한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2014/7/16

【桃中軒雲右衛門】からは、三國志に出てくる劉備玄徳・関羽・張飛の『桃園の誓い』がすぐ浮かびます。  村のあちこち村おこし

 【桃中軒雲右衛門】という名前です。


 その名前から私の脳裏に浮かぶイメージとは、【三國志演義】の始めの方で出てくる【桃園の誓い】の場面です。


 【桃中軒】とはすなわち、桃園の中のあずまやですね。


 劉備玄徳と関羽・張飛の3人が、【桃園の誓い】をした時に、青い空には一片の雲が浮かんでいたに違いありません。

 その雲こそ最初は小さいけれど、やがて天に届かんばかりにモクモクと成長し、積乱雲のように立ち上がりつつある、白い雲です。


 その積乱雲は、【滔天】という文字を絵解きしたような姿をしていて、まさに中国革命に尽力してきた人にふさわしい名前です。


 私の直感推理から申しますならば、【桃中軒雲右衛門】の名前には、いまだ成らぬ中国革命への見果てぬ夢が、積乱雲の姿に託されているようです。


 積乱雲からはやがて、稲光と雷鳴が轟き、しのつく雨と雹、そして竜巻が静かに地上に向かって降りてくるのです。


 物事には【時】があります。エネルギーが限界点まで蓄えられた時に、劇的変化は起きることでしょうね。
0

2014/7/15

桃中軒雲右衛門と浪曲の著作権問題 柳原白蓮さんとの関わりは?  村のあちこち村おこし

 【桃中軒雲右衛門】とは一体誰のことでしょうか?


 私のおぼろな記憶が正しければ、中国革命の夢なかば、失意の晩年に、なおも中国革命の夢を語って全国を行脚するために、浪曲という新しいジャンルを創造した、あの宮崎滔天の晩年の名前ではないでしょうか?


 もう一度図書館に行って、別人かどうか、宮崎滔天の伝記を借りてきて確かめないといけません。


 【桃中軒雲右衛門】


 この名前にどんな想いが込められているのか…


 どんぶらこと川上から流れてきた桃の実からは桃太郎が出て来ました。


 しかし自分は青雲の志を抱いて活動したことに誇りを感じつつも、ついに桃太郎のような活躍をして志を成就することもなく…


 孫文は『革命いまだ成らず』
と言い残して世を去りました。


 地面に落ちた桃の実の中に巣くった一匹の蜘蛛のようにその日その日を暮らしている…


 そんなことを桃中軒雲右衛門の名前には込められているような気がするのです。


 今朝の赤旗日刊紙の、文化欄【朝の風】に、桃中軒雲右衛門は著作権法の発展の歴史に名前を残していると、紹介されていました。


 自信はありませんが、その人が宮崎滔天だとすれば、奇しくも柳原白蓮さんの激しい恋の相手であった宮崎龍介は、滔天の息子ですから、同じ紙面に親子揃って顔を出すとは偶然にしてはできすぎている運命のいたずらかもしれませんね。
0

2014/7/15

アラビア語ではハイのことを『ナアム』というが、佐賀弁の『ナアイ』に似ていますね。  村のあちこち村おこし

 『ハル アンタ ヤーバーニーユン?』
これは、
『あんたは日本人ですか?』
という意味で、あんたはアンタですから、すぐに頭に入りますね。


 ハルは疑問形につけるものです。小春さんの顔をお借りして、障子張りしているところを頭に浮かべながら、
『春子さん!何をしているところですか?』
と尋ねてみましょう。


 ところが、ハイ!という肯定の返事が、『ナアム』だとは…


 佐賀弁では、Yesのことを『ナアイ』というのですが、ひょっとしてその語源はアラビア語から来てはいないかと思ってしまいました。


 というのが、唐代だったか宋代だったか、アラビア商人が、お隣韓国の高麗時代にプサンまで来ていたということを読んだことがあります。


 ということは、対岸の佐賀の松浦あたりに立ち寄っていても不思議なことでもありませんね。


 ナアム アナー ヤーバーニーユン。

 貴男はアンタでしたが、今度は『私は』を『アナー』というのは、私は男なのに…


 アナ雪も女性の物語ですし…


 それでは仕方がありません。


 これからは例えばイラクで難民救援活動をしていて、銃を突きつけられたとしたら、ナアモ アミダンブ〜と唱えながら、自分の鼻の【孔】を指差して【アナア】と呼ぶことにします。


 『実はこの私【アナア】、日本国憲法9条を持つ国から来たのです』
0

2014/7/15

空港と西原村とを結ぶ、頻繁なバスの便を求める運動を  村のあちこち村おこし

 人名と顔の暗記に挑戦して、脳内ストックを増やしていこうとしています。


 新聞や週刊誌に出てくる人名と顔は、テレビとは違ってペーパーの強みで、何度も反復して見ることによって、記憶を脳内にしっかりと定着させることが可能です。


 例えば、会津に生まれた《八重の桜》や、三陸鉄道を舞台とした朝ドラの、日本中に元気を与えたヒロインは誰だったか?


 もう顔は浮かぶが名前が出てきません。


 《軍師・黒田官兵衛》や《花子とアン》を見ることによって、CDの上書きのように、それ以前の記憶は思いだしにくくなってきました。


 幼い頃の記憶も、上書きによって、生まれてから物心つくまでの記憶も失われてしまうのでしょうか。


 【綾瀬(あやせ)】は、どこにも引っかけて覚えてませんでした。


 宮崎県の自然環境豊かな【綾】町のつり橋から見下ろしたら、そこに【瀬】があります。


 阿蘇の【立野】には鮎帰(あゆがえり)の滝があります。


 イメージの中で、みずみずしい髪を持つ綾瀬さんに、【鮎帰の滝】に打たれてもらえば、はるかに思い出しやすくなりました。


 ついでに、アラビア語で『お元気ですか?』『How are you?』は、
『アヤセ ハールカ?』
ではない、
『カイファ ハールカ?』
です。


 中東のどこかにハイファという、遥かな港町がありましたが、どこでしたっけ?


 綾瀬はるかさん演じる、新島襄の奥さんは【八重】です。

 戊辰戦争で命を落とした会津の人々を『返せハールカ?』


 先日、ケネディ大統領暗殺の真相に迫る番組がありました。


 狙撃現場のテキサス州ダラスの教科書倉庫に立ったり、付近を歩いたりして、インスピレーションを受けてどのような映像が浮かぶか…霊能者みたいな女性が、人相書きに長けた人を呼んで、狙撃犯の顔を描いてもらっていました。


 以前なら霊能者と聞いたら眉に唾でしたが、10次元の世界だと知れば、異次元に何か狙撃犯の思いのようなものが残されていてもおかしくないと思うようになりました。


 私も人の顔を人相の特徴を、もっとじっくりと観察して、言葉で伝えることができるようになれば、もっと鮮明に顔のストックを増やしていけるのではないかと思いました。


 【綾瀬はるか】の顔は、ホッソリした輪郭に銃を持って…目はアーモンド形。


 その父は誰で、鉄砲つくりの職人となる最初の夫は誰だったでしょうか?


 最近、兵庫県議会の野々村竜太郎県議の号泣会見が、そもそもの議会のあり方はどのように改革していかなくてはならないか、議論の始まりとなりました。


 政務調査費として使った温泉旅費と、莫大な切手代を
『返せ ハールカ?』


 それにしても、名前が竜太郎とはすごい…竜が何と思っていることか…


 野々村はまだ私は出会ったことがありませんが、西合志に野々島という森の緑が濃いイメージの地があります。


 自治体の問題や地方議会の問題は、もと鳥取県知事の片山義博さんがテレビで登場して、いろいろと解説して下さっているのは助かります。


 はて鳥取県(?)島根県(?)片山義博県知事(?)


 私は今でも鳥取県・島根県のどっちが東の方で、どっちが西の方だったか、頭の中で迷います。


 島根は、大昔大国主命の出てくる神話の世界ですが、島を引っ張って領土を増やした話があります。


 因幡の白ウサギが鮫(?)の背中をピョンピョン跳んでやってくる話からは、朝鮮に近い方が島根県だと、大変回りくどい連想を働かせてやっと西の方が島根県だとわかるような状態です。


 鳥取県とくれば鳥取砂丘の岡。岡山県を人の顔をした砂絵として、遠くに砂丘が見えている絵にすれば…


 人の顔した花時計ならぬ砂時計に鳥が止まっている絵。


 これでやっと鳥取県が東の方だと思い出せるとは…トホホです。


 片方の砂山に座っておられたのが、片方善博さん。これで有名県知事の名前も覚えて、明日の朝思い出せるようになったでしょうか?


・ーーー・ ・ー・ー・ ーーーー ・・ー ー… ・・ ーーー・ー


 西原村が持っている、粘り強い交渉力はこんなところに使わなくてはなりませんね。


 市内から空港までは、1日にかなりな本数のバスの便があるのに、西原村に来るのは高森までのリムジンバスしかないのが現状です。


 空港から西原村にバスの終着駅を持ってこれたら、どれだけ便利になるかわからないので…運動をやってもらいたいとの要求が届きました。


 九州産光の経営が数年前に変わったとのことで、柔軟な発想を受け入れてもらえるかもしれないという訳で、以前はできなかったかもしれないけれど、再度押す価値はあるかもしれません。


 中心部に公園付きの体育館を作る話があります。


 出勤時には車を停めておける、パーク&ライドの拠点にすれば、バスの利用を促進して、バス会社も利益が増えて助かるだろうし、省エネ社会になりましょう。
0

2014/7/13

言論の自由が【戦争を阻む力】。スーパープレゼンテーション、アフリカ出身の女性エコノミストには反対だ  村のあちこち村おこし

 フライデーに、官邸がNHKに土下座させたと、ショッキングな見出しが出ていました。


 人気番組の『クローズアップ現代』(7月3日生放送)で、国谷裕子(ひろこ)さんが菅義偉官房長官(65)に対して、集団的自衛権について、
『他国の戦争に巻き込まれるのでは』
『憲法の解釈を簡単に変えていいのか』
と、物怖じしない姿勢で質問しました。

 番組を見たは、何も変な感じはなく、いつもの国谷裕子さんだったという感想でした。


 ところがフライデーによると番組が終わった直後に起きたというのです。


 近くに待機していた秘書官が、直後に
『いったいどうなっているんだ』
とつっかかってきたというのです。


 事前に官邸に伝えていた質問よりも、国谷さんが鋭く突っ込んでいた上、菅官房長官の発言をさえぎって
『しかしですね』
『本当にそうでしょうか』
と食い下がったことが気に食わなかったとか。


 いったいその秘書官はなんという名前なんでしょうか?


 放送局のお偉方も平身低頭になり、その後、籾井会長が菅官房長官に詫びを入れたという。


 さらに後があります。


 その数時間後に、再び官邸サイドからNHK上層部に
『君たちは現場のコントロールもできないのか』
と抗議が入ったというのです。


 それを受けて局の上層部は制作部署に対して
『誰が中心となってこんな番組作りをしたのか』
『誰が国谷に(こんな質問をしろ)と指示を出したのか』
と、犯人捜しまで行ったというのです。

 《もっとNHKは権力には毅然とすべし》


 フライデーが別のNHK関係者から証言を聞いたというのですが、放送後、国谷さんや番組スタッフが控え室に戻ったる際、国谷さんは人目もはばからず涙を流していたと。
『すみません』
というばかりだったそうです。


 前日からスタッフと綿密な打ち合わせをしていて、
『この内容なら大丈夫。視聴者の疑問も代弁できるし、官邸を刺激することもないだろう』
と確認していたのに、結果的に官邸を怒らせることになって、責任感の強い国谷さんは
『私が悪かったのかな』
とショックを受けたのでしょう…とのコメントあり。



 目に浮かぶようです。


 この程度のことにイチャモンつけて怒る官邸側も、小選挙区制の歪み効果により、圧倒的な議席数にあぐらをかいた姿勢が反映して増長した感じだし、また、平身低頭するNHK上層部も情けないですね。


 これはやはり、NHKの経営委員に総理大臣がお友だちを送り込める現在のシステムそのものに、放送法にうたう不偏不党の原則を害する根本的な欠陥があることだけははっきりしました。


 ちなみに今、YouTubeではその時の映像が流れているようです。ネット上で話題騒然となってきたといいます。


 この生々しく暴露された出来事をきっかけに、NHKに対する政権からの支配と干渉について、国民の認識が深まり、公平・中立・不偏不党を危うくするシステムを改革する動きに向けて【NHK頑張れ!干渉に負けるな!】の声援を高めていかないといけないなと感じました。


 さて話は変わり、私のブログは、クリックひとつで全部ハングルに切り替わったりスペイン語に変わったりします。


 先日、TEDスーパープレゼンテーションに、アフリカ出身の女性エコノミストが出てきて言っていました。


 経済発展して中間層が増えてくれば、民主主義はできてくるから、経済発展するまでは、中国のように民主主義弾圧があっても寛容でなくてはならない…


 欧米諸国は、民主主義の価値観を開発途上国に押し付けないで欲しいとスピーチしていました。


 私は反対です。


 中国は一党独裁制度のもと、汚職腐敗の追及が効果的にできえないでいます。

 日本共産党は、無謬論はとらず、将来にわたって複数政党制でいくと、綱領でうたっています。



 民主主義がなければ汚職・腐敗を是正することはできないし、経済の国民への適正な分配を保証できません。


 そのことが、経済の成長を阻む役割となってしまうので、やはり経済成長過程にあって低迷している国々では、民主主義は必須だと思います。


 そして何より、言論・表現・出版・集会・結社の自由が冒される時に、人類最大の罪である【戦争】が起きるのですから、NHKへの番組干渉は許せないのです。


 私は、世界の平和と民主主義を愛好し希求して、困難な中でも不屈にたたかっている人々と固く連帯し、手を握りたいと思っています。
0

2014/7/13

群読構成劇『われらが日本国憲法 愛と平和と自由のために』が、日本共産党本部大会議場で開かれると  村のあちこち村おこし

 昨朝(7月12日)の朝日新聞に、とても有益な記事が掲載されていました。

 私にとっての『有益』という意味は、議会での一般質問に使えそうだということです。


 岡山県東部の和気町では、4年前から先進的に【徘徊捜索訓練】を始めていたそうです。


 そして今回は、このほど朝日を定年したばかりの61歳の(シニア記者)阿部治樹さんが徘徊役・長崎緑子記者が捜索役を引き受けて訓練に参加し、それぞれ感じたことをルポしていました。


 直接体験型の体当たりの取材のやり方というのは、こんな形でありうるんだなと感心させられました。


 結論は勇気です。

 地域の人が、農作業をしたり仕事や家事をしながらでも、通りがかった人がちょっとでもおかしいなと感じたら、勇気を持ってまずは声をかけることだということですね。


 岡山県の和気(わき)町とは、ひょっとして和気のキヨマロと関係がありはしないでしょうかね。


 大分県の宇佐八幡宮に参って、神託を受けようとした有名な陰陽師です。



 道を通っていくあの人は、認知症で徘徊をしているのか?それとも、ウォーキングをしているのか?宇佐八幡宮に訊ねるまでもなく、その人の脇に急いで駆け寄って行って直接(ワケ)を尋ねさえしたらよいことですね。


 と早速、兵庫県東部のワケ町の名前を覚えました。


 実は私も西原村で体験があります。


 ひとりのおばあちゃんが、草木も眠る丑三つ時に、午前2時頃だったでしょうかね。暗い街灯の陰に隠れる道の端にボオっと、前屈み加減に立っておられるのを発見したことがありました。


 足はあるのかと見ると、裸足でした。

 エイ!例え幽霊であったとしても、対話しながら気持ちをほぐしてあげたら、怨念は融けるかもしれないし…
と、一旦通過した車を停めてバックしました。


『どうかされたんですか?』



 ぐるぐる村内を回った末、どうにか朝には家まで送り届けることができました。着いてみれば最初に発見したところの近くの家でした。


 車の後部座席がジトッと濡れていた…なんてことはなくてホッと一安心。


 着物のどこかに名前と住所と電話番号を縫い付けてあれば、すぐにわかって簡単に家までおばあちゃんを届けることができたのですが…


 何しろ夜中の2時ですから、夜が明けて朝になってやっと一件落着できました。


 しかしそれにしても、一見ユーレーかもしれないという不気味な雰囲気だったので、正直怖かったです。別の種類の勇気が必要でした。


 この徘徊者捜索訓練は、和気町のほかに近いところでは福岡県の大牟田市でもやっているとか。



 さて、7月13日(明日付け)赤旗日曜版30ページの【芸能・テレビ】欄を見て驚きました。


 『舞台案内』のところに、加藤剛さんが詩の朗読をされることが、写真入りで紹介されています。


 その会場名を見て、信じられずに何度も何度も確認したのです。


 日本共産党の本部大会議場で開かれるというのです。


 代々木駅近い、渋谷区千駄ヶ谷の日本共産党本部は、いざ大地震などの緊急時には、避難場所として住民に開放するようになっているとは知っていましたが、戦争の悲惨な記憶を語る朗読劇の公演まで催されるとは、住民にしっかりと結び付いていることが感じられる【お知らせ】でした。


 私は、最近人の名前と顔のストックを意識して増やそうとしていますが、そんな意識になって初めて、赤旗日曜版の読み方が以前とは違ってきました。


 隅から隅まで食い入るようにして読むようになったからこそ、加藤剛と出ていれば、すぐに顔が頭の中に浮かんで、一体どんな話題が出ているんだろうと覗き込んだのでした。
2

2014/7/11

デビ夫人と、インドネシアの英雄・スカルノ  村のあちこち村おこし

 スカルノ大統領とデビ夫人とが熱愛の関係だったとは、最近テレビでデビ夫人の話を聞くまでは、よく知りませんでした。


 何番目の妻として迎えられたというような、週刊誌の売らんかなの面白そうにした広告見出しで、何となくそうかなあ?と思っていたのですが…


 スカルノ大統領は、私のうろ覚えな歴史認識では、インドネシア共産党ともよい関係でいたみたいでしたが、たしか630事件だったか930事件だったか、クーデタが起きた結果、スカルノ政権も倒されてしまいました。


 その後、外国訪問中だったデビ夫人の苦難が始まりましたが、インドネシア共産党の党員たちはひどい目に合わされた悲劇が待っていたんではなかったかと思います。


 いずれにしても、日本の倍の人口を有して、中間層が形成されるぐらい経済成長して、社会が安定してほしいものです。


 東南アジアでは、マレーシアとインドネシアとフィリピンのミンダナオにイスラム教徒が多いようです。


 私は、これからは東南アジアのこれらイスラム教徒との交際を密にしていきたいと考えています。

 今日の昼は、『あぜ道』の一角にある、インドカレーの店で、辛い味に汗を流してきました。


 暑くてどうしようもない時には、インド人の知恵に学んで香辛料を摂取するのも試してみようと思います。


 インドは、イスラム教との文化交流と対立の歴史を重ねてきましたから、イスラム理解にも通じます。


 引き続きアラビア語を勉強して、理解を深めていこうと考えています。


 マレーシアとメッカはずいぶん離れていますが、例のアラビア書道に革新をもたらしたと言われている、本田孝一氏が書いた作品を、マレーシアの美術館が買いとって、シリーズで収蔵していく計画があるみたいです。

 ということは、マレーシア語とは別に、アラビア語は教養の言語として扱われているのではないでしょうか?


 さて、イスラム教に関して好きになれないのは、女性差別をしたり虐待をやっているらしいことです。


 ナイジェリアのイスラム教過激派・ボコハラムによって、マイドゥグリの女子高校生たちが、100名ほど拉致されていました。


 女子に教育は必要ないと主張して、奴隷として売り飛ばすぞ!とネットでナイジェリアを脅しながら、拘束していました。


 その後、イスラム過激派のボコハラムのメンバーらが、戦闘に出ている隙をついて、一斉に脱出を決行したそうです。

 結果、嬉しいことには、無事帰還することができたとの記事が出ていたのです。


 勇気ある彼女らが、気持ちが落ちついた段階で、どのような体験をしたのか、私たちに教えてほしいと思うのですが…


 キリスト教の影響下に、学問に取り組んでいた彼女らは、一部イスラム教に改宗したと公言していました。


 おそらくは、下手に抵抗して危害を加えられないようにするための、賢い柔軟戦略をとっているんだろうなとは思っていましたが、基礎的なことでも、しっかりイスラム教の教養を身につけておけば、したたかに戦乱を避ける知恵が湧いてくるのではないでしょうかね?



 それにしても、今度インドネシア大統領に選ばれた、ジョゴ・ウィドドさんの名前は、庭の植物にジョウゴで、ウィドドとばかり水を掛けてやる光景に結びつけて、どうにか頭に入ったと思います。
0

2014/7/11

朝ドラはいよいよ結婚に向かうようです。  村のあちこち村おこし

 ベネズエラのセイコー・イシカワ大使と、日本共産党の緒方靖夫副委員長とが、10日の昼食をともにして懇談されたみたいですね。


 赤旗の二面です。
・・ー ・ー ・・ーー・・ ・・ ・・ー・・ ・・


 インドネシアの大統領選挙で、ユドヨノ大統領に変わって、ジョコ・ウィドドさんが当選したのではないかと言われています。


 ユドヨノという名前からは湯殿が浮かび、
『さあ出ようか』
と湯殿から立ち上がると、ジョア〜ウィドドとお湯が湯船から溢れます。


 ちなみに、スカルノ大統領が独立宣言をしたプロクラマシ公園と言うらしい。

 黒い覆(ふく)面を、袋(フクロ)のように頭に被って現れる、鞍馬(クラマ)天狗がどこからか現れるとは、プロクラマシ公園は、ぴったりな名前です。


 さて、アラビア語講座で、ハリール・メクダシ氏がアラジンの魔法のランプみたいに出てきますが、今度は【目眩まし】ならぬ、【プロクラマシ】。


 プロのカメラマンならぬプロの目眩ましなら、目力だけで押し出すことができそうになりました。

 もともとアラブやイスラム教国には、髭をはやした人、おっかない貫禄ある様子で、真ん中に座っている傾向がありますね。


 さて、赤旗日曜版に、『花子とアン』登場の村岡印刷役の鈴木亮平さんが登場しています。


 『ひと』欄です。

 村岡英治のモデルの村岡(人敬)三(けいぞう)氏は、英語・ドイツ語・ラテン語に通じた教養人だったそうです。


 村岡人敬三氏がラテン語を学んだ人だったということは、つまりはローマ帝国時代のキリスト教を勉強しようと志した人だったんではないのかなとは、私の直感推理です。


 演じる鈴木亮平さんの方も、世界遺産検定1級という、一風変わったマイナーな資格を持っておられるということは、やはり観光の面で世界とつながろうという気持ちが強い人だということで、やはり相当な勉強家でありそうですね。


 日本が、『ビジット・ジャパン』と銘打って、観光立国を目指すつもりなら、唯我独尊ではなくて、世界各国の世界遺産の取り組みが、いかなる状況にあるのかをしっかり学んで把握し、よいところはどんどん日本に取り入れていこうという意識がなくてはなりません。


 そう考えたら、世界遺産検定を受けてみるのも、基礎知識を得て、政策立案していくのに役立ってくるに違いありません。


 鈴木亮平さんは、地球に生まれたからには地球の隅々まで行きたいとのこと。また、人生も一つの人生では満足できないと。


 それで役者になったんですね。


 さて【経済】のページの、【安倍氏の『成長戦略』 大企業優遇広げる的外れ】という解説記事が、まことに分かりやすいですね。


 大企業の内部留保が270兆円とありますので、この数字はこじつけ暗記をしておきましょう。


 一年365日のカレンダーの中の270日目と言えば、9月下旬の、2学期が始まったばかりで夏休み疲れがある、残暑厳しい中に、体育祭の準備で毎日、応援団長の号令で声を出す練習をしている時期にあたりますね。



 270日目とは、夏から冬に向かって、鶴瓶落としの気象激変の時期にあたりますね。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ