한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2008/7/30

出の口のヒマワリの花はみな東を向いている  村のあちこち村おこし

 大峯山の麓に広がるヒマワリ畑がいっせいに咲き始めました。

 不思議に思うのは朝見ても夕方見てもほとんどの花が東を向いていることです。

 なかにへそを曲げたように南を向いたりしているのもありますが…

 太陽の向きにはお構いなしです。よそのヒマワリ畑はどうなんでしょう?教えてください。

 出の口の集落にも、その他の村内集落にも「東」という姓の家が多く点在していますから、それでヒマワリも東を向くのでしょうか?

 昔、鎌倉時代あたりに東の方から守護・地頭の武士団がやってきたのか、それとも佐々・加藤・細川の戦国大名が引き連れて入国したのが起源なのか?

 ふるさとを思慕するかに南太平洋のモアイみたいに並んで立っているヒマワリに、歴史ロマンを感じてしまいます。

 それとも阿蘇神話のタケイワタツノミコトを慕ってのことか?はたまた姿が似ている西原村の風車を仲間だと思って見ているのでしょうか?

 近くを飛ぶパラグライダーはタンポポの綿毛です。詩情を感じさせられますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 追伸・新聞をみたらそもそもヒマワリというものは、蕾の時こそ太陽の方にまわるものの、開花後は東の方を見るものだと書いてありました。すると、ヒマワリが咲いているのをいんたら東の方角がどちらかをたとえ曇っていても雨が降っていても知ることができるということになりますね。

 夜の北極星や北斗七星やカシオペアなどは北の方角を教えてくれますが、ヒマワリは昼間道に迷った時に方角を教えてくれる便利な植物なんだということですね。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ