한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2015/4/12

戦争と平和の教訓が、詰まっているドイツ語圏の歴史  村のあちこち村おこし

ゲッペルスというドイツ人は、1923年の惨憺たる恐慌を見て、国際金融資本をユダヤ人が、牛耳っているとの思いで、ユダヤ人への反感を募らせていったみたいですね。


ナチスの宣伝相だったようで、逆に5月8日のドイツ軍降伏直前に首相に指名されて、直後に自殺したんだとか…

WIKIからの受け売りです。

ツイッターで、菅さんのことを、マスコミへの圧力や、沖縄の人が辺野古への基地移設に反対しているにもかかわらず、あくまでも粛々として工事を進める態度を見てか…『ゲッペル菅』と呼んだので、ウィキペディアを調べてみたのです。


写真を見ると、ほっそりとした身体つきであり、風貌も少し似ているような気がします。


ナチスの政権が、ワイマール憲法を改憲することなく、授権法の制定によって憲法を停止したやり方に学ぼうと、呼びかけながら、『集団的自衛権』の法制化に向かって粛々と進めていますから、こちらも対抗して、ナチスドイツはどうだったかの歴史をしっかり把握しておかなくてはなりません。


今度は図書館に行って、ドイツのビスマルクあたりから、じっくりと歴史の勉強をしてみましょう。


明治の日本に外交官として赴任した人が、ある日本人女性と恋に落ち、初めての国際結婚をし、オーストリアに移り住み、その孫が、戦争ばかりやってきた現状を憂えて、ヨーロッパ合衆国を提唱。


今日のヨーロッパ連合(EU)誕生に結びついたという話は、大変目が覚めるような知的興奮を覚えました。

今日の混迷する世界の情勢を平和に導く思想かもしれないと思いました。


これは、NHKのドイツ語テキストの応用編に、紹介されていたことなのです。


ドイツ語圏のオーストリアには、ハプスブルグ家が多民族国家をひとつにまとめていくために、言語政策や芸術政策など、ありとあらゆる平和のための知恵を蓄積していたと思うのです。


それらを学ぶのも、大変有意義だと思います。

ドイツやオーストリアの地理と歴史と文学などが、少しずつ自然に頭に入ってくるように構成されていますから、オススメです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ