한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2009/12/7

冷え冷えとしていた土間は、残業の父を待つ子の思い出  村のあちこち村おこし

● 土間にありて臼は王たり夜半の冬
 西山泊雲

● 炭にくる鼠の立つてあるきけり
 森川暁水

 【土間にありて】…と言って間をおくことで、シーンと音もなく静まりかえった土間の空気が浮かびます。

 【夜半の月】の満月のこうこうとした光が射しているのが見えてきました。【夜半の冬】という季語の力で、言外に夜半の月が含まれているように感じさせるんでしょうね。

 西山泊雲という名前からはつい白雲山荘を連想してしまいます。当時幼い子どもだった私たちを養うために大阪電気暖房という会社に配管工として勤めていた父は残業が多かった記憶があります。阿蘇の白雲山荘の配管もしたことがあると思います。

● 土間にありて臼は王たり夜半の冬
 西山泊雲
という句は、父の帰りを寂しく待っている子どもの情景として鑑賞したいと思います。

 派遣切りにあって仕事がないかあっても安い給料しかもらえない現代とは隔世の感があります。

 月光は臼の肌にぶつぶつと小さな凹凸の影までくっきりと浮かび上がらせました。二本木の家の床下には、炭の束が重ねて薪の束と一緒に押し込んでありました。

 ディズニーのミッキーマウスを描いた絵本(漫画)もあったような気がしてきました。ミッキーが背中に弁当をからって旅に出ていろんなことに出会うという話ですね。

 ネズミが立って歩かないといけないぐらい炭の束の表面はザラザラしていますね。

 さて肺炎というのをもっと科学的に考えみたいと思います。

 新型インフルエンザによる肺炎を発症しての死亡者を年代別に統計とれば、10歳未満の子どもの死亡が飛び抜けて多いほかはまんべんなく分布しており、働き盛りの人もありますね。

 肺炎球菌ワクチンの接種を考えるには、それによる死亡が年代によってどのように分布しているのかを十分に把握しておくことが説得力につながるだろうと思います。

 肺炎と言えば高齢者というイメージがありますが、果たして実際は?

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ