한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2014/10/17

10月23日は【化学の日】。アボガドロ定数の6×10の23乗個にこじつけて定められたとは、朝日広告で  村のあちこち村おこし

 スペイン語を本気で勉強するなら、スペインよりも中米ではないかと思うようになりました。


 中米の国々は、Happy planet indexの幸福度指標世界一のコスタリカを先頭に、世界の先進国よりも幸せに暮らしているようです。


 メキシコ南部には天文学が驚異的に進んでいた古代マヤ文明の遺跡群が残されている、ユカタン半島がありますし。


 セノーテという地上にボッカリと空いた深い穴があり、神秘的に青く美しい水を湛えた湖群があるようで…


 先住民は、遺伝子的に日本人とはほとんど違わないので、親近感を覚えます。


 メキシコから中米にかけての人々は、壁画がいたるところにあるように、美術的なセンスがある人々のようです。


 それに世界の科学技術の最先端をいく、アメリカ合衆国の西海岸が、日本から中米に向かう途中にあるのも魅力です。


ーー・・ー ・ーー・ ・・ ー・ーー


 私は近現代の歴史は、古代・中世とは違って、年号だけでなく月日も含めて覚えなければ、前後関係と因果関係を把握し分析することはできにくい…と思うようになりました。


 特に非常に激しい戦争の日々や、緊迫した国際関係ともなると、1日1日、刻々と情勢は動いていきます。


 20世紀後半から21世紀に入ってからというもの、一般マスコミにはあまり報道されていないようですが、紛争を戦争に発展させないための、平和の枠組みをいかに作っていくかが、大きなテーマになっています。


 原水爆をはじめとした残虐兵器を違法化しようとするパワーが、徐々に蓄えられ、力を増しつつあります。


 小選挙区制度の多数党に余計に議席を与えて、下駄を履かせる効果によって、雨後の竹の子のようににょきにょきと数を増やしてきた、自民党右派勢力のような、戦争に向かって進もうとする勢力と、平和勢力とは、歴史の底流においてものすごい綱引きが行われています。


 マーチン・ルーサー・キング牧師の「私には夢がある」の演説のように、未来のドリームを展望する勢力は、ともすれば暗い破局へ破局へと誘い込もうとする【悪夢】勢力との対決によって勝たなければなりません。


 という訳で私は、歴史的な日付の記憶はできるだけたくさん、仕入れていこうと目をランランと輝かせて新聞を読み、テレビを見ています。


 今朝の朝日新聞の、一ページ全部を使った巨大広告に、10月23日は【化学の日】だと書いてありました。


 日付暗記に挑戦し始めた私が、初めて聞いた日付に関する広告ですから、目が引き寄せられました。


 高校の【化学】の講義な苦手でした。頭になかなか入らない無機質な感じの化学反応式の羅列…


 そんな中に出ていた602×10の23個という、モル数の基礎となる不思議な【アボガドロ定数】は、なぜかそこだけ覚えていました。


 私は触発されて、6月2日と6月23日も個人的に【化学の日】に制定しました。


 602という数字はめったにお目にかかりません。西暦602もぼんやりした年号です。


 でもナンバーでもなんでもめぐりあった時には、アボガドロに引っかけて覚えましょう。



 宮崎大学の学生自治会活動をやっていた時、【10.21国際青年学生統一行動日というのがあっていました。


 これはベトナム戦争か何か、歴史的事件にちなんだ行動日だったと思いますが、それが何だったかすっかり忘れています。

 【10.21】は(ジュッテンニイイチ)と読んで頭に入っています。


 教育学部の広場に掲げた大立て看の映像とともに、ハンドマイクから届く委員長の顔と声として、生々しくエピソード記憶として耳に残っています。


 【化学】の講義を受けに行かなくちゃ…と焦っていたと関連づけてイメージするなら、10・21と10・23と近接した数字またはカレンダーを、セットにしてリズミカルに連続させて覚えることにします。


 私の手帳のカレンダーは、毎日毎日予定で真っ黒ですが、スケジュール管理は大事で、うっかり手帳を置き忘れたとしても、できるだけ頭に入れておく習慣ができておれば、便利です。


 さて、マララ・ユスフザイさんのノーベル平和賞受賞が決まった時の、スピーチを、セブンイレブンへのネットプリントで送信して頂き、まことにありがとうございました。


 FAXとは違ってネットプリントというデータ送信の仕組みは、文字や絵や写真が、全くぼやけることのない便利なサービスです。


 Malala Yousafzaiさんの綴りをよく見ると、マララ・ユーサフザイと読めます。


 【ユースは不在】とこじつけたら…


 マララさんが通っていた学校が、(女性は教育を受けるべきではない)とする、イスラム原理主義者の野蛮な攻撃がヒンピンと起きている地方でのこと。

 ある日マララさんが、教室の窓からカーテンを開けてそっと覗いてみたら、

「あらま! ユースは不在だわ」

と、驚いたという図ですね。


 一緒にノーベル平和賞を受けることになった、インドのカイラシュ・サティアルティさんという、舌を噛みそうな名前は、【カイラス山の里歩き】とこじつけました。


 初めて外国人がヒロインとなった朝ドラのヒロイン…【シャーロット・ケイト・フォックスさん】も、ひどい男尊女卑の明治の日本に来て、慣れない日本語の台詞を懸命に覚える努力をされています。


 私は、マララ ユスフザイさんのスピーチを、その人を演じるように、いわば劇中の台詞として、丸暗記してみようと思います。


 AKB48の内山奈月さんは、日本国憲法を暗唱してみせてみなを驚かせました。


 マララさんのスピーチを、私がなりかわってみなに披露できたら、マララさんの思想や生き方を感動的にみなに伝えるようなものです。


 これまた忘年会・新年会の余興にできるかもしれません。


 暗唱は、すぐ挫折してしまいそうになりますが、何月何日にはステージで喋らなくてはならないとなった時には、必死さが違ってきます。

 それが結果として語学の習得に長足の進歩をもたらします。


 語学系の学校教育のひとつのやり方かもしれません。外国語でのスピーチコンテストもよいでしょうね。演劇部に入って外国語劇に出るのもよいのかもしれません。


 私の場合は、毎日街頭に出て演説をすることを習慣化していますから、赤旗や前衛に掲載された論文の論点を必死に頭に入れるつもりで、しっかり読むようになるプレッシャーを与えています。


 自分の心の馬の背中と尻に、これで拍車と鞭にしているのです。


 【街宣記憶術】と命名しました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ