한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2015/11/8

TPP問題学習会  村のあちこち村おこし


2015/11/8

速打法の研究  村のあちこち村おこし

×××××××××××××

くまもとの赤旗まつりに来ています。

市田忠義さんの挨拶を聴いているところです。

さて、速打法ですが、『××のために』という言葉は高い頻度で出てきます。

【そのために】【あなたのために】【君のために】【人のために】【自分のために】【未来のために】などがあります。

【のために】を《み》で登録しました。

というのは、裏側のアルファベットで見ると、【み】は《Q》です。

これは、弓道の的に見えます。【の目的で】

とすることにしました。
0

2015/11/8

赤旗古紙を台紙にして、一筆箋を書いていこうと…  村のあちこち村おこし

二宮尊徳の積小為大の教えは、日常生活やさまざまな様様な活動を改善しようと考える時に、参考になります。


例えば、今週の日曜版に紹介されていた、一筆箋です。

赤旗は、例えひと月前のであっても記事は決して古くはなっていないという特徴があります。

それを一筆箋の台紙として使うのです。

赤旗の読者は、この生活苦が広がりつつある現在、なかなか増やすことは苦心がいりますが、リサイクルというか静脈流として、日遅れの新聞をカスケード方式で世間に流していくことができれば、すばらしいなと、思うのです。

日遅れの、一度開いて読んだ新聞というのは、ヨレヨレしていてどうも…という印象ですが、一筆箋の台紙としてなら大丈夫です。

余白に書き込むのです。


【ぬ】で《じつ・しゅつ》を登録していましたが、《にち》という音は【日】ぐらいしかないため、【ぬ】で登録しても混同や混乱はなさそうだと気づきました。

すなわち、【日常生活】は《ぬな》。

これだったら、二宮尊徳の積小為大に学んだことになりそうだと思いますが、いかがでしょうか?

戦前・戦中の赤旗《セッキ》は、回し読みで読むことが普通に行われていたそうで…

10年20年続けていけば、大きな違いがクッキリと出てくるに違いありません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ