한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2014/7/6

蛭子(えびす)さんが、山口市から高知県の仁淀川を通過して、室戸岬まで…ローカル路線バスの旅番組  村のあちこち村おこし

 雨の中を帰宅してみたら、日本国内をローカルバスを乗り継いで、旅をする番組をやっていました。


 山口市から高知県の仁淀川沿いの【いの町】を経て、室戸岬まで行くというものでした。


 同様の行き当たりばったりで、世界中を旅する番組は、『日本人女性を探せ』というのやら、よく見ていましたが、その日本国内版みたいのがあったんですね。

 しかし、蛭子さんという【子】の字のついた姓は、実に珍しくユニークです。【ひるこ】さんと読むような気がしていて、田植えの時に、脚や腕にひっついて血を吸う蛭が、よほど多くいるところを起源とする姓なのかなと思っていました。


 それが【えびす】さんと呼ぶとは…海老が採れる漁師町なんでしょうか?


 【いの町】という平仮名で書く不思議な地名は、どんな意味でしょうか?


 今朝5時前のNHK番組・【イッピン】で、超薄い和紙【土佐紙】の産地として、いの町は紹介されていたばかりでした。



 驚くのは、写真現像用の和紙を開発した人がいるのです。


 非常に薄い和紙なのに、繊細なグラデーションの写真が、 できあがります。


 和紙は500年持つと言われる強さがあるとされています。


 通常の写真は、劣化してしまいますが、土佐紙に焼き付けることによって、写真が残る可能性があるとは…


 そもそもの、薄くてしなやかな和紙の漉き方の工夫として、渦のように水を回転させるという、秘伝中の秘伝も、この番組は惜しげもなく披露していて、大丈夫かなと思うほどでした。


 写真までも和紙に印画するというアイデアは、よそのどの国が開発しえたでしょうか?


 この道一筋に精進する、日本人の匠の技のすごさが、数百年先に見事に証明されるかもしれないと思えば、実に痛快なことですね。


 ところで、先日の『こころの時代』で、アラビア書道に精進して、芸術の域にまで高められた【本田孝一】さんが紹介されていました。


 これまた日本人という、アラビア文化圏の外側から学んだからこそ、それまでまったく見られなかった、デザイン性豊かなアラビア書道を生み出すことができたのかもしれません。


 【本田孝一】さんの名前は、大津町のHONDAの門前に、コーランの文字が渦を巻いて、林の中から光が射してくるように浮かんでいるところをイメージしたい。
0

2014/7/6

元公明党副委員長の二見伸明さんが、赤旗日曜版に登場して、『平和の公明 は説明できぬと…  村のあちこち村おこし

 東京新聞や日経新聞にも紹介されたとのことですが、確かに赤旗の日曜版に元公明党副委員長の二見伸明氏が、登場してコメントを出しておられます。


 以下引用です。


 『私がいた公明党は「平和の党」と言ってきました。でも今回、「政策の違いで政権離脱はしない」と言った瞬間に、解釈改憲をしたい自民党との勝負は終わった。いま「歯止めをかけた」などと支持者を説得しているけど、まったく説明になっていませんね。
 私は、憲法9条は時代を先取りしていると思います。互いに軍事同盟を結んで「相手をたたきつぶせ」という19世紀、20世紀前半の時代から、国連中心に押したり引いたり交渉して戦争にしないで解決するのが今の時代です。後略』


 なかなか印象的な見識です。


 二見が浦とは、どこかにあったような気がするのですが。

 私が住んでいるのは、大字【布田(ふた)】です。二見(ふたみ)氏とは何か音韻的には親しみを感じますね。


 ーー・ー ・・ ・ー・ー・ ー… ・・ーー・ ・ーー・ ・ー… ・ーーー・ ・ー・ー・ ーーー・ー ・・ー

 去年の国際オリンピック委員会で、安倍総理が、放射性汚染水は完全にブロックされていると発言したのは、これまで東京電力が、汚染水は地下に漏れていないと繰り返してきた言葉が根拠になっていました。


 しかし、その東京電力は先日の6月24日、福島第1原発から放射能汚染水が地下に漏れている可能性について認めました。


 これで安倍総理の『ブロックされている』との発言は、正式に取り消してもらわねばならなくなりました。


 振り替えると、以前から丸井敦尚・産業技術総合研究所地下水研究グループ長は、タービン建家やトレンチから汚染水が漏れる可能性を指摘してきたと言います。


 希望的観測を、強い語調で断定的な口調で言いさえすれば、真実になると考えているかのような、安倍晋三首相の根底には、どこか観念論的な思考パターンが感じられてならないのです。


 まあ言霊(ことだま)の力を信奉していると言えば言えるかもしれませんが、嘘っぱち体質と言えるかもしれません。

 これが極端になると、嘘も百篇言えば本当になると言った、ナチスのゲッペルスのやり方になります。


 病はあると思うから病であって、病は存在しないと思えば、病はない。退散してしまう…などと、何かの小冊子に書いてありました。


 安倍政権の閣僚の中には、あからさまにナチスのやり方を賛美した麻生太郎なる人もいますからね。


・ー・ーー ・〜・・ ・・ ・・ー・ー


 NHKの知恵泉『ちえいず』は参考になりました。


 ちょうどせっせと暑中見舞いを出す季節になりましたので、手紙で天下を取った、信長・秀吉・家康の戦国三英雄です。


 しかし信長の筆跡の見事さは大したものです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ