한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2014/7/27

アラビア数字の読み方を覚えることは、万事数字で解釈できる世の中ですから、極めて大事ですね。  村のあちこち村おこし

 科学の進歩が停滞していたがヨーロッパ中世において、イスラム文化圏が、古代ギリシャが発達させていた数学を温存してくれたからこそ、ルネサンス以降の科学の発達が保障されたという、歴史的経緯があります。


 ということは、私たちはアラビア語とアラビア数字には、十分な敬意を払わなくてはならないことになります。


 そのような訳で、ラジオアラビア語講座テキストによって、数学の読み方を1から10までを覚えて、車のナンバーを見ても電話番号を見てもアラビア語で読み上げて、徹底的に反復練習を重ねていこうと思うのです。


 ワーヒド・イスナーン・サラーサ。まずは1・2・3のこの3つです。


 行進する時の掛け声にしても、ワルツを踊る時にも使いますし、おそらくはいろんな諺みたいな表現でも、【3つの教訓】【三原色】【光の三要素】みたいな成語の形でも、1・2・3という数字は、とくに頻度が高いのではないかと思います。


 柳の下に棲むワヒド(わくど)が、2つのイスナーン(石の上)に座って、川を見つめていますと、サラーサ(さらさら)と皿3つが流れてきたではありませんか。


 その皿の上には、4ひきのアルバア(アルバートザウルス)と5匹のハムサ(ハムスター)が乗っていました。


 とりあえずこれで何とか、1から5までの数字を何べんも唱えてみます。


 この場合、わくどとは熊本弁の大ガエルのことですが、私がそれを見かけたのは、はるか50年も前の二本木の小さな家の裏手ででした。


 農薬の散布などにより絶滅したかもしれません。

 アルバートザウルスというのは、アルバアという発音から出てきただけです。

 時計を見ながら、『そうだもう4時だ!アルバイトに行く時間だ!』


 食べ残していたハムをひと切れ冷蔵庫から引っ張り出して、口に加えて慌てて出かけようとする情景が、緊迫感があって覚えるにはベターかもしれません。
0

2014/7/27

梶原編集長こと藤本隆宏さんは…オリンピック2大会出場の競泳選手だったと…知りませんでした。  村のあちこち村おこし

 私たちがいつも使っている【アラビア数字】のことは、アラビア語では【インド数字】と呼ぶらしい。


 アラビア語でのアラビア数字は、1・2・3のように90度回転させたような形と、5・6・7・8のように全く違う形とがあります。


 4は砂漠の中をこちらに向かってくる、隊商が歩く足跡のようです。


 5は○なので握り拳だと簡単に覚えて、6はその握り拳に指を一本添えた形、7はピースピースのVサインでラッキーセブンを表し、8は漢字の八に似ていると覚えました。


 ちなみにゼロは【・】です。

ーー・・ ーー・ー・ ・・ ー・・ー・ ・・ー・・


 朝ドラ【花子とアン】に出てくる、梶原編集長こと藤本隆宏さんが、実はオリンピックの2大会出場の競泳選手だったとは、全く知りませんでした。


 道理で抜群の体格の持ち主です。


 選手引退後、ミュージカルに出たいと、劇団四季の研究生になったそうですが…なかなか歌も踊りもできず…収入ゼロの日々があったとか。


 それはそうでしょう。演技力とはそう簡単には身につかないはずですからね。

 でも、一度目指したら簡単には諦めず、忍耐強く努力を続けて齢40となられました。


 すると『石の上にも3年』。NHKの『坂の上の雲』で、広瀬武夫役に抜擢されました。


 それでやっと
『あああの、ロシアの女性と恋仲になったのに、旅順港の閉塞作戦で、杉野はどこだ…と叫びながら命を落とすことになったあの人か』


 私も、このふたりには結ばれて欲しいと願いながら見ていたので、戦死の結末は歴史ですから知ってはいても、残念で悲しかった思いが強烈に残っています。

 それが世間に認識されるようになったきっかけになったようですね。


 大きな目と耳。あまりいない人相ですから、西郷隆盛あたりはできる俳優かもしれませんね。


 『なにごともストイックに努力できる能力』
 これこそが40歳を過ぎて芽が出て花ひらいた要因だろうと、【週刊現代】で評価してありました。


 梶原編集長自体も、リーダーシップのある人物ですし、味のある演技が求められます。今後演技を注視していきたいと思います。


 さて、抜き打ちの9月解散・総選挙を安倍総理が決断したとの推理(?)に基づいて、週刊現代の7月26日と8月2日号が特集を組んでいます。


 300小選挙区すべてについて、当選者を予想しているのです。


 その抜き打ち解散予想の根拠とは、8月末に予定していた中央アジア外遊日程をキャンセルしたことです。


 このタイミングで北朝鮮を訪問し、拉致被害者を連れ戻し、支持率が急上昇したのを見た後に9月29日の臨時議会冒頭に、いきなり解散をするというシナリオです。


 となると、10月に予定していた私の個人的なスケジュールもキャンセルしておかなくてはなりません。


 自民党が、前回の得票率を基に試算すると、現有294議席から、改憲を国会で単独で提起できる驚異の350議席に届くという予測は、改憲と海外参戦に向けて最悪の展開の始まりです。


 戦死者が50人も自衛隊員の中から出れば、入隊する人はゼロになってしまうでしょう。


 そうなったら、徴兵制になるのは間違いなく、役場の住民課あたりが村内の家族構成などを勘案して、どの家に赤紙を持っていくか、頭を悩ます事態となります。


 少子高齢化の時代ですから、40歳や50歳台でも結構壮健な人はいます。


 若い人が少ない農村部では、少し年配でも、徴兵される可能性はあると私は思います。


 また、女性は関係ないと思いたいところですが、ITに詳しい女性も、サイバー戦力に組み込まれていくかもしれません。


 もっともこれは、戦争への道・総理の独裁国家への野望を止めたいという批判票が、日本共産党の奮闘によって野党に流れたら、目論見は崩れます。


 しかし実際には、一強多弱という政党構図で、もたもたしている頼りない感じの党が分立し、離合集散している中、自民党が圧倒的に勝ちそうな情勢ではあります。


 問題はそんな中、自民党と真に対決できる日本共産党が、どれだけ躍進できるかです。


 日本共産党も、安倍政権打倒をスローガンに掲げて、カンパの呼び掛けを始めました。


 これは、私たちが不意打ち解散を食らって、惨敗するのではなく、むしろ反対に、解散総選挙に安倍政権を追い込むように、本気になって攻めの姿勢で迎え討とうとの主旨です。


 さて、今朝の交差点演説では、若者たちが徴兵制になって、兵隊に取られる事態は、決して絵空事ではないんだと力説されている、新潟県加茂市の市長・小池清彦氏のインタビュー記事を、大きな声で紹介しました。


 1991年の湾岸戦争当時、小池清彦さんは防衛庁の研究所長をされていて、安倍政権の暴走を止めないと、徴兵制は近いと言われています。



 新潟県加茂市と小池清彦氏の名前、それから1991年の湾岸戦争のことは、何べんも大声で喋りましたから、すっと頭に入りました。


 加茂市長のお名前・小池清彦氏は、これから論戦の中で何べんも言及して使わせてもらいたいと思います。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ