한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2013/9/30

3つの原子炉とも同時メルトダウンしてたとは〜想像以上。ベントできなければ日本全体住めないところだった  村のあちこち村おこし

 福島原発の第1・第2・第3がベント。最悪の危機は第2だった。迫真のドキュメンタリー番組が紹介されていました。

 ナレーションは山本太郎さんと書いてありました。あの山本太郎さんかな?


 私たちはもっともっと原発事故には危機意識を持つべきだと痛感させられました。


 長時間番組でじっくり見ることはできないので、録画機能をオンして外に出ました。


 こうなりゃ、物理の勉強を基礎からやり直して、弁論を根底から鍛え直さなければと発奮しました。


 中学校以来の『メンデレーエフ・元素の周期律表』を覚え直そうと…図書館で調べることにしました。


 生物学のメンデルの法則に似てますが、こちらは【メンデレーエフ】。【面倒F級】でも馴染まなくてはなりません。


 記憶の中からなんとか、水素→マグネシウムまでは順番に絞り出すことができましたが、マグネシウムの後ろがおぼろげで〜。


 そのうち、マグネシウムの後ろはアルミニウムではなかったかなと思えてきました。モヤモヤ解消のために、図書館に飛び込んで確かめました。

 案の定アルミニウムでした。


 するとマグネシウムの原子番号の12は、ロケット固体燃料で燃やすアルミニウムの原子番号13よりも元素番号がひとつだけ若いことがわかりました。


 確かにアルミニウムよりも軽いだろうということになります。


 しかしながらつくづく思うのですが、何にしても一気に丸暗記できる数の最大はやはり十二支や十二ヶ月のように、12個がせいぜいのようですね。


 でも、次の12個、12個とつないでいけば、なんとかストロンチウムまでの元素は、覚えられるのではないかと思いました。


 この辺りにはポピュラーな名前がズラッと並びますので、この際エイっとばかりコジツケ暗記してしまうことにしました。


 【ある競輪選手は、縁あるカカアとスカンジナビア】


 硫黄のSを【選手】としたところだけが苦しいコジツケでした。
 競輪選手は背中からS字マークの湯気を出しながら走っていくのでしょう。


 【満鉄】から【スカンジナビア】までシベリア鉄道で着いた後は、湯気を背中から出しながら、自転車で南下しました。

Al・Si・P・S・Cl・Ar・K・Ca・Sc


 【千葉黒満鉄 コバにっこり】。

Ti・V・Cr・Mn・Fe・Co・Ni

 真っ黒に日焼けした千葉慎一にコバ監督まで登場。


 【どうあがいてもゲルマン民族】。
 ゲルマン民族に捕まったらその結末は?

Cu・Zn・Ga・Ge

 【ヒ素を精錬、臭い栗】。

As・Se・Br・Kr

 【ルビーのストローこれ如何に?】


 それを飲んだらダメダメ。臭い栗が入っているよ〜



 これを呪文のように何百回も唱えたり書いたりするうちに、きっとクリプトン星人がシュワッチと助けにきてくれるかもしれませんね。


 しばらく睨んでいるうちに自然に浮かんできたんですが、どうも【ある競輪選手】とは戦前の人みたいですね。


 【満鉄】に乗って【スカンジナビア】まで、シベリア鉄道で駆け落ちの逃避行。ついに同盟国ドイツで捕まったんでしょうか。


 【ヒ素を精錬】する化学の国ドイツで、【臭い栗】を、【ルビー色のストロー】で飲み干したら一巻の終わり。


 悲劇になってしまいました。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ