한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2015/11/14

速打法でスマホが筆記具となります。  村のあちこち村おこし

【繰り返しませんから、】は、《えきをから》。

【繰り返しましょう。】は、《えきまら》

【繰り返すでしょう。】は、《えきたは》

【繰り返すこと】は、《えきこ》

【繰り返すべき】は《えきき》

【繰り返すべし】も《えきき》

【繰り返すだろう】は《えきし》でどうだろう?
0

2015/11/13

【問題】という言葉は頻出で…  村のあちこち村おこし

【問題】という言葉は、頻出です。

手話では、両手で漢字の【問題】の門構えで表現しています。


そこで、速打法においても、門構えで表現しようと思います。

よって、《えこ》。

たまたま現在の地球において、《エコ》は大問題になっていますから、覚えるには丁度よかったですね。
0

2015/11/11

カタルーニャは肩の音にこじつけて《さ》で登録  村のあちこち村おこし

国際面に、カタルーニャ自治州の独立に向けた動きが出ていました。

これからニュースバリューが大きくなるでしょうから、カタルーニャ自治州は、簡単に《さ》で登録しておきました。


なぜなら、テンキーボードを向こう向きの人体とした時、《さ》の位置は【肩】にあたりますから…


【肩を持つ】という頻出語は、単に《さを》で登録しておきます。

ーーーーーーーーー

【当たります。】は、《あとね》で登録してみました。

なぜなら、英語入力では、左肩すなわち《あ》の裏側にアトマーク@があり、弓で矢を当てる的に似ているからです。

【当たりまして、】は、《あとぬ》。
【当たりました。】は《あとの》。
【当たりません。】は《あとを》

>>>>>>>>>

安倍総理は、今度は愛媛県の伊方原発の再稼働に向けて動き出した感があります。

ーーーーーーーーー

【に向けて】は《には》で登録しました。

なぜなら、アルファベットで《は》の裏側に《m》がありますので、《向けて》に気持ち的に合致しそうですから…

【に向かって】も頻出ですから、《にはて》。

【について】は、《にや》。

これも《や》の裏側に《t》がありますので、【について】に馴染むような気がします。

議会広報の研修会などで、【××について】という表題はよくないと指摘されていますので、よその議会広報で、【について】とやっているのを見つけた時には
、思わず《ニヤニヤとしてしまうことになりそうです。

それに《にや》とする指の運びは、早稲田速記にも似ていますからね。
0

2015/11/11

ハングルを寝床の中でキーボードをイメージしながら…  村のあちこち村おこし

?? ??? ?? ???

こんなふうに、短いスレーズを寝床の中でキーボードをイメージしながら何回も入力練習をするのです。

すると、いざ実際に入力してみると、心なしかグーンとスピードアップしてきた感じがします。

それだけでなく、読み取りのスピードもグーンとアップしてきた気がするからやめられません。

?? ??? ?????

【しながら】を《しわ》で登録してみました。

なぜなら、《わ》の裏側のアルファベット入力では、'”などがあり、何かトントントンと野菜をまな板の上で刻みながらハミングしているようなイメージですからね。


iPhoneから送信

2015/11/10 20:14、田島敬一 のメッセージ:

> トゥール・ポアチエの戦いの732年を、アイウエオのボード上で入力すると、《まさか》になりました。
>
> イスラム勢力が、フランス中心部にまで進出するとは、まさに《まさか》の驚きの事実です。
>
0

2015/11/10

フランス中部にまで、イスラム勢力が…  村のあちこち村おこし

トゥール・ポアチエの戦いの732年を、アイウエオのボード上で入力すると、《まさか》になりました。

イスラム勢力が、フランス中心部にまで進出するとは、まさに《まさか》の驚きの事実です。
0

2015/11/10


日曜版に紹介されていた、一筆箋の方法論は、大変参考になりました。

今、家族会室に来て《地方議会人》を勉強しているところですが、大分県の九重町の商工観光・自然環境課の工藤和典さんが、NEDOより無償譲渡された温泉井戸を有効活用しようとして、九州電力に調査を依頼…バイナリー発電事業の実施に実ったんだそうです。

西原村では温泉源は有効活用できないものでしょうかね?

そんな思いを、私は一筆箋に書いて誰それに送ってみようと思います。何らかの動きを作り出すことができるかできないか、それはわかりませんけれど…
0

2015/11/10

霞ヶ浦の形は鳥が着水する形  村のあちこち村おこし

やあ。霞ヶ浦の形を見ていたら、ガンみたいな比較的大きな水鳥が着する時に、翼を広げ、脚を前にして、懸命にブレーキをかけている姿に見えてきました。

きっと現実の霞ヶ浦でもそんな光景が繰り広げられているのではないでしょうか?
0

2015/11/10

手話表現も速打法に役立ちます。  村のあちこち村おこし

手話において、教わるとは、自分の鼻先を人差し指でさして、ツンツンする形なのです。 逆に【教える】の方は、方向を変えて相手の鼻先を指差して表現するのです。 よって、《ぬ》ではどうでしょうか? 【教える】は《ぬ》 【教え】も《ぬ》 【教えます。】《ぬね》 【教えました。】《ぬの》 【教えません。】《ぬを》 【教えませんでした。】《ぬをほ》

【お教え】は《おぬ》
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ