한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2008/7/31

雷光。感動をどう表現するのか、俳句を注意深く読むようになりました。  村のあちこち村おこし

 何かの瞬間にオオッとなることがあります。これを切り取って俳句としてどんなふうに端的な表現ができるだろうか?

 なかなかすぐには俳句はできませんが、少し俳句鑑賞をやってみただけでそんなふうな意識になってきたのですから…

 最近は【NHK俳句】で紹介される有名な俳人たちの作品も、新聞に掲載されてくる投稿句さえも注意深く読むようになりました。一句一句味わいますから時間はかかります。流し読みの速読はお預けして、手で書き取るような遅読法が一番俳句にはふさわしい読み方かもしれません。

 昨夜、菊陽病院夏祭りに顔を出したついでに『ひかりの森』に行って、『NHK俳句』と『ラジオ深夜便』の8月号を買いました。

 夕立がすごく、雷<#THUNDER>に撃たれないかとヒヤヒヤしながらバイクを走らせました。

 前方に黒い雲・灰色の雲。そこから斜めに刷毛で描いたシャワーみたいな線が見えて、あれは豪雨が降っているしるしかなと見ていたら、ビカッと雷の真っ直ぐなのが落ち、信号待ちで後ろを振り返ると西原方面ですが、今度は稲光とよく言ったもので、稲穂を逆さまにしたような、絵本でよく見るような枝分かれした雷光が瞬間的に目に焼き付きました。

 少しして『西原夢運太鼓』を叩くようなドロドロドレドレという雷鳴が届きました。

 西の方に雲が薄く明るいところがありますから、もうすぐ雨はやむだろうと楽観して出てきたのですが、司馬遼太郎の本で読んだ、日本軍の砲撃を受けている時の旅順市街地の人々の不安な気持ちが浮かんできました。

 前後左右に砲撃を受けて進むナポレオンの歩兵隊の行進みたいです。戦争と太鼓は昔から相性がよく、空一杯を使って戦争があっているような、ベートーベンのコンサートがあっているような…

 雷の直撃を受けるかどうか、大砲の弾に当たるかどうか、広い面の中の一点に過ぎない…確率・確率と唱えながらバイクをまた走らせました。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ