한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2017/1/30

テンキーと地図を利用した記憶術  村のあちこち村おこし

記憶術と言えば、渡辺剛彰さんの本。

約半世紀も前の中学校時代に書店からカッパブックスを買ってきて読んだことがあります。


楽をしていろんなことを暗記できたらどんなにいいだろうかと思ったのですが、身につけるためにとても苦労するものだと分かりました。


今、ネット検索してみたら、かなりの人が当時読んでいたみたいです。そしてやはり挫折したことを述べています。


でも私は、半世紀後の今になって、あとひと工夫加えてみれば、なんとか実用に役立つ術になるんではないかと、ノウハウづくりにトライしてみたくなりました。


というのは、それこそ半世紀前から平和憲法を変えようという動きがあった訳ですが、勢いを増してきて、今まさに国会議席の三分のニ以上を改憲勢力が占めて、暴走していこうとしている時に、過去を忘却するのではなくて、もう一度歴史を振り返る必要があるんじゃないかと…

それと語学習得のために、テキスト暗誦法を身につけようと考えています。ビラを配りで歩きながら、英語・中国語・韓国語・ロシア語・ドイツ語を話せるようになるノウハウ開発につながるのです。


そのためには、できごとを年号やら人の名前やらいつでもヒョイと口に出せる程度になって論戦できるようになりたいと思ったのです。

それと、日本史・世界史の年号も学校時代の勉強を復習して、覚え直そうと思います。

語呂合わせなども駆使して、数字に強くなりたいのです。例えば、山鹿の市議に当選した人は1600票を獲得したとするならば、江戸時代の初期だななどとだいたいの数字の手触りが身についてくるのではないかと。

そのための記憶術の開発なんだと…しかもテンキーボードを利用するというのが新機軸です。


セブンの交差点で、声出しスタンディングを続けているのですが、いざ何かを言おうとして言葉が出てこないと気付いたのも動機です。

記憶術を政治の武器にしたくなったのです。


試行錯誤しながら、自分の脳で確かめながら開発するのです。


それで今は、地図とテンキーボードを頭に浮かべながら行う記憶のやり方を模索しています。


脳の中の記憶を司る海馬を鍛えながら、うまく利用しながらやっていくことがポイントではないかと目星をつけています。


地図とテンキーボードは海馬プラス指の運動神経をも動員するので、効果的ではしないかと睨んでいます。


あらかじめ日本の都道府県番号を覚えておいたので、それに元素の周期律表を一対一対応で順番に指さして重ね合わせながら覚えていくことに挑戦してみたら、沖縄の47番目《銀》を通り越して、台湾から中国大陸に渡り、中東からヨーロッパ、そしてアメリカのカリフォルニアまで旅をしながら…意外と楽に107番目のボーリウムまで覚えることができました。


今度はアメリカの50の州を番号順に日本の都道府県に重ねながら覚えつつあります。

北海道1とデラウェア1と水素1

エイが泳ぐような姿の形に、デラウェア1の種無しブドウのひとふさを皿の上にドンと置いたイメージで、というふうに合成して視覚化するのです。

水素のHは北海道(Hokkaido)のHで、青森はヘリウム2のゴンドラとすれば、ふたつ合わせてゆったりと空に浮かんだ気球です。

青森県の津軽半島と下北半島のふたつがニョキッと突き出た姿を、ペンシル立てにイメージ化してペンシルバニア州2だと。


次に3番の岩手県は小岩井農場で有名でジャージー牛にイメージをダブらせてニュージャージー州3。

岩手県は相当リッチな(リチウム)県。リチウム3電池は、岩手県が、葛巻町に見るようにお得意な再生可能エネルギーの徹底的な普及によって、真の意味でのリッチな県、イーハトーブの里なんです。


5番目のコネチカット州は、都道府県番号の秋田県の男鹿半島が、日本海に突き出た姿にダブらせて…


コネクション…カチッと音を立てて鍵をかけるイメージです。

6番目の山形県は元素番号では炭焼きの炭素Cですが、火をつけるためにはマッチを摩擦する(マサチューセッツ)6必要があります。

どこか口をあんぐりと開けた呑気な父さんの横顏みたいですから《C》。chuしちゃおうかな?


7番の福島県は福の国で楽しい(merry)ことばかりですからメリーランド7。実際はMarylandと綴るらしいけれど。

9番目の栃木県はハンプティダンプティが栃の木の株に座って歯磨きしているみたいだと想像して、ニューハンプシャー9。

群馬県10はネオンで
0

2017/1/29

場所の把握の中枢・海馬を鍛えると記憶力アップ。話すことによる記憶法  村のあちこち村おこし

政府の広報機関に向かって進みつつあった籾井勝人NHK会長が辞めましたので、またわが家も、テレビのタイミングの良い故障をきっかけにして解約していたNHK契約を、テレビを買い直して復活させました。


さて、先日書店でNHK『試してガッテン』を立ち読みしていたら、認知症予防のためにどのようにしたら、よいのかについて書いてありました。

言わば呆け防止です。

場所や位置に関する脳の中枢である海馬を大いに活用していけばいくほど記憶力が鍛えられて、認知症になりにくいということのようです。

以前、中学校の頃にカッパブックスで読んだ渡辺剛彰さんの記憶術の本を思い出しました。

位置の情報と言えば、日本と世界の地理を頭の中にたくさん入れておいて、地図を思い浮かべながら指を指しながら覚えると頭に入りやすいようです。

例えば、オリバーストーン監督が、『スノーデン』という映画を作られて、熊本においても公開されているようです。

スノーデンは、他ならぬ青森の三沢基地にて傍受活動をやっていてアメリカのやり方についてつくづく嫌気がさしたんだとか。

つまりこの日本とは大いに関係が深い人物だったんですね。

そこで青森県の頭の中の地図を広げて、黒石市を指さしながらストーン《石》監督の名前を思い出して、豪雪地帯の雪景色『スノー』田園をイメージするなら、スノーデンの名前も記憶から引っ張り出せるのではないでしょうか?

想起しやすいように加工して覚えることですね。

さらにハガキを書いてこのことに言及すればするほど記憶が強化されることでしょう。

たまたま女優の寺島しのぶさんが主演する、小林多喜二の母・セキを描いた映画も、近く公開されるとのことです。

国会では安部政権が憲法改正《悪》に執念を燃やし、悪名高い弾圧法規である治安維持法の焼き直しの《共謀罪》がかかっています。

オリバー・ストーン監督の『スノーデン』の映画に言及しながら、大いに話していけばいくほど頭に入っていくと思います。

これぞ話すことによる記憶法です。
0

2017/1/29

元素の周期律表の唱えスピードについてのギネスに挑戦したい  村のあちこち村おこし

  日曜版に杉尾秀哉参院議員(民進党)が、赤旗創刊89年に寄せてメッセージ

  
   どっかで見知った顔が赤旗に出ていたので、誰であったかネット検索してみたら思い出しました。

  民放でキャスターをやっていた人でした。

  へえ!去年の参院議員選挙で長野から当選したばかりだったんですね。知りませんでした。

===================

   さて、メンデレーエフの周期律表を正確に、しかもスピーディに唱えることで、テンキーボード記憶術の有効性をアピールしたいものです。


   しかも単なる記憶術の証明のみならず、速打法の単語登録に活かせる…テンキーボード上に象形文字を作りあげていけて、入力スピードも格段に上がるということをも証明したいと思いますけれどね。


  長距離を原付バイクで、退屈を感じないで走り続けるのに、周期律表を唱えていくことは、動中静というのか、辛抱強く根気を養う上で非常に役に立ちます。


ジルコニウム・ニオブ・モリブデン
テクネチウム・ルテニウム・ロジウム・パラジウム
銀・カドミウム・インジウム
・錫・アンチモン

【テルル・テル・照る・照れる】は《なか》
【テルテル坊主】は《なかなか》とすれば、雰囲気がピッタリです。

要素・キセノン・セシウム・バリウム

ランタン・セリウム・プラセオジム
ネオジム・プロメチウム・サマリウム・ユーロピウム

【サマー・サマータイム・夏】は《はか》
【春】は《なは》
菜の花やレンゲが一面咲き乱れている風景でしょうか。

【冬】はフェルミウムにこじつけて《わわ》とすれば、秋はどうしましょう。

【アクチニウム】が最も【秋】の音に近いので、《やら》といたしましょう。

【春】よりは野原の風景も幾分沈んだ感じだと思えば、《なは》より一段下げて《やら》とするのもむべなるかな。

  落ち葉が散り敷いている感じです。


【ユーロ】はお金ですね。


ガドリニウム・テルビウム・ジスプロシウム

【ガードして】は《はたな》
【ガードレール】は《はたれ》
【ガード下】は《はたやや》

《らま》と打てば【パーキング】。ブレーキとアクセルを踏み間違えたりしないように、パーキングにはかならずガードを設けておかなければなりません。

ホルミウム・エルビウム・ツリウム
辻という人の名前をツリウムをもじって《はら》で登録しようと思います。

【キュリウム】96と【ツリウム】69の混同を防ぐために、【給料】を払って【お釣り】をもらうと覚えておきましょう。

  ところどころ、思い出せなくて、つっかえる時があります。

  そうしたらまた覚え直すのですが、なんらかのストーリーを構築できたら脳にしっかりと定着するのですが…


    例えば、アインシュタイニウム・フェルミウム・ノーベリウム・ローレンシウム・ラザフォージウム・ドブニウム・シーボルギウム・ボーリウムをストーリーにするなら、

ひとつの石をふたつに増やすことを述べましょう…

 アインシュタインとはドイツ語としては、確かアイン(ひとつの)シュタイン(石)という意味ではなかったかと思うのですが…


  超古代のローレンシア大陸から流れ出てくるドブ川に、ひとつの石を入れて、絞ってボールに…移せば、いつの間にかふたつになっている?


  ひとつの石がふたつに分かれるとは、何だか不確定性理論を思わせるシュールなこじつけになりました。

  分身の術みたいな…



   
0

2017/1/23

頻出の【クエスチョン・質問・疑問・問題】は《わや》でどうでしょう?  村のあちこち村おこし

元素の名前を周期律表に沿って覚えていけばいくほど、宇宙の根源的なことに思いを巡らせるようになりました。


そしてこの宇宙の片隅の地球に生まれて、短い人生を生きる意味とはなんなのかと考えるように、自然なりますね。


サイエンスは進み、技術も進み、車にポンとGPSをくっつけて尾行することまで検討される、超監視社会に入っていこうとしています。


街をいく人々はみな見えない番号札を背中につけて歩いています。

地球文明はケージの中の鶏と同じ、身動きできない状態になっていくのでしょうか?


トランプ大統領によって、アメリカはひどく分断されて、さらに今年はヨーロッパにおいても極右政党の躍進が予想されて、一体どうなってしまうのだろうと不安にかられます。

===================

そんな、明と暗の交錯する中私は、宇宙の成り立ちから地球外生命の存在にまで思いを巡らして、ついにはプロキシマbまで探査機を飛ばすという、壮大な夢に向かって進もうとしているホーキング博士にちなんだ元素の名前が欲しくなってきました。


さしずめ【ホーキウム108】なんてどうでしょう?《わや08》。それは【クエスチョン】マークですね。


【面倒】な【周期律表】《わあ》の暗記も、テンキーボードを思い浮かべながらの暗記法なら、ついに100を超えるところまでくることができました。


ここまで増えてきたら、記憶術に少し自信がついてきて、まさに《わあ》という歓声を上げたくなります。


剣道で【面・メン】を打つ時の竹刀の軌跡は、最も遠いところへ足を踏み出しますから、《わあ》



【ボーリウム107】は、下手投げのピッチャーが球を投げる時の軌跡が見えてくるような気がします。


ボールをこねくり回すイメージですから、【戻します。】を《わまは》で登録しようと思います。


または中山律子さんが美しいフォームでボーリングを投げる瞬間が見えてきそうですから、【ボーリング】も《わま》で単語登録しましょう。


【ローレンシウム】103ですから【呂律が回らない】は《わさ》。
【ボーリング】は【ローリン】しながら微妙にカーブを描いてストライクとなります。

ところが、ボーリングのレーンをまっすぐに投げるとガターすなわち【ドブ】となります。

【ラザフォージウム】104なので、【ほじくる・保持】も《わた》で単語登録しようと思います。

【保持する】は《わたら》。電話機を耳に当てて保持するというようなイメージです。



【ボーリング】のボールを投げる時の【いざフォーム】に移ろうとする時、球を保持するイメージがまさに《わた》です。


【シーボルギウム】は《わは》のようなコースに投げる失敗をしたら、プロとしてはあってはならないと、コーチから徹底的に【絞る・搾る】《わは》、【絞られる】《わはは》ことでしょう。

【絞られ】も《わはは》
0

2017/1/22

ケンタウリ座は南半球の星座。九州からは見えなくて残念  村のあちこち村おこし

地球まで最短の地球型の惑星があるという、4光年の距離にあるプロキシマbまで極小の探査機を、光速の5分の1のスピードまでアップして直接到達させようという構想は、イギリスのホーキング博士によるもののようです。


シリコンバレーのロシアの富豪が財政支援するんだとか。

アルファケンタウリあたりに光るのは三連星みたいです。


地球から見る星の中で、シリウスと並んで最も輝く星の一つだとは、北半球に住む者の限界で、全く知りませんでした。


褐色矮星は小さくて発散する光りと熱の量も少なくて目立たないけれど、太陽系の水星よりも近い軌道を回っている惑星に、適当な温度を提供して、ハビタブルゾーンを提供しているらしい。

ネット検索してみました。

夜空を見上げたら、いつでもケンタウリ座が見えるという南半球に住んでいる人々は、なんと幸せなんでしょうか。羨ましいことです。

ともあれ人類の手が、全天で1000億個??の2000億倍もある星々の中のたった一つに届くということですが、記念すべき一歩ではあります。

この夢の達成のためには、技術的に突破しなければならないことが色々とあります。

極小のコンピュータをいかに作るか。

プロキシマまで届いたなら、スイングバイでダークマターの観測やプラックホールの観測に向かって欲しいものです。



iPhoneから送信
0

2017/1/20

天王星・海王星・冥王星とウラン・ネプツニウム・プルトニウム  村のあちこち村おこし

日本共産党大会の27大会決議を読めば、ここ20年ほどの世界の歴史の流れがよくわかります。

学校での数十年後の世界史の授業は、こんなふうに行われるのではないかなという感じです。

地球温暖化と核戦争、憎しみの連鎖による果てしない戦争の時代の末に人類滅亡に至るのか、それとも核も戦争もない次の時代に入るのか、手に汗を握る英雄叙事詩が、これから歴史に書き込まれていくのかが問われています。

日本共産党の大会決議の、中国語版・ロシア語版・スペイン語版が欲しいところです。


今日は、雪が降りかかる寒い日です。阿蘇では雪が積もるでしょうか?

日本共産党の大会決議を熟読しながら過ごしたいと思います。


さて、バイクを運転するときに、周期律表を唱えると、単調な長距離走行であっても退屈しなくなります。

スムーズに唱えることができるようになれば、周期律表を、元素の同じ族ごとに縦に唱えることに挑戦しようと思います。


ウラン92 ネプツニウム93 プルトニウム94

これらは奇しくも、太陽系の惑星の、土星の外側にあって、天文学の発展に伴ってここ数百年の間に発見された、天王星ウラヌス・海王星ネプチューン・冥王星プルートに対応しています。

ウラヌスは最初に天を支配した神。ギリシャ神話に由来しているようです。

もっとも近年、プルートは小さ過ぎだということで、惑星の座から滑り落ちて準惑星になってしまいました。

そのことを残念に思っているのはアメリカだそうで、
次の95番がアメリシウムだということも宜なるかなです。

キュリウム96 バークリウム97 カリホルミウム98 アインシュタイニウム99 フェルミウム100 メンデレビウム101 ノーベリウム102


ローレンシウム103 ラザフォージウム104 ドブニウム105 シーボルギウム106


ローレンシア大陸は海に覆われたこの地球に初めて陸が生まれた頃を思い出させます。

世界最終戦争の果てに、生命大絶滅となってしまった光景を思わせる命名です。

ドブの油を絞って…とは環境とエネルギーが最悪の事態とがうっすらと見えてくるイメージです。
0

2017/1/18

ビラ配りに力を入れています。  村のあちこち村おこし

私も連日ビラ配りに立石さんとこに来ています。

同じ阿蘇ですから隅から隅まで歩いて、私にとって地理を熟知することは、今後を考えて必要なことです。

阿蘇から将来は県議も出さねばという夢もあります。

民主化への一歩としては、参議院議員に阿部さんを送ることも目標ですが、県議の夢も考えていいのではないでしょうか?

南阿蘇から阿蘇五岳を望み、田畑を見晴らすと確かに息を呑むほど美を感じます。


白川の水を田畑を潤すために苦労をした、江戸初期の片山松翁を偲ぶデッカい石の記念碑を見ました。久木野の東部の上二子石です。


豊かな南阿蘇を築くには欠かせないイロハのイの字の用水路で、1682年にできました。

覚えやすいですね。


iPhoneから送信
0

2017/1/17

【人口】は《さわ》。爆発的に急増しているグラフみたいです。  村のあちこち村おこし

都道府県番号と元素の周期律表番号とを一緒に重ね合わせて覚えているうちに、奇妙な一致に出会ったりします。


例えば、ヒ素は33番目であり、岡山県も33番目でありました。


ヒ素と岡山県に関して、何か深い関係があるのではないかと思ってネット検察してみたら、やはりありました。

1955年に岡山を中心にして、森永ヒ素ミルク事件が起きていたのでした。

===================

【イリジウム77】ですから【いる】は《まま77》で登録してみます。

【プラチナ78】は【プラン】とこじつけて《まや》。

次の【ゴールド79】は、《まら》で【ゴール・ゴー・GOは】。まるでサッカーのロングシュートみたいです。

ならば【キーパー】は《らは》ということになります。

【タレ・タレント】81は、《やあ》
【したかが?
メンデレーエフの元素番号で30は【亜鉛・zinc】です。【人口・人工】も《さわ》で登録しようと思います。


【タリウム81】なので、【タレた・垂れた】は《やあた》。
【足りた】も《やあた》
【足り】は《やあ》

なぜか《やあ》と打てば、長靴みたいなイタリアの斜めになった国土の姿が見えてくるようです。タレントゥムは半島をハイヒールを履いた女性と見れば、踵のところ。


【鉛82】は《やか》ですが、イタリアすなわち【古代ローマ】の水道の蛇口をイメージしてしまいます。

そう思えば《やあ》がローマ帝国の元老たちが着ていた着物に見えてきました。




締まりがどこか緩んで水滴が垂れているなら、ビスをネジ回しでグイグイと締めるのが必要。

ここでふと符合に気づきました。

【ネオジム・ネジ】60と【ビスマス】83とを見比べると、両者合わせて互い違いになっている、ビスすなわちネジのラセン状の溝にそっくりです。

蛇口は壁に据えて、締め付けなければなりません。ところがボロっとビスが転がり落ちて、うまくいきません。


このあたり水道の蛇口取り付けをイメージしながら、なんとかストーリーができつつあります。ローマ時代の水道管は確か鉛でできていたんではないでしょうか?

【水銀・タリウム・鉛・ビスマス・ポロニウム・アスタチン・ラドン】をテンキーボードで表現していくと、古代ローマの水道橋の姿が蘇りました。


iPhoneから送信
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ