한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2014/8/26

むさし9条の会の活動内容は充実しています。  村のあちこち村おこし

 マーザー ダラスタ フィー ル・ジャーミアティ? (貴方は大学で何を勉強しましたか?)


 【ジャーミヤティ(大学)】。大学の構内は昼休みともなると、学生たちでjam状態になやに聞いています…


 ジャム屋に入り、ティーを飲みながら友人との会話を楽しみましょう。【ジャーミヤティ】


 ー・ー・・ ・・ ・ー・・ ・ー


 御船町議会の田中隆敏議員が、10月27日〜10月28日の2日間にわたって、滋賀県の湖西地方の唐崎にある、全国市町村国際文化研修所で開かれる予定の、全国町村議会研修に、講師として北川正恭早稲田大学の教授(元三重県知事)と並んで、【住民参加・情報公開を進める取り組み】の事例紹介のところで話をされる予定です。


 御船町議会は町の中では情報公開ではトップクラスであり、さすがにすごい!


 千葉県の流山市議会は市議会の部ですごい!…


 北川正恭氏のお名前は、何度聞いてもすぐに忘れてしまいます。


 西川・北川…

 正恭は、清正の反対の(まさきよ)と読むのでしょうか?


 北の川のほとりに、生協(正恭)が、果たしてあったでしょうかね?


 ・ーーー・ ・ー・ー・ ー・ …ー


 【昭和の選択】という番組で、松岡洋右全権代表が、ジュネーブの国際連盟で奮闘している様子が紹介されていました。


 確かに奮闘ぶりはわかりますが、いくら満州事変及び満州国建国の日本の行為を世界に認めさせようと奮闘したとしても、その前提となる満州国建国自体が侵略行為であるのですから、いくら合理化しようとしても、どうにもなりませんね。


 既成事実を積み重ねて、それを前提として一歩も後ろに退かない態度自体が反省点です。


 間違ったことを世界に認めさせようとする以上は、どんどん底なし沼にはまってしまうのです。


 村岡花子の朝ドラも、『ごきげんよう』と言うか言わないかに焦点が当たっていますが、いちいち文言を逓信省に了解を受けなくてはならなかった状況自体に、首を傾げなければなりませんね。


 次第に子どもニュースで戦況などを言わされているうちに、戦争協力に足を踏み出し、思想的にがんじがらめになっていったのかもしれません。


 体制の中にいて体制を批判することは難しいという実例を、これから朝ドラは見せてくれそうな気がします。


 今日の日本でも、『ホルムズ海峡は日本の生命線』だと、しがみついていけば、満州事変以後の日本と同じことになってしまいます。


 ホルムズ海峡が封鎖されたなら、脱石油に産業構造を大転換する絶好のチャンスと捉えることこそ必要ではないでしょうか?


 私は、アラビア語講座を見ていて、カタールやアブダビあたりの湾岸諸国の、みな一台1000万もするような超高級車を買って乗り回していたり、超奴級の豪華な遊園地、そして超高層ビルの建設やリゾートなど、豊かさが桁外れです。


 石油を輸入する国がなくなれば、それこそ本来の当たり前の水準に戻ることでしょう。


 ホルムズ海峡の封鎖などは、非現実的な、安倍首相の話であります。


 しかし敢えてホルムズ海峡封鎖を湾岸諸国が決行するなら、その時日本は慌てることなく、エネルギー転換を性根を据えて、ドンと受け止めることです。



 さて、ひまわり法律事務所長の吉井秀広弁護士は、『安倍首相の言葉を見抜こう』という演題で、(解釈改憲で憲法九条は全面的に決壊したか?)を話されました。


 むさし9条の会のメンバーは実に多士済済で、なんと日本有数の火山学者の須藤靖明氏のお名前もあります。


 火山予知連絡会の会長としては、東京大学の藤井敏嗣教授が有名ですから、このお二人をワンセットで私は覚えることにします。


 藤の蔓が井戸の中に垂れ下がったら、すべからくすぐに上げると、明るくなります。


 このことは、後継者に嗣いでいかなくてはなりません。


 井戸は頭の中のどこに配置いたしましょうか。


 薩摩川内(せんだい)市の、原発の立地が火山灰や火砕流などが到達している場所にあるため、ふさわしくないのに、火山予知連絡会には何の相談もなく、原子力規制委員会はゴーサインを出しているとの批判を、推進して廃炉を求めていくためには大事な論客です。


 私は、むさし9条の会の人々と交流を深めようかなと思います。


 吉井秀広弁護士は、講師要請は、費用のことは考えなくてもよいですからどんどん求めてくださいと言っていただきました。


 吉井秀広弁護士が話の中で、アフガニスタンのペシャワールで、砂漠の緑化のための灌漑事業を、地元の人々も一緒になって、しかも地元の人も可能な方法で、熊本の加藤清正がやったような土木技術も加味して進めているそうです。


 最近シリアのアレッポで『イスラム国』のテロリストが護身用の武器を持って行って捕まったようなこともなく、全くの丸腰でやっているというのです。


 これは日本が、平和憲法を持っているという絶大な信頼感が寄せられているからでもあるとのことです。


 海外派兵する集団的自衛権の国になれば、中村哲さんのような海外ボランティアはやりにくくなってしまうとも。


 特に強調されたのは、イスラム圏の人々に、こちらの価値観を押しつけてはうまくいかないとのことです。

 イスラム圏では、女性は黒いベールをかぶって、夫にだけ顔を見せるけれど、男女平等だとか人権だとかの現在のキリスト教的価値観で見て、おかしいではないか等は一切言わないで、イスラムの考え方を尊重して進めているというのです。


 そんな価値観よりは、貧しさからの脱出が大事なんだと。


 武器を持って介入する、集団的自衛権の日本になってはならないんだと…
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ