한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2014/7/9

中南米からもたらされたカカオから、チョコレートが作られたのは、シチリアのモディカが発祥でしょうか?  村のあちこち村おこし

 カカオを潰して、砂糖と一緒に高温にならない程度の熱を加えず、根気よく練り上げる…


 チョコレートは、そんな製法だったとは初めて知りました。


 シチリア島のモディカでのこと。


 シチリア島は、アルキメデスのいたシラクサ以来の、東西南北の交通の要衝であり続けたみたいですね。


 モディカチョコレート。


 イタリアのゆったりした田舎生活を紹介する、トラベリックスは、心を癒して人気の番組らしいのですが、今回はシチリア島のモディカ。


 台風が通りすぎたら、一気に真夏本番に突入するだろうと聞いています。


 体がついていけないかも知れないと思うと、なんだかモディカチョコレート入りの甘さたっぷりのモナカが食べたくなりましたね。


 さて、午前中に第2空港線沿いの再春館製薬所に初めて足を運びました。


 入り口に門番がふたり立っていますので、少しおっかなく感じましたが、中は夢のように美しいところでした。


 当たって砕けろと、突然ではありましたが、幸いにも広報担当の方に会っていただくことができました。


 施設の中は、まことに再生可能エネルギーに徹底されていることに、直接伺って驚かされました。

 何しろ、夜中の午前1時から朝までの、電気代が安い時間帯に、氷を作って、できた氷から出るひんやりとした冷気を昼間の冷房に使っているのだそうです。


 このやり方だと、昼間の暑い時に、高い電気代を使って冷房するよりも、空調代が安くなるばかりか、地域全体の電気利用のピークをはずすので、発電能力的にも平準化させて、結果的に省エネになるというアイデアだと思います。


 このアイデアは、雪国での雪や氷の貯蔵による夏のクーラーにも応用できるのではないかと思いますね。


 阿蘇広域事務組合管内の諸施設及び、西原村の保育園や社会福祉施設、あるいは図書室・体育館などの冷房にも応用できないものか、じっくりと考えてみたいものです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ