한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2009/9/28

政党への個人献金がこれからは主流にならなくてはなりません。オバマ大統領がやったように  政党助成金は国民の税金にあぐらをかいた政党貴族をつくるもの

◎ 雨降れば暮るる早さよ九月尽 杉田久女

 今回は、現在と近未来の政局は、明治維新期の数年間に匹敵するように急な展開を見せるだろうということをお話ししたいと思います。1853年のペリー来航の時点で1867年の明治維新が見えるのが歴史家だと思うのです。はたして2005年の小泉構造改革・郵政民営化の自民党大勝の時点で2009年の民主党を中心とする政権の誕生が見えた人が何人いたでしょうか?そして2009年の今日に立って、たとえば2012年がどうなっているのか見える人が何人いるでしょうか?

 政党への政治献金ですが、日本共産党は党員が直接友人・知人や読者・支持者あるいは街頭からあるいは演説会場でカンパを呼びかけ、少額な個人献金を積み重ねてやっています。

 しかし他の政党は、一年間に何十億・何百億という大口の政党助成金は国から受け取りながら、さらに経団連が取りまとめた献金を政策的な通知表をつけられながら受け取っています。いわば紐付き献金です。

 企業献金を受け取っていない日本共産党だけが、大企業に派遣切りをするなと堂々と言えたり、二酸化炭素排出削減25%などと強い抵抗をはねのけてもの申すことができる立場にあります。

 民主党の総選挙マニフェストによれば、【政治資金規正法】改正後、3年後から企業団体献金を廃止しますと書いてはありますが、先の総選挙では廃止のその日までは、よろしく…と頼んだのだそうな。

 しかしよく考えてみると、政治資金規正法の改正自体が国会審議に何年かかるかわからない上に、それが制定された後3年も経過してやっと廃止するということは、少なくとも最長4年しかない今回の衆議院任期中にはやらない、やれない(やる気がない)という意味ではないでしょうか。マニフェストとは裏の裏までしっかり熟読精読をしなければならないというのはそこなんですね。

 アフリカのある地域で、猿を捕まえるのに人は面白い猟のやり方を編み出したと…やっと手が入るぐらいの小さな透明な瓶に猿たちが大好きな木の実を入れておくと、つかんだ手をグーの形に握り締めたまま、逃れられず捕まるのだと、何かの本で読んだことがあります。つまりパーの形に手を開いて木の実を離しさえすれば逃れられるのに・・・という話です。欲を捨てるところに脱出の路が開けるという寓意でしょうか。 このお猿さんを笑えるでしょうか?

 企業団体献金をやめて個人献金に移行するという政治改革も、握ったその手を放さなくてはいつまでたっても実現できないのです。

 本日自民党総裁に選ばれた谷垣氏が、そこを思い切ることができるかどうかです。できなければ企業団体献金禁止の先手を民主党から打たれた場合に、壊滅の事態が予想されます。

 日本共産党の私が他党のことをそこまで心配しなくてもよいのですが、心を宇宙に置いて目を細めながら現在と近未来を見下ろせばそうなります。

 民主党を中心とする政権も、企業団体からの紐付き政治献金を思い切ることができなければ、あと国民が頼りにできるのは日本共産党しかない事態が到来するということになりはしないでしょうか?

1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ