한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2014/8/21

世界遺産・マッコリ島は地球のマッコリ。マントルが海面上に顔を出しているところ  村のあちこち村おこし

 最近、【重(しげ)】の字がつく名前によく出会います。


 昨日20日、赤旗1ページの《黙ってはいられない》に登場したのが、福島重雄さんです。

 1973年という、私が宮崎大学1年の9月に、札幌地裁に起こされた、自衛隊基地の建設を不服として住民がおこした、長沼ナイキ訴訟で、自衛隊は憲法違反だとの判決を下した裁判長です。


 富山県生まれの京都大学法学部卒業です。


 私は、頭の中に浮かべた日本地図の上で、フクシマにコンパスの中心を置いて、札幌と富山とを結んで同心円を描くイメージで、【福島重雄】さんのお名前を頭にインプットすることにしました。


 発明王エジソンのように、電球がポッと光って周囲を照らし出すイメージの風貌でいらっしゃいます。初めての仕事をされた人です。


 憲法史に輝く重要な名前です。


 その後、違憲判決としては、35年後の2008年、名古屋高裁判決が2度目でした。


 米軍兵士と弾薬を運んだりしていた行為は、戦闘行為にあたるのです。あまり世間には知れわたってはいませんが、イラクへの自衛隊派遣は憲法違反だと高裁判決が認定し確定した事実は、もっと知らされてよいことです。


 私自身、当時の赤旗で読んではいたのですが、何年も記憶を保持すべき重要事実だとまでは思ってなかったようですから、もう一度把握し直さなくては…


 もう1つの【重(しげ)】は、タイのバンコクを中心として、東南アジアの各地に数十人の子どもを、借り腹によって産ませて育てていた24歳の男が、事情を聞かれているというニュースがありましたが、週刊現代誌によれば、その父親はなんとIT業界の光通信の【重田康光】氏なんだそうです。


 まさに光通信において天下統一の家康となった人の名前です。私には初めてお目にかかる名ですが…


 成功した初代を引き継ぐべき二代目というのは〜選挙に勝つために1000人の子どもが欲しいと…孫悟空みたいなことを言っていたとは…感覚的に謎の人物です。


 歴史上は重光葵らが、ミズーリ艦上で戦争終結の調印をしています。


 連想ゲームみたいですが、アメリカで今、ミズーリ州で人種差別反対の暴動が起きていますから、これも重い現実ですね。

 さて、カンブリア爆発ですが、それ以降今日に至るまでの時代区分のことを総称して、顕生代と称するとは初めて知りました。


 つまり、それ以前の地球には顕微鏡を使わなくては見えない世界だったということで、宇宙人が訪問してきても、地球には生命はいないようです…と報告したかもしれない地球だったのです。


 その前に全球凍結があったばかりでしたから無理もありません。


 そうとしれば…カンブリア爆発の時代に初めて目に見える形の多彩な生命がどっと出現した時の世界地図は、しっかりと見つめて脳に焼き付けておきたいものです。


 イアペトゥス海という、赤道上に現れた浅い海というのは、ローレンシア大陸とパルティカ大陸とシベリア大陸の3つに囲まれていて、ゴンドナワ超大陸はやはり南極の方にあります。

 シベリア大陸は、こんな古い時代からあったんですね。しかも赤道直下に。


 ローレンシア大陸は、北米大陸のことで、ローレンローレンローレンローレン〜ローハイドと唱えながら覚えましょう。


 それではパルティカ大陸は今の何にあたるのでしょうか?ヨーロッパ大陸?

 パルテノン神殿にこじつけて、パルティカ大陸…


 今日の日本になっていく地は、どうもこの顕生代の黎明期にも一番はずれの《極東》にあったみたいです。


 カンブリア紀の進化のビッグバンをもたらしたのは、目の発達からだとの仮説があります。【光スイッチ説】です。光通信みたいですが…


 それ以前の準備段階のエディアカラ紀の生命は、蠕虫(せんちゅう)みたいなものだったと。



 眼の誕生というのは、からだの巨大化が徐々に進んできたからなのかもしれません。


 エディアカラ紀と聞けば、関係ないし音の距離は遠いのですが、マリアカラスの透明な歌声がなぜか浮かんでしまいます。

 ならば仕方がないので、小さな生き物たちに眼ができたのは、マリアカラスの歌声が震動を与えたからだとこじつけることにしました。



 かつてくっついていた南極大陸とオーストラリア大陸が、分離するためには、中間に地下からマグマが吹き出して、地殻を押し出すところがあるはずです。


 その名もマッコーリー島(マッコリの島)。韓国の飲み物の名前で覚えましょう。綴りはMacquarie。


 そこは数百万ものペンギンが埋めつくす島でもあります。


 繁殖地です。

 となれば、南極大陸とははるかに離れたアフリカ大陸の南端にも、ペンギンが棲んでいるというのも、大陸移動の証拠なのかもしれませんね。


 アフリカ大陸と南極大陸との間にも、マグマが湧出する場所はあるかもしれません。


 南米と南極大陸とは半島がまだ別れがたく、手を振りながらサヨナラをしているように見えます。


 さて、恐竜絶滅後に繁栄したのは哺乳類のようでありますが、種の数と多彩さからするとむしろ鳥類が栄えている時代と言った方がふさわしいと書いてあります。


 恐竜が鳥への進化を遂げる揺りかごとなったのは、化石の出てくる具合からして、どうも中国の遼寧省のあたりだったと思われます。


 朝日新聞出版の【週刊・地球46億年の旅】は、スマホをかざして、動くCGを再現できるというメディアミックスの新しい挑戦になっているのが特徴です。


 そんなビジュアルシステムを構築していることもあって、600円と比較的高い価格設定をしているのでしょう。


 QRコードはよく見かけますが、蛇かトンボの複眼に睨まれたように不気味に感じるという人もありますから…例えばくまモンのような人気キャラクターをスマホで撮影したら、サイトへの入り口へどうぞということが、可能になるかもしれませんね。


 紫外線で印刷しているのでしょうか?


 ミクロラプトルという、4翼で滑空できた恐竜が、鳥への進化の過程を示すとされます。


 体長77センチほどであるのに、ミクロとはちょっと違和感がありますけれど。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ