한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2009/12/31

地方自治に直接民主主義を加味したらどうか  村のあちこち村おこし

 【ガバナンス】の福嶋ひろひこ元安孫子市長の話によると、安孫子では04年に常設型の住民投票条例を制定したそうです。

 普通、市町村合併などの特定の案件があった時に、そのことについての住民投票条例を制定を求める署名運動は聞いたことがありますが、常設型の住民投票条例とは直接民主主義としてはすごい成熟度ではないかと感心させられました。

 投票資格者としては、18歳以上の、しかも永住外国人を含むというのですから、選挙権の未来の拡充をこの条例は先取りしています。

 例えば、西原村で今度二階建ての中央公民館を建て直す予定ですが、バリアフリーの観点から足が弱い高齢者や障害者が二階に上がりやすいスロープが必要ですがそう設計すれば高くなります。

 そんな時にもう設計もできているんだから、今は21世紀型の福祉なんだ、障がい者が来られたらみんなでワッと駆けつけて担いであげますから、なんていって、もう決めてしまって問題にはならないんだというような返答をするようでは、単に追認を求めるだけの会議であって一体何のために集まったのかという話になります。

 それより住民投票に掛けてどちらがよいのかと問うべきでしょう。

 だって高齢者になったらみな障害者の立場となりますが、果たして抱き抱えられて二階のボールに行きたいと思うのかどうか?

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ