한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2009/11/1

私のはがき道も少し進化したのかな…切手部分にQR付けて  

 こんなふうにすればいいけれどな…とは思っていましたが、昨日やっと重い腰をあげて実行しました。

 『はがき道』と称して毎日せっせと書いているはがきの切手部分に、あらかじめ私のブログに飛んでいけるQRコードを印刷しておくことです。

 なんだそんなことかと言われそうですが、Wordではがき印刷ができるんだと、新発見のように喜んだのはつい最近のことなんです。QRのマークの位置定めと大きさを微調整したり、自分のケータイで読み取りが可能か確認したりと、手書き派の私には慣れない作業でけっこうイライラしながらため息ついて小休止したりと時間がかかってしまいました。

 また、はがきも官製はがきの場合・大きめの記念切手が貼ってある場合・手配り用の切手なしの場合と3通り作らねばなりません。

 面倒でも一旦パソコンの中にファイルとして記憶させることができた以上は、こっちのものです。

 はがきをまとめ買いしたらその都度プリンターでQRコードを印刷をするだけですから。楽になりました。

 ついでに『…様』だとか、私の住所・氏名・電話番号ぐらいもWordに書いておこうかと、欲が出てきました。

 ともかく、パソコンとQRとブログの活用で立体化できて、少しだけ進化したかなという私の(はがき道)です。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ