한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2009/9/9

八景水谷(はけのみや)に歩いて遊びに行く時、雲の影に入ったり出たり…雲の動く速さは飛行機なみです。  俳句鑑賞

大花野 ときどき雲の影に入る 加藤瑠璃子
ジンジャー

 この俳句からは、池田小学校5年生の頃、八景水谷(はけのみや)水源地まで1人で歩いて遊びに行き、菊池電車の北熊本駅近くの広々とした田んぼを畦道に腰かけながら眺めた時、次々と雲の影が動いていたのを思い出します。

 プロペラ機ぐらいの速さはあったと思います。当時はブーンという音を立てる、セスナみたいな飛行機の上からキラキラさせて広告の黄色いビラをよく撒いていたものです。

 風に吹かれて落ちてくるのを拾いに走って行ったものですから、飛行機の影が稲の穂波の上をどのくらいの速さで動くものかは知っていました。

 【大花野】とは春の季語だと思ったのですが、春は【花野】だったでしょうか?

 秋の花は春の花より全般的にでっかいものが多いから【大花野】というのでしょうか?

 俵山では一面薄に覆われたさまをすぐイメージします。秋の大きな花としては園芸的なダリアだとか鶏頭ぐらいしか浮かばないのですが…
『ときどき雲の影に入る』
の『ときどき』が飛行機の速さみたいなイメージを浮かばせます。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ