한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2017/4/11

メキシコのルイスカバーニャスさん。WMD(大量破壊兵器)の覚え方  村のあちこち村おこし

     志位和夫委員長の、ニューヨーク国連本部での核兵器禁止に向けての活動を、読ませていただきました。


赤旗をよむと、対談相手に、しきりに中南米諸国の人々が登場しています。


   ボリビアの人は、WMD(大量破壊兵器)があると言って、イラクへの攻撃を開始したとのことです。ウーマンズデイ(WMD)女性たちが怒ったぞ!

  テンキーボードにおいてWMDと入力するのは、怒りがW・M・D…と盛りあがっていく様が想像できるようになります。


 セラック(CELAC)中南米カリブ海諸国共同体が、オーストリアやASEAN共同体などとともに、世界の核兵器禁止運動において、頼りになる大きな推進力のひとつになっていることが感じられます。

   セラックCELACの名前の
   メキシコのルイスカバーニャス氏の名前は、サンルイスポトシ州の形を、カバが陸にあがって歩いているところだとこじつけることによって、なんとか私は、覚えることができたようです。


  音を伸ばさず、ルイスカバニャスと短く発音した方が、より覚えやすいかも知れません。


   23番目の州であるサンルイスポトシ州から、陸をとっとこと歩くカバを連想するなら、23番目の日本の愛知県も動物が走っている姿になります。こちらは牛というより脚に見えるふたつの半島が長いので、馬のようです。?


   インドにおいて、亜大陸が北上してきてユーラシア大陸と衝突し、ヒマラヤの造山が起きる前に、広大な浅瀬が広がっていたようで、そこでカバや牛の先祖がクジラになって海に進出したという、進化の話も浮かんできます。


  マハトマ・ガンジーさんの故郷・ グジャラートをクジラ州と見ると、なんなく覚えることができます。

   メキシコのカリフォルニア半島のあたりは、クジラの母子が泳いでいるらしい。 たまたまメキシコの国土の形は、南北逆さまにしてみれば、クジラが海の上にジャンプして海中にまさに落ちるところのようです。

   カリフォルニア半島は水しぶき!


  牛からクジラへの進化の話にこじつけて暗記すると、下のインドの地図も思い出しやすい気がしています。

image1.JPG


  北西部のグジャラート州は、クジラが大きな口を開けて海のオキアミすくい取っている姿にそっくりです。


   ニューデリーを目として、歌をいながら草原を飛び跳ねている牛のようだとみれば、ウタルプラデシュをこじつけ暗記できます。


  ウタルプラデシュとグジャラートとメキシコ及びサンルイスポトシを、クジラへの進化の物語として結びつけた絵と見なしたら、ルイスカバーニャスさんの名前が、やっと簡単に出てくるようになりました。

   ウタルプラデシュの牛と角を突き合わせているのが、ラジャスタン。

  インドにおける唯一のスタンですから、アフガニスタンやパキスタン…スタン・スタンの国々に睨みを効かせる州なんでしょうか?

 俺の方が偉大だぞわかったか?ラジャー!
  クジラの先祖よりラージャーなんだぞ!ラジャー!
   何となく恐竜の生き残りに似たイメージです。


   大変回りくどい地図記憶術ではあります。


   それにしてもマハラシュトラ州は、巨大な腕でこっちオイデ…オイデをしている図に見えてきました。 

   偉大な手虎?シュート?

  なんに対してオイデ・オイデしているかと言いますと、将来世界最大の動物クジラになるはずの牛の先祖にです。

   恐竜と牛の先祖の対決は、牛の先祖に軍配が上がったという、行司判定の腕とイメージすれば、マハラシュトラの州の形は頭にインプットされます。

   鈴木健二さんは、親指の腹に人差し指で見たままを小さくデッサンすることによって、インプットされていたとのことですから、やはり画家としての素養も記憶力には役に立つみたいですね。

   私の地図記憶術も、紙はなくても指の腹を画用紙としてデッサンする癖を取り入れて、試してみることにします。


ΦΧΨΩαβγδε ζηθι κλμνξ ?πρ στ υ φχψω

   肥田舜太郎さんが亡くなったんだそうです。

   ヒロシマでの被爆医師であり、核兵器廃絶運動に貢献して来られた人だそうなのに、お名前をインプットしていませんでした。

   (ひだ・しゅんたろう)とはルビを振ってないので、読み方を知らないでいたのは私だけなんでしょうか?

   太った馬も影だけ残して、瞬時にこの地上から消えてしまった…





0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ