한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2015/4/10

スターリン秘史が面白い…不破さんの連載  村のあちこち村おこし

日本共産党の理論誌・『前衛』での(スターリン秘史)の連載を、毎月楽しみにしているのですが、いよいよ佳境に入ってきました。

スターリンと中国や朝鮮・日本・インドなどアジアとの関連で、戦争中から戦後の朝鮮戦争あたりまできて、大変身近になり、知的興奮を味わっています。

1991年のソ連崩壊以来、表に出てきた大量の内部文書を読み込んだ上で、書かれていますので、今までわからなかった中ソの関係や、朝鮮戦争を金日正がスターリンに熱望して、やっと認められた経緯…

それから日本共産党に50年問題の分裂をもたらした干渉がなぜ、出てきたのか…同じことが、インド共産党にも武装闘争の要求などがなされていた、その舞台裏とその真意が書いてあるようなのです。

まだまだ走り読みをしただけなので、正確ではありませんが…

意外だったのは、旧満州(東北部)は、ソ連の領土になるか、そこまでいかなくても、かなりな権益がソ連になってしまう可能性が濃厚にあったということです。

何しろ、東北部の都市では、あちこちにデカデカと毛沢東ではなくて【スターリンの肖像画】が、掲げられていたほどだったということですからね。


毛沢東が激怒したというのも目に見えるようです。
0

2015/4/10

眠れる森の美女か…それとも親鳥が餌を求めて啼く姿か?オーストリアの国の形  村のあちこち村おこし

今朝の赤旗に掲載のオーストリアの地図を凝視してみました。

ウイーンという芸術の都は、国全体の中で、かなり偏った場所にありますね。

これは、見ただけで、他国との絶対的な信頼関係を構築しているので、防御の心配が極めて小さいことを示しているのではないかと感じます。


ツイッターでは、眠れる森の美女が百年の眠りから覚めて、パッチリと目を開けた場面だと想像したことをつぶやいておきました。


ウイーンは美女の眼または、額から放たれる洞察力ある光。


そして、サウンドオブミュージックの故郷であるザルツブルクは、首につけたダイヤモンドのネックレス。


制作から50年が経ち、映画史上最も多く見られたと言われています。イメージとしてはアルプスの山々を背景にして踊る主人公が眼に焼きついていますから、やはりダイヤモンドがふさわしいでしょう。



そうなると、巣の中の小鳥の雛が、親鳥が餌を持って飛んでくるのをピヨピヨ啼きながら待っている姿にもみえてきましたよ。


ウイーンの位置が雛鳥の眼と嘴。


現在、イスラム過激派がしきりに暴力の連鎖…テロと戦争の連鎖の最中にあります。


シーア派だのスンニ派だのどちらがどうなのかさっぱりわからない中に、日本も集団的自衛権と称して、自衛というよりも、アメリカを防衛するような格好で、介入していく法制化を進めている自公政権です。


イラクが、大量破壊兵器を持っているとのアメリカの主張を丸呑みこみして自衛隊を派遣した日本でしたが、結果的には間違いでした。


アメリカが起こす戦争は善であるとの仮定のもとで、丸呑みこみで、日本の自衛隊を、「我が軍」意識で常時切れ目なき派遣をするなどは、許してはならないことではないでしょうか?




平和な世界は互いの理解と寛容を、文化と芸術と、科学教育特に、先日読んだメキシコの歴史の本のなかで学んだのですが、メキシコ革命という、何回も繰り返してきた歴史の長年テーマとなってきたものとは、世俗的教育を普及させることではないかと考えるのですがね。


赤旗特派員報告からの受け売りですが、2億7000万の人口のうち、なんと2億人もの人がイスラム教徒であるインドネシアでは、他の宗教・宗派との融和のために、融和と協調・平和のための教育を、普段からしっかりやっているそうです。


そのようなあり方こそ、マララさんが言いたかったことなのかなと思っています。


オーストリアの眠れる森の美女か、親鳥を求めて啼いている雛鳥か?という国土の形が暗示するものを考えてみました。
0

2015/4/10

この子らが戦争に行かないように…  村のあちこち村おこし



  昨日は入学式でした。

  例年のことですが、先生たちは、毎年ごっそりとメンバーがいれかわるものですね。


    職場が変わったばかりの先生たちは、引っ越しの疲れを引きずりながら、新任の学校環境に早く慣れなければと苦労されているのではないでしょうか?


   来賓席から見ていて、この子らは、戦争に行くことのないように…と願わずにいられません。


    おそらくは数年後には、18歳から選挙権が与えられることになりそうですから。


  かつて、2003年のアメリカがイラクのフセイン政権は大量破壊兵器を持っているのでと言いながら、開戦しそうになっていた時に、全世界の人々が、まるで地球全体が地響きするほどの反戦のデモをしたことがありました。


   その時、ドイツのある町の中学生らが、先生の許可をもらって反戦デモに繰り出したとの小さな新聞記事を読んで、私は思わず、あたりかまわず慟哭してしまったことを思い出しました。


    当時のドイツの中学生も、あれから早、11年経過しましたから、どんな大人になったか知りたいものです。

    彼らの有権者としての判断力が、現在の原発ゼロに向かうことを決断したメルケル政権を支えているのかも…


   それにしても、日本で今行われている、全国一斉の統一地方選ですが、これでいいのかと思ったのは、全国の都道府県議選において、無投票当選したのが、約三分の一に当たる321選挙区で、501議席に達しているということです。朝日のコラムが報じています。


    地方議会がやすやすと自民党議員に圧倒的な割合で占められてしまうのは、田舎へ行けば行くほど定数1の選挙区が多いからなのです。


    対立候補が出にくいために、無投票当選。

    去年末の衆議選挙では、危険率が47.34%(世直し刷新)で、マスコミには識者たちがしきりに嘆いていました。


    でも今回の地方議会選挙では、投票率が低いと嘆くも何も、全くの正真正銘のゼロパーセントの選挙が続々と。

   ということは…有権者の判断の、機会そのものが最初から奪われているのです。、


    これで民主国家だとは恥ずかしくて言えないでしょう。


   321選挙区で無投票当選!この数字は、ロケット打ち上げの時のカウントダウンと思えば、覚えやすい数字ですね。





0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ