한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2014/3/16

コンゴのキッチン。キチンキトサン・キンシャサ・キサンガニ。そこに訳ありワゲニア。急流に生きる村。  村のあちこち村おこし

 世界の地名は、基本となる言語が違うため、なかなか耳慣れず覚えにくいのが多くあります。


 アフリカやアラビア・インドから東南アジアにかけての地名は特にそうです。

 それらを覚えるには、詩のように俳句のように短歌のように、あるいはCMのような感覚で、唄うように覚えるのがよいようです。


 具体的なそれぞれを思いつくには、少し考えていかなくてはなりません。


 例えば、『所さんの世界のビックリ村』という番組で、コンゴの首都がキンシャサであり、コンゴ川の急流域で漁をして生きる、ワゲニア村があると教わりました。


 キンシャサの上流にキサンガニという町があります。


 キンシャサという地名は、中学校の地理でも聞いたことがあります。しかしそれが、コンゴの首都だったっけ?というのがなかなか頭に定着しないのです。


 コンゴの国と、一連の地名をまとめて頭に入れる必要があります。


 【コンゴのキッチン キサンキトサン。 キンシャサ・キサンガニ(蟹) その訳は?(ワゲニア)】
と、呪文のように唱えます。


 唐突に【キサンキトサン】が出てきましたが、【コンゴのキッチン】と前触れを挿入すると【キチンキトサン】が出てきます。


 魚からはカルシウムが摂取できますが、海老や蟹などのキチンキトサンが摂取できる、甲殻類は捕らないんだろうか?と考えてみたのですが、そうすると【キ】という音で言葉のリズムが整えられます。


 さて、今日付けの赤旗日曜版は、南京大虐殺を特集しています。


 記憶しておく必要があるのは、1937年12月13日の南京陥落の日付です。


 4日後の12月17日が、南京入城式だったそうです。


 中国では13日を特別な日として定めるということらしく、最近のニュースで言っていました。


 この年の7月7日に、宣戦布告なく大量の軍隊を派遣した後、その5か月あまりの後の12月13日には南京まで攻め入った訳です。


 福島県の小野賢二さんが20数年かけて、30冊を越える陣中日記を手に入れて調査をしてきたそうです。


 その中には、朝香宮鳩彦(やすひこ)王中将の命令で大虐殺を実行したことになる…との記述もあります。


 朝の香りの中の、鳩彦と書いて(やすひこ)と読みます。


 元福島県知事の木村守江さんは軍医として従軍していたそうですが、軍事郵便を地域紙に送付して、1938年の1月24日付けの『夕刊磐城時報』に状況が掲載されていたことが、南京大虐殺の研究者・小野賢二さんが発掘しています。

 木村守江元知事は、その中で南京の状況を伝えて、

『捕虜をどうしたかと言ふことは軍司令官の令に由った丈…』
と書いているとのこと。


 軍司令官とは、朝香宮鳩彦王中将です。


 これらの記事を読むと、あちらでもこちらでも万単位の中国兵が投降し、捕虜になったようです。

 もともと、日本軍は補給なしで現地からの略奪で進軍してきました。


 多数の捕虜を養うことは不可能であり、処置に困り皆殺しすることになったようだとは、私の推測です。


 では補給なしで日本軍を侵攻させた日本政府の責任者は、一体誰なのか?


 一撃論の【近衛文麿】首相は、一体どのような役割を、宣戦布告なき侵攻に果たしていたのか?


 そこら辺に目をそらさず日本人の手で、明らかにしていかなければ…


 NHK経営委員の百田尚樹氏が、東京都知事選の応援演説の中で、
『南京大虐殺はなかった』
と発言して問題となっているようです。

 NHKの経営委員としては、情けなくふさわしいとは言えません。


 歴史的な記憶を残す努力を強めていかないと、記憶は都合よく書き換えられてしまいます。


 文書館やHPなど、何らかの形できちんと整理して学ぶことができるようにすべきではないでしょうか?


 その上で、百田尚樹氏のような発言は、歴史に対する犯罪だと規定する刑法改正の検討段階に入っていってはどうでしょうか?


 何はともあれ今日の段階では、基礎知識として、中将・朝香宮鳩彦王と、松井石根大将のふたりの名前を、南京の風景の中にしっかり刻んでおきます。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ