情報の大多数は、アメリカと英語を話す諜報同盟国のイギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの5か国には流されていたそうです。


 どこかで戦争が勃発して、米軍艦艇がまず救出するのも、これらの国々の国民が最優先のようです。安倍晋三さんは、アメリカが日本人を乗せて米艦が救出してくれるようなことを言って、集団的自衛権を情に訴えて話していましたが、日本人を米艦が救出するなど、ずっと後回しのそのまた後回しであって、事実上あり得ない話だったようです。


 とかくこれまで私を含めてニュージーランドなどは、オセアニアの端の端にあって、世界地図の中ではどこにあるのかもわからないほど目立たない、人口も羊の数より少ない小国にしか見えませんが、アメリカにとっては目にいれても痛くない可愛い可愛い孫のような国だとわかりましたね。


 ちとニュージーランドを見直さなくてはなりません。


 語学研修でたくさんの日本人も受け入れていた北島の都市が、いきなりの大地震で被害を受けたのは東日本大震災があった、同じ2011年のはじめ頃のことであって、まるで一卵性の双子のように連動した現象みたいでしたね。


 天草などの地層から、地下のマグマから地表に出てきた時の地磁気がどうだったかを推理すると、現在のニュージーランドあたりに位置していたことがわかったそうです。


 つまり、日本列島を構成している土地の、少なくともある部分は、かつて南半球にあって、ひょっこりヒョウタン島のように、プレートに乗って少しずつ動いてきたという驚くべき事実があるようです。


 そう言えば、ヨーロッパ大陸もかつて南半球にあって、赤道直下の時代の植物繁茂を経て、現在の地に動いてきたとBBCの番組で説明していました。


 だからこそ産業革命に役立つ、豊富な石炭埋蔵量があるんだと。


 日本列島にも、石炭層があることは、赤道直下の時代に繁茂した植物が長い年月堆積したなごりかもしれず、案外ヨーロッパとは、兄弟関係がありはしないんでしょうかね。


 イギリスから見ると、ニュージーランドとオーストラリアは、地球の表と裏の関係にあり、アンティポディーズと呼ばれていますね。


 ちなみに、イギリスからこれらの国々に行くための中間地点がアルゼンチン沖のフォークランド島でしたね。


 4ク島で結ばれたのが、5つの目【ファイブ・アイズ】という訳で、日本は仲間外れになっています。


 それもそうかもしれません。アメリカから見れば戦犯を祀り、先の大戦は自存自衛の戦いだと主張して、侵略戦争であったことを否定する、靖国神社【ウォーシュライン】に参拝して失望させるなど、リベラルな民主主義の国には見えないでしょう。



 【小選挙区制】という、国民の民意を大きく歪める選挙制度のもと、超右翼独裁政権を誕生させた日本は、信頼される国には映らないはずですからね。


 池上彰さんが教えてくれた、【ファイヴ・アイズ】という現代社会の新用語を、これで何とかこじつけ暗記できましたかね。
0

2014/6/18

冥王星はプルートーでしたね。ネプチューンは海神。  村のあちこち村おこし

 ネプチューンは海王星で、冥王星はプルート〜。先に私がブログに書いた文について間違いをご指摘いただいた方がありました。ありがとうございました。


 うっかりしていました。うろ覚えだからこうなるんですね。もう一度覚え直さなくてはですね。


 濡れにくいレインコートとしては、アメリカの元副大統領のゴアさんが関わって開発された、ゴアテックというのが推奨されています。


 私はそれは知っていたのですが、値段が高いのでゴアテックは敬遠していました。


 草花の葉っぱの中で、里芋は水滴を弾く能力は抜群に高いと、つくづく庭に育っている株を見つめています。この謎を解明して、濡れても水を弾く、値段の手頃さでゴアテックに負けないレインコートを、日本のバイオミミクリの技術力で早く開発して欲しいと念願しています。


 今のところ、レインコートは複数着、用意してこの梅雨を乗りきろうと思っています。


 ガソリン代を極力浮かせるのです。

…ー ・ー・ー ー・ー・・


 ところで、【花子とアン】に出てくる、妹役のカフェで働く黒木華さんが、私にはだんだんチャーミングに思えてきました。


 『お姉やん、コピッと英語を使ってくれちゃ』
との山梨なまりの台詞の響き〜非常に好感度があがりましたね。



 ドラマ出演の俳優でもアナウンサーでも、人の名前と顔は少しずつでもコピッと意識して覚えてイカナクッチャでゴイス。
0

2014/6/18

ネブラスカで巨大な双子竜巻が発生。日本の原発も竜巻対策をしなければ  村のあちこち村おこし

 私のブログを…スペイン語でも読めるようにしました。自動翻訳サービスを利用させて頂いたのです。クリックしてしばらく待てば、スペイン語に化けるかもしれません。
 一度試してみてください。


ーー・ー・ ーー・・ー ・・ー ー・ ・・  ・ー・ー・ ・ー・ーー ー・ー・・


 イラクの北部にあって、シーア派とスンニ派との戦闘の焦点になった、イラク第3の都市・【モスル】は、ゴジラと闘った【モスラ】で覚えてみました。


 アルカイダ系とされるイスラム過激派は、シーア派優遇の政策(?)を行って反発するスンニ派との亀裂につけこまれています。


 イラクにはカスピ海寄りにキルクークの油田地帯もありますね。ここさえ押さえられたらアルカイダの勢力が一段と大きくなりそうです。


 安倍自民党が想定している集団的自衛権は、どうも日本軍としてイラク派遣を考えているように見えます。


 自爆テロのターゲットに自ら進んでなろうというのでしょうか?


 おじいちゃん・おばあちゃんを避難輸送する米艦を防護する場合など、集団的自衛権の事例として安倍総理らが話していましたが、国会議論の中で、そもそも米艦で日本人を輸送する場合はありえない話だと暴露されると急に、これからはどんな場合とは言わず、集団的自衛権とだけ言うことにしたと与党幹部ら。


 池上彰さんの【そこからですか】の連載の中で、ファイブアイという言葉を教わりました。


 スノーデンが暴露した盗聴情報を信頼して教えている国は、カナダ・イギリス・オーストラリア・ニュージーランドであると。


 日本はBクラスに位置付けられていて、盗聴の対象になりこそすれ、機密を教えるのは後回し組だそうです。


 米艦で戦地から救出するのも米人とカナダ・イギリス・オーストラリア…日本人の救出なんて後の後の後回しで、実際にはありえない話。


 強硬に日本国憲法を破ることにしたと、私は判断しました。つまりクーデタ。


 秋ごろに衆議院の解散総選挙があるかもしれず、そこが天下分け目・予定戦場と定めて懸命に準備するしかありません。


 1931年の満州事変から始まった軍部の暴走を、今度は閣議決定で始めようとしているようです。


 モスラに対する【ゴジラ】は、ビキニ水爆実験によって破壊され自然環境が、人間に対して立ち上がった象徴だとも、反核運動の象徴とも見なされます。


 私はモスラではなくゴジラの気持ちになって、今日も幟旗を県道を少しの距離持って歩くつもりです…


 雨の中を…


・ーーー・ ・・ー・・ ・・ー ー・・ー・


 里芋の葉っぱに雨が落ちても、コロコロと水玉となって丸まってしまい、ちっとも葉っぱは濡れません。


 はたして日本のレインコートはこの里芋の葉っぱに技術が追いついたでしょうか?


 昨日の雨の中を、買ったばかりのワンピース型のレインコートを着てバイクに乗りました。


 なるほど、雨粒がコロンコロンと落ちていきます。


 幟旗を持って宣伝しました。


 自転車に乗って走った距離を二倍にしたので、夕方には疲労を覚えて早く休みました。


 自転車に乗れば筋肉疲労は当然です。だんだんに体をこの生活リズムに馴らしていきます。


ーー・ー ーー・・ ・・ … ーーー・ー ・ー・・


 【ネブラスカ・カンザス・オクラホマ】の3州は、竜巻街道とも言える多発地帯のようです。


 ネブラスカに、珍しい巨大な双子竜巻が発生して、死者が出たのです。


 なんとかこの3つはセットで暗記できないかと、しばらく考えてみましょう。

 【ネブラスカ】から何を連想するか…

 まず、ネプチューン(冥王星)に語感が似ています。ネーブルは酸っぱい…苦い思いが湧いてきます。


 なぜかネーブルとくればミキサーに入れる場面が浮かびます。


 カンザスからは、【風向き】【手に持った風車をかざして、風上に向かって走り出した子ども】【カンザシ】【鈿】…【缶詰】


 オクラホマと聞けば【ミキサー】です。【オクラホマミキサー】と言いますから。小学校の運動会での嬉し恥ずかしのフォークダンスで、男女がせっかくつかの間手をつないだのに、くるりと【回転】、足をトンとやって次へ移らなければならない姿が浮かびました。


 もうひとつ忘れてならないのがトルネード投法のピッチャーが活躍しているレンジャーズのテキサス州です。


 【ネプカンミキサー】の3州は、いずれもミシシッピ川中流域の右岸に重なりあった格好をしていますが、地図を見ると東西に山脈があって巨大な鍋の底みたいな場所です。


 乾燥した空気と湿った空気とがせめぎあう場所のような気がします。


 3つ合わせて、【ネブタ祭りでねぶった缶の奥】。3つの州は縦に積み上げた綿菓子のようです。


 これと似た地形が日本にあるかと考えると、やはり筑波山に風を阻まれた北関東ですかね。それと北海道の札幌あたりか、東北にも中通あたり…甲府盆地・奈良盆地・熊本平野も盆地状ではあります。


 日本の原発は、アメリカが開発した方式ですから、竜巻に襲われても堪えられるように設計はされているそうです。


 しかし一方、津波に襲われて波をかぶった場合の対策に怠りがあった訳ですね。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ