한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2013/12/17

携帯メールで災害画像を119へ集約することができるかどうか  村のあちこち村おこし

 最近は、セルフィという新語も英語の辞書に新しく掲載されることになるなど、携帯電話やスマホなどが、音声よりも写真を送る機能が主になってきた感があります。


 それに伴って、災害や事故・火事や事故・急病などの119番通報も、音声情報だけに限らず、災害現場の写真を送れば、直ちに場所を特定して救急車が発進するような機敏な対応の受け皿があってしかるべきではないでしょうか?


 そのためには、119の電話番号は誰でも知っているように、メルアドとしても119を含む、誰でも知っているようにしたものを世間に周知しておくべきではないでしょうか?

 世の中には音声言語が苦手なろうあ者もいらっしゃいます。


 障碍者でなくても、写真を送稿すれば『百聞は一見に如かず』の諺の通りで、火事なら火事だとすぐにわかります。


 最近の携帯は、すべてGPS機能がついていますから、メール受信によっても直ちに場所が住宅地図の上にプロットされるようになっているかどうかです。


 技術的にはどうなっているかを尋ねたいと思います。


 放射能汚染水がここから漏れているという証拠写真をカメラでパチリとやって送信したら、逮捕なんてことになるのでしょうか?


 特定秘密保護法により、携帯メールも政府機関から監視される時代になりました。


 すでにアメリカやイギリス・オーストラリアなどが、携帯も盗聴をしていたという報道はなされていて、メルケル首相がカンカンに怒っていました。


 利便性は大いに使いながらも、それとは裏はらに、常に私たちは盗聴されているという前提で通信をしなければならない窮屈な時代になりましたね。


 政府は室内盗聴も合法化しようと考えているとかいないとか、こうなりゃ、手話や手旗信号やモールス信号を私たちも通信傍受に対抗して学んでいくことになるのでしょうか?
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ