한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2014/9/30

梅雨空に 【九条守れ】の女性デモ  村のあちこち村おこし

梅雨空に 【九条守れ】の女性デモ


 という俳句を鑑賞すると、ますます味わいが深くなりました。


 新聞の見出しになったからか、【】付きの句であるところが表記的に新鮮です。


 視覚的にも【九条守れ】となると、女性デモの参加者と作者のの堅い決意が籠められているように感じられます。


 【梅雨空に】

 日本国憲法を象徴する言葉として、【日本の青空】があります。


 梅雨空とくれば、激しかった戦争が終わり、見上げた平和な青空が…対比されたように連想されます。


 映画の題名にもなった【日本の青い空】ですが、どんなにくっきりと日本人ひとりひとりの心に刻まれていたのか…


 平和の象徴・青空は、梅雨空の上にも広がっている…


 日本の青空を曇らせ、雨を降らせる時代にさせてはならない…


 【梅雨空に】の一語からは、ビルやマンションが視界の所々に見えます。


 【平和憲法守れ】の女性の声による唱和が、反響して聞こえてきそうです。

 ビルの谷間を縫うように、信号機のある交差点を曲がっていく様子も見えます。


 デモを呼び掛けるためには、会で話し合って日程を決め、ビラや口コミやツイッターなどのSNSを活用して知らせたり、ポスター掲示など、湖面をすいすい進む水鳥は、水面下では忙しく水を掻いているごとく、裏側の手数足数も見えるだけに…

 【女性デモ】の一語には、この10年ほどの間に、井上ひさしさんなど9氏の呼び掛けで全国津々浦々で結成されてきた《9条の会》の層の厚さと蓄積とが凝縮しています。


 《9条の会》は、各界各層・職域ごと地域ごとに結成されて、普段から学習会などを積み重ねてきました。


 その準備があったればこその【集団的自衛権】や【秘密保護法】が出てきた時の瞬発力が発揮できるのであり、そんな時代の空気を活写したのが《女性デモ》の一語なのです。


 また、《女性デモ》からは、金曜日の夕刻などサラリーマン層が参加できる時間帯ではない、すなわち平日の昼間であることを告げています。


 梅雨空とは言え、断続的な雨をついて、あるいはどんよりとした曇り空の中です。


 レインコートを着たり、傘など雨具の用意もして歩を運んでいく、女性ばかりのデモは、それほど多い人数であるとは思えない、こじんまりとしたいつもの顔馴染みの和やかな雰囲気が伝わってきます。


 通りがかったこの女性デモに、一緒に加わって100メートルでも200メートルでも一緒に歩こう!


 実際に、この作者も通りがかったこの女性デモに加わって歩いたそうですが、そんな説明はなくても想像させる力がこの俳句にはあります。


 戦争中の暗い時代に、俳人が多数弾圧された歴史があるようですが、確かに俳句という文芸はたんに花鳥風月・季節の移ろいを詠むだけでないようです。


 《戦争が廊下の奥に立っていた》という有名な俳句や、金子兜太さんの

《水脈(みお)のはて 炎天の墓碑を 置いて去る》

などの、戦後に詠まれた中にも、二度と戦争は繰り返してはならないという強い気持ちがこもった俳句が膨大に蓄積した、いわば日本人の魂が籠められた文芸なのです。



 日本国憲法を守れという、魂の迸るような俳句は、俳句本来の姿をした、俳句らしい俳句です。


 公民館報にこのような俳句らしい俳句を掲載しないとする方針のさいたま市の教育委員会の方針は、俳句という文芸に対する無理解であるばかりか、俳句界全体に対する攻撃と解釈されるでしょう。


 また言論表現の自由を謳った日本国憲法に対する攻撃と受け止められます。


 もともと日本国憲法が制定された直後に、日本政府からは《新しい憲法のはなし》という小冊子が配られて、日本国憲法の主旨と精神を国民の中に広げようとしました。


 そのことを思えば、憲法守れの女性デモの俳句掲載を拒否するとは、今日に至るも憲法の主旨を広めることに力を入れているべき教育委員会の本来の姿からすれば全く正反対ではないでしょうか。


 水戸黄門の印籠みたいに、日本国憲法をかざして、悪代官を平伏させたように、
《控えおろう この憲法が目に入らぬか》
とやらなければなりませんね。
0

2014/9/29

スコットランドのエジンバラは、《北のアテネ》だと言われるようで  村のあちこち村おこし

 御嶽山での、いきなりの水蒸気爆発。36人もの死者・心肺停止者が出たことを受けて、火山噴火予知連絡会会長の藤井敏嗣氏は、事態の急変や直前の違和感を、感覚的に伝える方法について、もっと研究する余地がありはしないかというような内容の話をされていました。


 阿蘇広域事務組合議会の議員23名のひとりである私は、他人事ではありません。


 いつ御嶽山のように爆発が起きてもおかしくはない阿蘇山が中央に位置する地域の、《消防》を議論する立場にあるのですから。


 水蒸気爆発が、ほんの2・3分後に予感できたとして、火口に近い場所にいる各人のケータイに、直接何らかの警報音を届けて、一刻も早い下山を促すなどは考えられないか…これは、私のほんの思いつきではありますが。


 鹿児島県の薩摩川内市の原発に、火山の巨大噴火が襲いかかるとは全然予想もしていないのが、原子力規制委員会です。


 再稼働にゴーサインを出そうとしています。


 テレビの火山噴火特集番組でも、日本列島の地図を示して解説していましたが、そもそも鹿児島県というのは、桜島や指宿、新燃岳など全国でもまれに見る火山が多い県であり、桜島の下には大量のマグマが溜まりに溜まっている状態だと教えていました。


 さあ大噴火が迫っていると判断した場合に、それから廃炉作業に取りかかって、果たして10年で完了できるでしょうか?


 今が大噴火の10年前だと考えてもよい状態ではないかと、これは私の感覚的な予想です。

ーー・ー・ ・・ ーー ・ーーー・ ・ー


 駒澤大学法学部の大山礼子教授は、講義の中で学生たちに、日本の国会議員の中での女性の割合が、世界で何番目かと問いかけてみると、30番目かなとか、だいたいそんな数字を答えるそうです。


 これは、朝日新聞の論説の中で紹介されていたことですが、なんと162番目だということを知ると、目を円くして学生たちは驚くそうです。


 この162番目という数字は、早速ヒロインが出てこない国と覚えました。


 すなわちヒロインが国会に出てくるのは、日本よりもひとつ上位に位置している161番目の国までなんだと…


 韓国は、比例名簿には偶数番目の人は女性にすることや、クォータ制を採り入れているそうで、世界の中の最下位に近い日本が、女性議員を増やすためには、公職選挙法を改正して、地方議会がそれぞれの実情に応じて、条例改正によってクォータ制を採用しても構わないようにする…これを真剣に議論してもよいのではないかと書いていました。


 これは、私も161番目の国と知った後では、頷かざるを得ません。


ーー・ー・ ー・・ーー ー・ー


 【星座】は、上げた手からパッパッと光を表現して【星】。それにプラスして指文字の【ザ】を加えたら【星座】になります。


 意外だったのは【星】の光を、相手に向かってパッパッと照らすのではなくて、自分の頭に向かって光らせることでした。


 【イラク】は、片手のひらを日本海軍みたいに、縦に立てて敬礼するみたいな表現です。


 ひょっとしたらフセイン政権時の敬礼を真似たかもしれません。


 【シリア】は、左手の平に右手の《シ》という指文字をチョンチョンと突き立てる仕草でした。


 【数字】は、両手で示した【3】を中央でチョンチョンと合わせます。


 【イギリス】は、儀杖兵の顎紐を表現するようです。


 【スコットランド】の手話は、判別できませんでした。


 さてこのスコットランドは、面積も人口も小さいのに、世界史を大きく動かした点では、古代ギリシャのアテネに匹敵するほどであり、《北のアテネ》というニックネームが奉られているとは、今朝の日経新聞を読むまで全く知りませんでした。


 何しろ、産業革命が起きるきっかけとなった、蒸気機関を発明したワットだとか、《国富論》のアダム・スミスを産むなど、世界史に輝く人材を輩出しています。
 
0

2014/9/29

シャロン・毛糸・フォックスさん、玉山鉄二さん  隣国との友好と平和

 長野県と岐阜県との中間に位置する、3067メートルの御嶽山が、昨日の昼前に突然噴火しました。


 違う話ですが、社会党元委員長の土井たか子さんが20日に亡くなっていたことを、社民党から発表されたのも昨日のことでした。


 御嶽(おんたけ)さんと、(おたかさん)。

 語呂合わせ暗記に力を入れてきた私は、この両者は一緒に覚えることにしました。


 そこで御嶽山の地図上の位置を確認すると、岐阜県の形を北西方向を見上げる女性の横顔と見なせば、御嶽山は女性の後頭部の髪に差す簪の位置になります。


 長野県を亀さんと見れば尻尾に近い、甲羅の部分です。


 おたかさんの85年の人生を締めくくった火山爆発に思えないこともありません。


 ついでに申せば、《山が動いた!》と言った、1989年の躍進がありながら、1994年の小選挙区制という一見おいしそうな罠に嵌められて、振り子が逆にきた時に、大きな衰退が始まり、ついには消滅が近い現状に至っていることに、よそながら私は忸怩たる思いに浸っています。


 小選挙区制は、社会党と日本共産党を国会から弾き出すために考えられた、高度な作戦であるということに、どうして気づいてもらえなかったのか…残念です。


 日本共産党は、なんとか地力を発揮して、かつての社会党の分まで奮闘し続けていかねばなるまいと、決意して、おたかさんへの別れの言葉とさせていただきたいと思います。

・ーー ・・ー・・ ・・ー ・ー・・ ・・ ーーーー ・・ー


 赤旗日曜版に掲載の、スリランカのスリ・ジャヤワルバルダナ・コッテで開かれた、アジア政党会議【アイカップ】には、アフリカ政党会議の【カップ】が、国連や中南米カリブ海の政党会議【コッパル】の代表とともにオブザーバーとして参加していたことが報じられていて、アフリカに政党会議なんていつできたんだろう?と思ってよく記事を読むと、2013年つまり、去年できてホヤホヤだとわかりました。


 世界史は、戦争ばかり繰り返していた泥濘から、脱しようという亀のようなのろい動きではあっても、着実に前に進んでいることを確認できた思いがします。


 それもアフリカ政党会議【CAPP】ができた場所というのが、南スーダンを分離独立させたばかりのスーダンにおいてであったということを知れば、胸に熱いものが湧いてくるではありませんか。


 昨日の赤旗日刊紙によると、志位和夫委員長は、当初スピーチには同時通訳がつくものと思っていたところが、通訳と交互に話すやり方になっていたため、急遽全部英語でスピーチする決断をされ、やってみたら、なんとかうまく会場の人々に伝わったようだとあり、読む方としてもホッと胸を撫でおろすことができました。

 驚いたことは、通算8回になるアジア政党会議に、過去参加したこともある自民党から、脱退通知が届いていたとのこと。

 まるで松岡洋右の国際連盟脱退を連想させる通知ですが、せっかくのアジアの平和構築のために共同体を目指そうとする動きに、自民党は逆の動きをしているのではないでしょうか?


 日本からの参加政党は、第2回からの連続参加の日本共産党のほかには、民主党だけだったそうで、各国の参加者からはなぜ日本はこんなに参加が少ないのですかと、怪訝に思われているようです。


 これまで20年ほど、不破哲三委員長時代から、日本共産党は積極的にアジア各国から、中東・北アフリカ方面にまで出かけて、野党外交を展開してきました。


 政権党でもないのに、一体何の外交か?と首を傾げる向きもあったかもしれませんが、これだけ各大陸ごとの政党会議が結成される時代になってくると、むしろこの流れに背を向けて、脱退通知を寄せたりする政党こそが、信じられないくらい特異なことに思えてきましたね。


 政党間の交流はもはや世界の常識になっているようです。

 ーー・ー・ ー・・ーー ー・ー


 【下さる】は片頬に手を揃えた指の裏側で撫でます。

 【テスト】は、両手の親指を揃えて交互に上下させます。


 【仕事】は、両手のひらを上にしたまま、中央にくっつけたり離したりします。


 【年齢】は、顎髭をしごくような仕草をしながら指を順に折り曲げ…


 【数字】【仕事】【マルチ】【保育士】【蟹】【星座】


 【馬】は、両手の人差し指を左に向けて、二頭の馬が並んで走る時の上下動のようにして表現。


【納豆】【大嫌い】【酸っぱい】【辛い】【構わない】【三時間】【チャレンジ】【こだわり】【店】【魅力】


 すっかりスコットランドの青い旗がお馴染みになりました。


 青い色が風に靡くのは、実に美しいものです。



 シャロン・毛糸・フォックスさんの名前もだいぶ口から出やすくなりました。でも最初の【シャロン】がまだひっかかります。


 シャロンの語感はShallow(浅い流れ)のような感じです。



 玉山鉄二とケイトの夫婦は、ウィスキー製法を日本に持ち帰り、『ニッカ』の会社となったという解説を読みました。


 『ニッカ』とくれば『サントリー』ですね。

 2ッカ・3んトリーと調子よく覚えることができますが、アルコールが苦手な私には、さっぱり違いがわかりません。


 でも、【3当5落】という、受験生を恐怖させてきた標語まで連想しています。


 受験生が減少することにより、有名予備校の廃校・転身が話題になるようになりました。


 しかしながら壺渓塾予備校に一年通った私は、受験生式の語呂合わせだじゃれ記憶法による数字暗記に、今でも取り組んでおり、人々が比較的とっつきにくく感じている、新聞の政治面・社会面・経済面・科学面の記事を簡単に頭に入れていけるようにと、NHK会長の籾井勝人さんに辞任を迫ったOBの数が、1527人《肥後の279》などと、考えついたものからどしどし、ブログで紹介しております。


 こじつけがローカル過ぎて何のことか、全国の人にはさっぱりわからない場合もありますけれど。


 そしてさらに人の名前と顔の記憶術に進んでいます。


 この能力を身につけたら、社会に出てからお得意さんや、同僚・先輩後輩の名前を覚えたりする時には、仕事の進み具合を左右することになりそうだとは、万人納得してもらえるでしょう。


 学生時代の、無味乾燥な黒板白板の字を、ノートにひたすら写し取るだけの日々では、人の名前と顔なんて覚えて何になるだろうと、あまり乗り気ではないかもしれません。


 私は、茨城・千葉・東京への議会研修に行った時に、国会議事堂内で、伊藤博文以来の歴代総理の名前と顔を書いたノートを買って戻りました。


 マンガチックな似顔絵付きです。


 顔を覚えるには、デッサンして似顔絵が描けるようになれば顔の記憶力がついてくるかもしれません。


 足利家・徳川家の歴代将軍名を覚える際に、クラスメートの顔に引っかけたりして、結構役に立つことはありそうです。
0

2014/9/27

【梅雨空に『九条守れ』の女性デモ】 さいたま市教委は、公民館紙掲載拒否を、1ヶ月たった今も変えず  村のあちこち村おこし

 小さなキーボードでのハングル入力の練習は、ひたすら【アンニョンハシムニカ】【カムサハムニダ】と、簡単に思い浮かぶ短文を、何度も何度も繰り返し入力練習するのがよいようです。


 さて、東京新聞を買ったところ、
 梅雨空に 『九条守れ』の女性デモ


 この俳句が一面の話題になっていました。


 何気ない、他愛もない俳句に見えていましたが、何度も目にし口に転がしてみたところ、次第に素朴な味わいと、作者の心の動きが見えてきました。


 マスコミの話題に上ったのは、すでに1ヶ月も前のことでした。


 さいたま市の公民館月報に掲載が拒否されたことが、我慢ならないと、作者の女性は言っておられるそうです。


 戦争中にB29の空襲を受けた経験を持つ女性は、時折降りつのる梅雨をついて、九条守れと懸命に声を上げて通りがかった、女性だけのデモに出会って、一緒に加わったという句です。


 政治的意見が異なる時に、片方の声を載せる訳にはいかないというのが、教委の方針らしいのですが、解せません。


 憲法については、すべての公務員に遵守義務があります。


 国民の不断の努力によって、日本国憲法の諸原則は守るべし…というのが、まさに日本国憲法の中に謳われています。


 さいたま市の公民館月報への俳句掲載拒否事件は、国民の不断の努力で憲法原則を守るべしという、根本のところが公務員によって阻止された事件ですから、集会を開いたり、いろんな機会に果たしてこれでよいのかという議論をやって、合意形成をしていくべき問題だと思います。


 現代の政治の緊迫感と、70年たっても日本国憲法がいかに国民から愛されてきたのか、愛されているのかを後世にまで伝える、歴史をそのまま写したこの俳句は、未来の教科書にも掲載されて愛されるであろうと思われるのです。

 またそうしなければなりません。


 【戦争が廊下の奥に立っていた】


 という川柳が歴史的に残されていることが教えてくれているように、俳句も平和の力になりうるものだなと感じさせるエピソードです。


 東京新聞のトップ記事に掲載して、この俳句問題の重大性について、警鐘を鳴らす、東京新聞の見識にも敬服されます。


 戦前、警察と軍隊がどちらが優先するか、ゴーストップ事件というのがあったそうですが、戦争に向かって突き進か阻止するか、象徴的な俳句になりそうです。


 ひとつひとつ優れた俳句や川柳を鑑賞して、記憶に残していくのも平和のたたかいですから、掲載を求めて集会を開こうとしているさいたま市の皆さんの取り組みもまた、素晴らしいと私は思います。

 平和憲法がノーベル平和賞候補になったとの知らせが、ノルウェーから届いているとのことです。


 国民の平和憲法を守り抜こうとする堅い意志こそが大事です。
0

2014/9/26

赤毛のアンが題名になりました。【語感】をじっくり味わうことですね。  村のあちこち村おこし

 今から国会に行くところです。…今日は風邪薬の睡眠薬効果に任せてバスと飛行機の中で熟睡するつもりです。


 今年末のノーベル賞の自然科学と経済学賞の受賞候補を、アメリカの【トムソン・ロイター】という…トムとジェリーがローリングしているみたいな名前の学術情報サービス会社が、27名発表したそうで、日本人では理化学研究所の十倉好紀氏の名前がその中に入っているそうです。


 磁気記憶媒体の省エネ性能を飛躍的にあげる可能性のある物質の研究が評価されたものです。


 しかしこれは単に候補に上がったというだけで、本当に受賞できるかどうかは未定ですね。


 しかしながら、十倉好紀氏の名前だけは記憶しておきたいと思います。


 十倉とはプラス極とマイナス極がどうとかこうとかいう技術を開発されたに違いないと想像するのですが…一面、何だかキリストの教会みたいな名前ですね。


 スコットランドの国旗みたいな青いX十字かもしれず…


 ー…ー ーーー・ー ーーーー ・・ー・ー


 私は今、朝日新聞を読んでいます。


 築地近いホテルでは、受付横に朝日新聞が無料サービスとして、一見ざっと200部ほども積んでありますかね。


 大量に余ってしまうなんてことはないんでしょうかね?心配しながら…


 一部を頂いて読んでいます。

 朝日新聞は、報道の誤りを直ちに検証・訂正・謝罪するという点で失敗と遅れがあり、世間から、特に右派雑誌・右派の論客からここぞとばかり叩かれています。


 実は明治・大正…と朝日新聞とは、マスコミと言論界に生きる道を選んだ熊本県人との間には、太いパイプがあったらしいのです。


 とは、徳富蘇峰の人生や、世安町の【新聞博物館】の展示を見たら、一目瞭然です。


 ですから、熊本県人のひとりとしても、朝日新聞の苦境には無関心ではいられません。


 赤旗は別として、朝日新聞の存在が占めてきた、政府にもの申す姿勢のマスコミの一角が崩れたら、右寄り路線のマスコミ一色になってしまう心配があります。


 まあ朝日新聞もその他の新聞も、この30年来日本の民主主義を危うくし、今日の政治の右傾化・改憲勢力を利する【小選挙区制】の旗振り役を果たしてきたことを、なんで忘れることができるでしょうか?


 マスコミの反省というなら、小選挙区制推進に深刻な反省と謝罪をして欲しいというのが、私の気持ちです。


 さて、朝ドラの花子・英治夫妻の頭にはめっきりと霜のようなものが目立ってきましたね。


 「赤毛のアン」という名前は、なかなかつかなかったとは…

 「窓辺に拠る少女」が最初に一旦決まった題だったとは、意外なエピソードです。


 「赤毛」にはアンがコンプレックスを抱いていたんだとはね。


 今の感覚では赤毛はかっこいいとしか、特に若い人は受け止めないのですが…


 娘の美里さんの意見が若い人の感覚を代表してくれました。

 花子夫妻の頭が白毛となった場面と、【赤毛のアン】の誕生がドラマの上で重なったのが対照的で印象的です。


 カナダのスコット先生に知って欲しかった出版ですね。


 明日がいよいよ最終回、宇田川満代女史がどのような物議を醸すか…はらはらしながら明日を待ちましょう。
0

2014/9/26

千葉県柏市と、取手市とは隣合わせで、神社で柏手を打ちましょう。  村のあちこち村おこし

 今日は、東京で国会陳情などをした後に、羽田から帰ります。


 喉がゼーゼーしていると、声を出して質問する気力も失せます。


 風邪がぶり返さないように、夜はどこにも出ず、一食抜きました。


 さて、千葉県柏市で宿泊したホテルは、柏神社の交差点に対して対角の位置に当たる場所でした。


 柏レイソルで名前が知られている千葉県の柏市は、人口40万の比較的コンパクトな、東大の頭脳にも協力を得るという、町づくりの最高の知恵がぎっしりと詰まった都市でした。


 ひょっとしたらオレゴン州のポートランドに肩を並べるような意識の高さの、日本のモデル都市かもしれません。


 千葉県を西向きのキツツキに例えると、その嘴の位置です。


 取手市は茨城県でしょうか?

 でも2つ合わせて東京都内と、つくばみらい市とをつなぐ交通網の中間にあたり、両方への通勤圏です。


 以前は全国に散らばっていた、東大の研究室以上のスタッフを、全て柏市に引っ越すようにしたとのこと。

 研究分野が違っても互いに顔を合わせて、刺激しあえば、異業種統合のできる学際的なことにも目が向いて、独創的な発想が…


 そんな雰囲気を醸成する研究都市を目指しているそうです。


 つくばが科学技術の都だとすると、その中間の柏市は人文社会学の都を目指しているのかもしれません。


 その中に緑化技術や省エネ技術の粋を、最大限採り入れてもいる中小都市モデルです。


 説明によるとこれは、東大からはまだノーベル賞受賞者がひとりも出ていないことから、お叱りを受けて(?)、そんな政策が出てきたらしいという裏側の声も漏れ聞こえました。


 そう言えば、理論物理学の業績は、京都大学とその周辺から続々と出ているようで、京都は頑張っているなあとは思っていましたが、東大出身者からまだ出ていなかったとは全く気づいていませんでした。


 やはりノーベル賞クラスの研究業績というのは、それまでにない理論的常識を突破をしてこそ得られるのですから、どこか型やぶりの要素が必要なんでしょうね。


 与えられた課題をまんべんなく優等生的に、そつなくやりあげるタイプより、自分の気になったテーマについてトコトン探究を進めて、ほかのことは見えなくなるぐらい打ち込むタイプの方が、近いということかもしれません。


 留年生・劣等生にはあるいは嬉しい考察かもしれませんが…


 そう言えば、タイミングよく昨日の新聞に、京都大学の来期学長予定の山極寿一(やまぎわ)教授が書いておられたのを読みました。


 山極寿一教授は、大学紛争でほとんど講義が受けられなかった、自身の大学生時代を振り返って、単位さえ取ればよいとして要領のよい学生よりも、たとえ留年をしても自分が生涯かけて探究するテーマを見つける方が、本当の学生らしい姿だと、留年生の肩を持つ(?)かのような文を投稿されていました。

 確かにたった一度の人生です。スケールの大きな生き方がよいかもしれず、留年生にも諦めるなと激励することにもなりそうです。


 山極寿一教授は、大学に行っても講義がないため、山にこもって猿の生体をひたすら観察しておられたんだそうです。


 猿の行動を研究して、ヒトとの比較考察をするのです。


 柏駅まで、朝の4時過ぎに散歩で行ってみると、はや通勤のために急ぐ人がけっこうありました。


 また前夜から飲み明かしたとおぼしき男女6名が肩を組んだり持たれあいよたよたと、時折奇声を上げて前を歩いていました。


 男女間の肉体的慎みなど全く感じられません。とくに若い女性の奇声をあげる様は興醒めです。


 柏市から取手市は、隣り合わせみたいに見えます。我孫子市と三角形をなす位置関係です。

 「浴びるように酒を飲んだ翌朝は、東に向かって柏手打つ」


 そんなイメージで頭にインプットしながら、柏神社を後にしました。
0

2014/9/25

インドの探査機マンガルヤーンは、なんと80億円と、アメリカの約10分の1で火星軌道に到達  村のあちこち村おこし

 昨日9月24日に、アジアで日本より中国より早く、火星軌道一番乗りを果たしたインドの探査機マンガルヤーンはすごいと思いました。


 宇宙技術の猛追によって、インドがいよいよ先進国の仲間入りしてきたということだけでなく、80億円というアメリカの約10分の1の経費で送り出していることです。


 このことは、最初から宇宙ビジネスを目指していることを示しているような気がします。


 つまり経済成長の一翼を宇宙産業に担わせようとしているのではないかということで、確かにこれは頭脳の優れたインドにはぴったりの戦略だと、私は思います。


 安上がりといえば、タタの自動車が頭をよぎります。世界の研究機関や大学などが、できるだけ安上がりで火星を探査しようと考えた時に、価格の安さは絶対的な市場優越にインドは立つことになりました。


 【ISRO・インド宇宙研究機構】の【マンガルヤーン】は、イチローさんが漫画本を持ち込んで飛んでいくような気軽なイメージに、私は受け止めてしまいました。


 ところでヒースロー空港とはどこにあるんでしたっけ?


 マンガルヤーンは、昨年11月5日に打ち上げられてから、11ヵ月に満たない期間で、火星の軌道に到達したのですから、椅子に座って読みふけったイスローさんも、漫画本は相当な冊数読めたのではないかと思います。


 さて、先日サイエンスゼロで知った、宇宙エレベーターの技術ですが、火星に安上がりで着陸するには、これから大いに研究していくべき未来の方法だと私はイメージします。


 すると、火星赤道上から何万キロかの位置に作った静止軌道に、一番乗りをするのは、果たしてどこの国かという競争にも今後なってくることでしょうね。


 そこに日本の技術力が参入するチャンスが、大きな口を開けて待っているような気がします。


 火星赤道上のどの地点が、宇宙エレベーター建設に最適か、今から火星儀をじっくりと観察しながら、よく考えておかなくてはなりません。
0

2014/9/25

次の「朝ドラ」は、またまたスコットランド絡み…シャロン・ケイト・フォックスと玉山鉄二  村のあちこち村おこし

 日本列島の下のマントルに、ヘリウム3が大量に存在していると考えられていたとは、地震発生のメカニズムをテーマにした長時間番組を見るまで知りませんでした。


 先日の巨大地震の話ですが、東日本大震災の前と後に三陸沖の海水を採取して、水の分析を続けてきた日本の調査船が発見しました。


 ヘリウム3とは、中国が核融合の材料に使えそうな大事な資源として、わざわざ月世界にまで探査機を送り込んで、現在も動き回っているところですが…

 プレートの境界を動かすために染み込んで…大地震の原因物質がどうもマントルにまで潜り込んでいた「水」だったようです。



 地球にはプレートの移動があるからこそ、それまで少しずつマントルに潜り込んでいた海水が、また地表の海水にバックしてくるという循環。


 このサイクルがあったればこそ、この地球が生命誕生までの40億年もの時間的な余裕を与える、水の惑星であり続けた原動力なのかもしれない…と。


 そんな記述を、科学雑誌の「ニュートン」で読んだことがあります。


 それにしても、南米チリへのナスカプレートの沈み込みの角度が小さいため、時折超巨大地震が起きていたチリと同じく、長い距離をプレート同士が擦れあって、歪みのエネルギーが溜まりに溜まっていると考えられているのが、南海トラフだとして、マグニチュード9もありうるとの話には恐怖を感じました。


ー… ・ー・


 今年は、史上空前の視聴率であった(たぶん)朝ドラの「花子とアン」ですが、カナダ東部の小さな島・セントエドワード島とのつながり、カナダと日本との強い精神的つながりもできた印象です。


 また、明治大正昭和と、ミッションスクールが果たした役割も、去年の大河ドラマ「八重の桜」以来深く知るようになってきました。


 原作をぜひ読んでみたいとか、村岡花子の翻訳を読み返してみたいとか、アニメ版・映画版を見たいとか、いろんな波紋を今も広げつつあるに違いありません。


 実際私はずっと以前に録画していた、映画版の「赤毛のアン」を、そのうちゆっくり見ようと思っているところです。


 腹心の友・白蓮と村岡花子の縁により、俄然熊本の荒尾市出身の宮崎兄弟や、玉名市天水生まれの宮崎龍介のことに注目が集まったり、あるいは飯塚市の石炭王の家など、人々の興味と関心が尽きなくて、話題が波紋をリレーするように拡がっていったのが、大きな特徴ですね。


 さらには、NHK籾井勝人会長による、
「政府が右と決めたことを左とは言えない」
との発言。


 マスコミが中立の立場・冷静な立場を忘れたら、その時政府の暴走は止められず、悲惨な結末に至る…NHK会長の籾井勝人氏の言動に対する痛烈な批判にもタイミングよくなっていました。


 国が間違った道へ進もうとする時には、身を挺して阻止しなければというような気持ちが、ふつふつと沸き上がってきたのが、嬉しい作品【花子とアン】でした。


 しかし村岡花子が翻訳した「赤毛のアン」の原作を書いたモンゴメリが、実はスコットランド移民系だったとは、昨朝新聞を読んで知ったばかりでした。


 次回の、9月末から始まる新しい朝ドラは、初めてアメリカ人女性がヒロインを務めるという画期的作品のようです。


 その演ずるモデルは、スコットランドのウィスキー製造業に関係する女性です。


 あれあれまたスコットランド人の登場?と思いました。人口500万の小さな地域にしては、大変な影響力をアジアの東の果てまで及ぼしてきた実力は大したものですです。


 私が徳冨盧花の小説・「竹崎順子」を、一冊まるまる入力して、ブログにアップさせていただいておりますが、その中に竹崎順子さんが、医学志望の人材・福田令寿を見いだして、スコットランドのエジンバラに派遣する話が出ていました。


 江戸期から明治期にかけて、女性が妊娠し出産する際に、「竹崎順子」に登場する当時の女性たちが、あまりにも妊娠出産の際にあっけなく亡くなってしまうという事例が多いことに気づいて、なんとかしなければという、強い課題意識があったことが、入力していてひしひしと私にも伝わってきました。


 そこが女性の先覚者・竹崎順子さんという人が世に出たことの重要な意味でした。


 産婦人科の勉強先として、カトリック優勢のスコットランドが選ばれた経緯はわかりませんが、キリスト教のミッションスクールの伝を辿って、情報を集めに集めた結果がスコットランドだったのでしょう。


 そんな感慨を抱いていた時に、タイミングよく沸き上がったのが、スコットランドがイギリスからの独立を問う住民投票の実施でした。


 一旦スコットランドという固有名詞が出てきたら、次々に目の回りに集中的に出てくるなあと思いました。

 10月からの朝ドラにヒロインとして出てくる人 シャロン・ケイト・フォックスと玉山鉄二も、スコットランドからウィスキーの製法を学んで、日本に持ち帰ろうとする話です。


 早速、シャロンケイトフォックスという、滑らかに口が動こうとしないお名前を頭に入れる工夫をしなければなりません…

 フォックスさんの方は、「白い毛糸の狐」の襟巻きのイメージで覚えました。でも最初のシャロンという名がスムーズに口から出てくるかどうかが問題です。


 玉山さんの方は、肥後藩の細川重賢の【宝暦の改革】を指導した【秋山玉山】先生が、まず浮かびました。


 でも玉山鉄二さんの名前をじっくり見詰めているうちに、ふと「玉がふたつに鉄の山」という、不思議な組み合わせの水墨山水画が浮かんできました。


 中国の山水画を学んだ雪舟は、龍が玉を求めて地上に降りてきて雷雨をもたらす絵を描いてはいなかったでしょうか。


 秋山玉山は、熊本県人ならいくらか知ってる人はいるかもしれないという、残念ながらマイナーな名前ですが、雪舟の山水画にイメージを重ねたら、もう忘れる率を小さくできたのではないでしょうか?


 いずれにしても、玉山鉄二さんとは、スケールの大きな人物になりそうな名前です。


 ・・ー・・ ・・ー ー・ー・・ ーー ・・ー


 千葉県の民放テレビを見ていて、首都圏の私大の名前を思い出すための、【MARCH】というのがあると知りました。


 見出しは一瞬だったので定かではありませんが、たぶんMは明治、Aは青山、Rは立教、Cは中央、Hは法政ではなかったかと思います。

 同僚議員の中で、阿蘇が「世界ジオパーク」に認定されたことが話題になりました。


 カルデラが周囲127キロメートルと、すらすらと口から出てくる人もあり、数字に強くなりたいと念願する私も、負けてはおられないなと思い、早速その覚え方を考えました。


 日本の人口1億2776万人は、これをピークにして下降線を辿っていく数字として、私は(言うただろう)と語呂合わせで覚えていました。


 少し減ってきたにしても、1億2700万人と思えばそう大きな間違いはあるまいと…


 【阿蘇】が世界ジオパークに認定されたということは、1億2700万人も喜んでもらえると思えば、127キロメートルという、カルデラ一周の距離も覚えてもらえるのではないでしょうかね。


 クドゥルル ボスンフエ シンバルチャンエ ノオッソヨ


 ジュスルル マシン フエ コピド ミシルゲヨ


 チャール クウン フエ ネンジャンゴエ ノウセヨ


 チョニョグル タ マンドゥンフエ トラガルケヨ


 イ ソリュルル スンフエ チャングロ カセヨ


 ネムビエ ムルル ノーウンフエ ブルル キョセヨ 
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ